クローン摩擦を伴う動吸振器系の研究

この論文をさがす

著者

    • 白石, 明男 シライシ, アキオ

書誌事項

タイトル

クローン摩擦を伴う動吸振器系の研究

著者名

白石, 明男

著者別名

シライシ, アキオ

学位授与大学

長岡技術科学大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第23号

学位授与年月日

1992-09-16

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 主な記号 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p5 (0007.jp2)
  4. 1.1 本研究の目的 / p5 (0007.jp2)
  5. 1.2 2自由度動吸振器系およびクーロン摩擦力を伴う2自由度系に関するこれまでの研究 / p6 (0008.jp2)
  6. 1.3 本研究で対象とする動吸振器系と本研究の特長 / p17 (0013.jp2)
  7. 1.4 本論文の構成と各章の概要 / p19 (0014.jp2)
  8. 第2章 定常振動の解 / p20 (0015.jp2)
  9. 2.1 解の導出の方針 / p20 (0015.jp2)
  10. 2.2 一定振幅の力で加振される系(A種) / p21 (0015.jp2)
  11. 2.3 振動数の2乗に比例する振幅の力で加振される系(B種) / p39 (0024.jp2)
  12. 2.4 変位で加振される系(C種) / p46 (0028.jp2)
  13. 2.5 クーロン摩擦力を考慮した厳密解導出の意義 / p60 (0035.jp2)
  14. 2.6 まとめ / p65 (0037.jp2)
  15. 第3章 ディジタルシミュレーション / p66 (0038.jp2)
  16. 3.1 DDSプログラムとその機能 / p66 (0038.jp2)
  17. 3.2 DDSによる解の検証 / p70 (0040.jp2)
  18. 3.3 まとめ / p84 (0047.jp2)
  19. 第4章 動吸振器系の最良調整 / p85 (0047.jp2)
  20. 4.1 最良調整値の実用計算式導出の方針 / p85 (0047.jp2)
  21. 4.2 A種の系の最良調整 / p88 (0049.jp2)
  22. 4.3 B種の系の最良調整 / p108 (0059.jp2)
  23. 4.4 C種の系の最良調整 / p126 (0068.jp2)
  24. 4.5 クーロン摩擦力を考慮した最良調整の具体的意義 / p144 (0077.jp2)
  25. 4.6 まとめ / p145 (0077.jp2)
  26. 第5章 変位倍率の等価粘性解 / p146 (0078.jp2)
  27. 5.1 A種の系の等価粘性解 / p146 (0078.jp2)
  28. 5.2 B種の系の等価粘性解 / p170 (0090.jp2)
  29. 5.3 C種の系の等価粘性解 / p186 (0098.jp2)
  30. 5.4 まとめ / p207 (0108.jp2)
  31. 第6章 動吸振器系設計の手順および設計法に関する問題 / p208 (0109.jp2)
  32. 6.1 動吸振器系設計の手順 / p208 (0109.jp2)
  33. 6.2 設計法に関するいくつかの問題 / p213 (0111.jp2)
  34. 6.3 まとめ / p216 (0113.jp2)
  35. 第7章 結論 / p217 (0113.jp2)
  36. 7.1 定常振動の解 / p217 (0113.jp2)
  37. 7.2 ディジタルシミュレーション / p217 (0113.jp2)
  38. 7.3 動吸振器系の最良調整 / p218 (0114.jp2)
  39. 7.4 変位倍率の等価粘性解 / p218 (0114.jp2)
  40. 7.5 動吸振器系設計の手順および設計法に関する問題 / p218 (0114.jp2)
  41. 7.6 まとめ / p219 (0114.jp2)
  42. 文献 / p220 (0115.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090548
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090769
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000254862
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ