陶行知「生活教育」思想研究

この論文をさがす

著者

    • 牧野, 篤, 1960- マキノ, アツシ

書誌事項

タイトル

陶行知「生活教育」思想研究

著者名

牧野, 篤, 1960-

著者別名

マキノ, アツシ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

教育学博士

学位授与番号

乙第4148号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. <目次> / p1 (0004.jp2)
  2. 序章 何故陶行知「生活教育」思想を問うのか / p1 (0011.jp2)
  3. I.陶行知の生涯 / p1 (0011.jp2)
  4. II.陶行知教育思想研究の意義 / p7 (0017.jp2)
  5. III.先行研究について / p20 (0030.jp2)
  6. IV.本論文の課題 / p30 (0040.jp2)
  7. V.本論文の構成と概要 / p33 (0043.jp2)
  8. <注> / p38 (0048.jp2)
  9. 第I部 「生活教育」思想の基底-「共和国」実現のための「国民」論 / p41 (0051.jp2)
  10. 第1章 -中国人として中国のために-幼少年期の行動と教養 / p42 (0052.jp2)
  11. I.生い立ちの環境 / p42 (0052.jp2)
  12. II.伝統的教育と中国古典の教養 / p47 (0057.jp2)
  13. III.西洋との出会いと中国民衆への思い / p52 (0062.jp2)
  14. むすび-中国人としてのアイデンティティ / p63 (0073.jp2)
  15. <注> / p65 (0075.jp2)
  16. 第2章 「共和国」は成立したのか-金陵大学時代の思想 / p74 (0084.jp2)
  17. I.「共和国」の理想と現実 / p74 (0084.jp2)
  18. II.王陽明思想の解釈と吸収 / p83 (0093.jp2)
  19. III.淘汰論-「ヨーロッパ」の思想 / p102 (0112.jp2)
  20. むすび-教育への着目 / p108 (0118.jp2)
  21. <注> / p112 (0122.jp2)
  22. 第3章 生涯の仕事として教育行政を-アメリカ留学時代の学習と生活 / p121 (0131.jp2)
  23. I.イリノイ大学時代の学習 / p121 (0131.jp2)
  24. II.コロンビア大学ティーチャーズカレッジ時代の学習 / p128 (0138.jp2)
  25. III.アメリカ留学時代の生活 / p136 (0146.jp2)
  26. むすび-教育への志向を貫く / p137 (0147.jp2)
  27. <注> / p138 (0148.jp2)
  28. 第4章 「正しき領袖」と「健全なる公民」の育成-南京高等師範学校教員時代の思想 / p143 (0153.jp2)
  29. I.教育と政治 / p143 (0153.jp2)
  30. II.「試験の方法」 / p160 (0170.jp2)
  31. III.「教学合一」 / p178 (0188.jp2)
  32. むすび-南京高等師範学校における実践の一側面 / p191 (0201.jp2)
  33. <注> / p198 (0208.jp2)
  34. 第5章 教育に租界は開けない-「平民教育」運動期の思想 / p209 (0219.jp2)
  35. I.「活」の教育 / p209 (0219.jp2)
  36. II.「識字」の思想 / p240 (0250.jp2)
  37. III.教育に租界は開けない / p275 (0285.jp2)
  38. むすび-晏陽初との分岐・「平民教育」運動の終息 / p293 (0303.jp2)
  39. <注> / p296 (0306.jp2)
  40. 第1部結章 「共和国」を担う「国民」形成の論理 / p311 (0321.jp2)
  41. 第II部 「生活教育」思想の形成-「民族」解放のための「大衆」論 / p318 (0331.jp2)
  42. 第1章 野人生活から極楽世界ヘ-「郷村師範」実験期の思想 / p319 (0332.jp2)
  43. I.暁荘師範の誕生 / p319 (0332.jp2)
  44. II.野人生活からの出発 / p365 (0378.jp2)
  45. III.「偽知識」階級論 / p388 (0401.jp2)
  46. むすび-暁荘師範の閉鎖と国民党南京政府との訣別 / p419 (0432.jp2)
  47. <注> / p429 (0442.jp2)
  48. 第2章 工場・学校・社会を打って一つに-「工学団」運動期の思想 / p439 (0452.jp2)
  49. I.行知行 / p439 (0452.jp2)
  50. II.「生活と生活との摩擦」 / p470 (0483.jp2)
  51. III.「小先生」と「文化」解放 / p500 (0513.jp2)
  52. むすび-「文化」解放の方途 / p533 (0546.jp2)
  53. <注> / p542 (0555.jp2)
  54. 第3章 子どもたちの躍動-解放闘争を生きる子どもたち / p556 (0569.jp2)
  55. I.「工学団」の「小先生」たち / p556 (0569.jp2)
  56. II.新安旅行団の闘い / p588 (0601.jp2)
  57. III.孩子劇団の軌跡 / p615 (0628.jp2)
  58. むすび-抗日「民族」統一戦線結成へ / p634 (0647.jp2)
  59. <注> / p639 (0652.jp2)
  60. 第II部結章 抗日「民族」統一戦線を担う「大衆」形成の論理 / p650 (0663.jp2)
  61. 第III部 「生活教育」思想の展-「抗戦建国」のための「人材」論 / p660 (0676.jp2)
  62. 第1章 戦時教育から全面教育ヘ-世界28の国・地域への旅から「育才学校」へ / p661 (0677.jp2)
  63. I.抗日のための旅ヘ / p661 (0677.jp2)
  64. II.解放の「工具」「武器」としての教育 / p683 (0699.jp2)
  65. III.全面抗戦と全面教育 / p698 (0714.jp2)
  66. むすび-抗日戦争の対峙段階から国共分裂へ / p717 (0733.jp2)
  67. <注> / p719 (0735.jp2)
  68. 第2章 国民党統治下の「小解放区」-「育才学校」実践期の思想 / p726 (0742.jp2)
  69. I.「文化の鍵」と「因材施教」 / p726 (0742.jp2)
  70. II.「小解放区」の実践 / p741 (0757.jp2)
  71. III.「民主」への希望 / p767 (0783.jp2)
  72. むすび-「蓮の花」に託す思い / p781 (0797.jp2)
  73. <注> / p784 (0800.jp2)
  74. 第3章 「民主」の砦-「社会大学」運動期の思想 / p791 (0807.jp2)
  75. I.「社会大学」-「大学の道」 / p791 (0807.jp2)
  76. II.真の「民主」・永久の平和を / p799 (0815.jp2)
  77. III.死、「党外ボルシェビキ」 / p806 (0822.jp2)
  78. むすび-「偉大な人民教育家」 / p809 (0825.jp2)
  79. <注> / p811 (0827.jp2)
  80. 第III部結章-抗戦建国の人材」養成の論理 / p813 (0829.jp2)
  81. 終章 中国「近代」と伝統思想-「ヨーロッパ近代」の中国的組み換えの一側面 / p820 (0836.jp2)
  82. 補論 陶行知と日本 / p836 (0852.jp2)
  83. はじめに / p836 (0852.jp2)
  84. I.陶行知の日本亡命について / p838 (0854.jp2)
  85. II.陶行知と大正自由教育 / p845 (0861.jp2)
  86. III.戦時日本ジャーナリズムの陶行知観 / p853 (0869.jp2)
  87. おわりに / p856 (0872.jp2)
  88. <注> / p857 (0873.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090516
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000986129
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000254830
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ