数学的手法を用いた文化分析の方法について

この論文をさがす

著者

    • 小島, 三弘 コジマ, ミツヒロ

書誌事項

タイトル

数学的手法を用いた文化分析の方法について

著者名

小島, 三弘

著者別名

コジマ, ミツヒロ

学位授与大学

総合研究大学院大学

取得学位

学術博士

学位授与番号

甲第31号

学位授与年月日

1992-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 1 数学的な方法を用いた文化分析 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 比較分析の方法 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 多変量解析法について / p3 (0008.jp2)
  5. 2 Ethnographic Atlas の分析 / p13 (0013.jp2)
  6. 2.1 従来の“Ethnographic Atlas" 研究 / p13 (0013.jp2)
  7. 2.2 分析に用いた資料 / p14 (0014.jp2)
  8. 2.3 数量化3類の計算結果 / p24 (0019.jp2)
  9. 2.4 与えられた数量の分析 / p32 (0023.jp2)
  10. 2.5 従来の研究との比較 / p53 (0033.jp2)
  11. 2.6 用いる文化要素による違い / p55 (0034.jp2)
  12. 3 東南アジア・オセアニアの文化要素の分析 / p59 (0036.jp2)
  13. 3.1 分析に用いた資料 / p59 (0036.jp2)
  14. 3.2 数量化3類による計算結果 / p70 (0042.jp2)
  15. 3.3 与えられた数量の分析 / p84 (0049.jp2)
  16. 3.4 従来の分類との比較 / p172 (0093.jp2)
  17. 3.5 統計を用いた文化分析のまとめ / p187 (0100.jp2)
  18. 4 Model Simulation を用いたHTLV-I感染率の推定 / p193 (0103.jp2)
  19. 4.1 ATL(HTLV-I)とは / p193 (0103.jp2)
  20. 4.2 HTLV-Iの感染率とキャリア率-Statistic model / p196 (0105.jp2)
  21. 4.3 Model Simulation による分析-Stochastic model / p198 (0106.jp2)
  22. 4.4 Model Simulation から見たHTLV-I残存の条件 / p214 (0114.jp2)
  23. 5 全体の結論 / p217 (0115.jp2)
  24. 5.1 多変量解析による文化要素分析~ボトム・アップ的方法 / p217 (0115.jp2)
  25. 5.2 モデル・シミュレーションを用いた感染率の推定~トップ・ダウン的方法 / p218 (0116.jp2)
  26. 5.3 課題と将来的な発展の可能性 / p218 (0116.jp2)
  27. A 数量化3類の計算法 / p221 (0117.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090621
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090842
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000254935
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ