死刑廃止の研究

この論文をさがす

著者

    • 三原, 憲三, 1932- ミハラ, ケンゾウ

書誌事項

タイトル

死刑廃止の研究

著者名

三原, 憲三, 1932-

著者別名

ミハラ, ケンゾウ

学位授与大学

明治大学

取得学位

法学博士

学位授与番号

乙第176号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. はしがき / p1 (0003.jp2)
  3. 序-死刑廃止への道標 / p1 (0008.jp2)
  4. 第一編 歴史的考察および諸外国の現状 / p11 (0013.jp2)
  5. 第一章 わが国における死刑の歴史的発展 / p11 (0013.jp2)
  6. 第一節 古代の氏族刑法における死刑 / p11 (0013.jp2)
  7. 一 上代のつみ / p11 (0013.jp2)
  8. 二 上代の刑罰 / p17 (0016.jp2)
  9. 三 上代の裁判 / p23 (0019.jp2)
  10. 第二節 上世における刑法と死刑 / p26 (0021.jp2)
  11. 一 大宝律 / p26 (0021.jp2)
  12. 二 養老律 / p27 (0021.jp2)
  13. 三 律の刑罰の種類 / p30 (0023.jp2)
  14. 四 八虐の罪 / p33 (0024.jp2)
  15. 五 死刑の種類とその執行 / p36 (0026.jp2)
  16. 六 養老律令以後 / p37 (0026.jp2)
  17. 第三節 わが国における死刑廃止 / p39 (0027.jp2)
  18. 一 神亀の死刑廃止 / p39 (0027.jp2)
  19. 二 弘仁の死刑廃止 / p47 (0031.jp2)
  20. 第四節 平安時代中期および後期 / p64 (0040.jp2)
  21. 第五節 武家法時代初期 / p66 (0041.jp2)
  22. 一 武家法時代初期の死刑 / p66 (0041.jp2)
  23. 二 御成敗式目(武家法) / p69 (0042.jp2)
  24. 第六節 戦国時代および安土桃山時代 / p71 (0043.jp2)
  25. 第七節 江戸時代 / p73 (0044.jp2)
  26. 一 御定書百か条における死刑 / p74 (0045.jp2)
  27. 二 寛政刑典 / p83 (0049.jp2)
  28. 第八節 近代 / p92 (0054.jp2)
  29. 一 仮刑律 / p93 (0054.jp2)
  30. 二 新律綱領 / p102 (0059.jp2)
  31. 三 改定律例 / p110 (0063.jp2)
  32. 四 旧刑法 / p115 (0065.jp2)
  33. 五 現行刑法 / p118 (0067.jp2)
  34. 六 改正刑法仮案 / p127 (0071.jp2)
  35. 七 改正刑法準備草案 / p134 (0075.jp2)
  36. 八 改正刑法草案 / p140 (0078.jp2)
  37. 第二章 諸外国における死刑の現状 / p199 (0107.jp2)
  38. 第一節 世界の死刑 / p199 (0107.jp2)
  39. 第二節 死刑廃止国 / p203 (0109.jp2)
  40. 第三節 死刑存置国 / p209 (0112.jp2)
  41. 第二編 死刑存廃論の系譜 / p223 (0119.jp2)
  42. 第一章 死刑存置論の動向 / p223 (0119.jp2)
  43. 第一節 総説 / p223 (0119.jp2)
  44. 第二節 復讐心 / p224 (0120.jp2)
  45. 第三節 死刑を肯定する思想-トーマス・アクイナス- / p225 (0120.jp2)
  46. 第四節 多くの思想家による存置論 / p228 (0122.jp2)
  47. 第五節 ルソーの主張 / p231 (0123.jp2)
  48. 第六節 ロンブローゾの主張-他にラカッサーニューの主張- / p233 (0124.jp2)
  49. 第七節 わが国における主張 / p234 (0125.jp2)
  50. 一 民族的法律観念(民族確信・応報的観念)を理由とする死刑存置論 / p238 (0127.jp2)
  51. 二 威嚇力(抑制力・抑止力、一般予防的観点)を理由とする死刑存置論 / p245 (0130.jp2)
  52. 三 社会契約説を理由とする死刑存置論 / p255 (0135.jp2)
  53. 四 国民性と社会状態を理由とする死刑存置論 / p261 (0138.jp2)
  54. 第二章 死刑廃止論の展開 / p266 (0141.jp2)
  55. 第一節 総説 / p266 (0141.jp2)
  56. 第二節 ベッカリーアの主張 / p271 (0143.jp2)
  57. 第三節 その他の主張 / p275 (0145.jp2)
  58. 第四節 十八世紀および十九世紀の主張 / p279 (0147.jp2)
  59. 第五節 文学の領域での主張 / p283 (0149.jp2)
  60. 第六節 二十世紀での主張 / p290 (0153.jp2)
  61. 第七節 わが国における死刑廃止論の台頭 / p292 (0154.jp2)
  62. 第八節 立法上の問題 / p303 (0159.jp2)
  63. 第九節 死刑廃止論の根拠の分類 / p312 (0164.jp2)
  64. 一 人道主義・宗教的見地を理由とする死刑廃止論 / p315 (0165.jp2)
  65. 二 死刑に威嚇力(抑制力・犯罪抑止力)なしとの理由よりする死刑廃止論 / p326 (0171.jp2)
  66. 三 誤判を理由とする死刑廃止論 / p344 (0180.jp2)
  67. 四 被害者賠償を理由とする死刑廃止論 / p360 (0188.jp2)
  68. 五 死刑事件の被告の主張 / p374 (0195.jp2)
  69. 第三編 誤判と死刑 / p381 (0198.jp2)
  70. 第一章 わが国における誤判事件 / p381 (0198.jp2)
  71. 第一節 序説 / p381 (0198.jp2)
  72. 第二節 わが国における誤判によって死刑に処せられたとする一例 / p386 (0201.jp2)
  73. 第三節 明治時代の死刑誤判事件 / p387 (0201.jp2)
  74. 一 東京府江北村の尊属殺人事件 / p387 (0201.jp2)
  75. 二 本所うどん屋主人殺し及び深川薪屋妻子殺し事件 / p388 (0202.jp2)
  76. 三 群馬県の巡査殺し事件 / p389 (0202.jp2)
  77. 四 大逆事件(幸徳秋水事件) / p393 (0204.jp2)
  78. 第四節 大正時代の死刑誤判事件 / p394 (0205.jp2)
  79. 一 新潟県の一家四人死刑事件 / p394 (0205.jp2)
  80. 二 東京柳島四人殺し事件 / p396 (0206.jp2)
  81. 三 鈴ヵ森おはる殺し事件 / p398 (0207.jp2)
  82. 第五節 昭和・第二次世界大戦前の死刑誤判事件 / p400 (0208.jp2)
  83. 一 岡山の毒団子事件 / p400 (0208.jp2)
  84. 二 大阪の十三釣堀事件 / p402 (0209.jp2)
  85. 第六節 昭和・第二次世界大戦後の死刑誤判事件 / p404 (0210.jp2)
  86. 一 幸浦事件 / p404 (0210.jp2)
  87. 二 松川事件 / p407 (0211.jp2)
  88. 三 二俣事件 / p409 (0212.jp2)
  89. 四 木間ケ瀬事件 / p411 (0213.jp2)
  90. 五 八海事件 / p415 (0215.jp2)
  91. 六 仁保事件 / p417 (0216.jp2)
  92. 七 免田事件 / p419 (0217.jp2)
  93. 八 財田川事件 / p426 (0221.jp2)
  94. 九 松山事件 / p430 (0223.jp2)
  95. 一〇 島田事件 / p434 (0225.jp2)
  96. 一一 山中事件 / p439 (0227.jp2)
  97. 第二章 外国における誤判事件 / p441 (0228.jp2)
  98. 第一節 フランスの死刑誤判事件 / p441 (0228.jp2)
  99. 一 カラス事件 / p441 (0228.jp2)
  100. 二 アルフレッド・ドレフュース事件 / p448 (0232.jp2)
  101. 三 フラマン事件 / p452 (0234.jp2)
  102. 第二節 アメリカの死刑誤判事件 / p454 (0235.jp2)
  103. 一 サッコ、ヴァンゼッティ事件 / p454 (0235.jp2)
  104. ニ ローゼンバーグ夫妻事件 / p459 (0237.jp2)
  105. 三 ミラー事件 / p463 (0239.jp2)
  106. 第三節 ドイツの死刑誤判事件 / p475 (0245.jp2)
  107. 一 ジュネーブ事件 / p475 (0245.jp2)
  108. 二 ブーセ・チーゲンマイエル事件 / p477 (0246.jp2)
  109. 三 ヤクボフスキ事件 / p481 (0248.jp2)
  110. 四 国会議事堂放火事件 / p489 (0252.jp2)
  111. 第四節 イギリスの死刑誤判事件 / p493 (0254.jp2)
  112. 一 ジョン・エヴァンス事件 / p493 (0254.jp2)
  113. 二 ブラッドフォード事件 / p495 (0255.jp2)
  114. 第三章 誤判問題の小括 / p497 (0256.jp2)
  115. 第一節 誤判問題の本質 / p497 (0256.jp2)
  116. 第二節 わが国の刑事司法制度と国際刑事人権法 / p499 (0257.jp2)
  117. 一 誤判と刑事裁判 / p499 (0257.jp2)
  118. 二 国際人権法におけるわが国の刑事司法と死刑 / p501 (0258.jp2)
  119. 第四編 少年と死刑 / p505 (0260.jp2)
  120. 第一章 いわゆるピストル射殺魔-永山事件 / p505 (0260.jp2)
  121. 一 犯罪事実 / p505 (0260.jp2)
  122. 二 第一審判決(死刑判決とその理由) / p510 (0263.jp2)
  123. 三 第二審判決(無期懲役判決とその理由) / p517 (0266.jp2)
  124. 四 上告審差し戻し判決 / p519 (0267.jp2)
  125. 五 第二次控訴審判決 / p522 (0269.jp2)
  126. 六 上告審差し戻し判決に対する評釈 / p523 (0269.jp2)
  127. 七 第二次控訴審判決に対する評釈 / p527 (0271.jp2)
  128. 第二章 名古屋の大高緑地事件 / p531 (0273.jp2)
  129. 一 犯罪事実 / p531 (0273.jp2)
  130. 二 第一審判決 / p535 (0275.jp2)
  131. 三 第一審判決に対する評釈 / p542 (0279.jp2)
  132. 結び-死刑に代わるべき刑罰 / p545 (0280.jp2)
  133. 死刑関係文献目録 / p553 (0284.jp2)
30アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090544
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000986133
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000254858
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ