新規ベンズアゼピン誘導体(KF-14363)の肝保護作用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 吉竹, 郁文 ヨシタケ, イクフミ

書誌事項

タイトル

新規ベンズアゼピン誘導体(KF-14363)の肝保護作用に関する研究

著者名

吉竹, 郁文

著者別名

ヨシタケ, イクフミ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第5777号

学位授与年月日

1992-08-10

注記・抄録

博士論文

10385

博士(薬学)

1992-08-10

大阪大学

14401乙第05777号

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一編 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第二編 本論 / p2 (0004.jp2)
  4. 第一章 KF-14363の肝障害抑制作用に関する検討 / p2 (0004.jp2)
  5. 第一節 中毒性肝障害モデルに対する作用 / p3 (0005.jp2)
  6. 第二節 免疫性肝障害モデル作用に対する作用 / p8 (0007.jp2)
  7. 第三節 慢性肝障害に対する作用 / p12 (0009.jp2)
  8. 第四節 ラット肝再生に対する作用 / p18 (0012.jp2)
  9. 第五節 小括および考察 / p20 (0013.jp2)
  10. 第二章 KF-14363の肝保護作用機序に関する検討 / p26 (0016.jp2)
  11. 第一節 ラット好中球に対する作用 / p26 (0016.jp2)
  12. 第二節 四塩化炭素から生成したラジカルに対する作用 / p34 (0020.jp2)
  13. 第三節 赤血球膜安定化作用 / p37 (0022.jp2)
  14. 第四節 t-Butyl hydroperoxide(t-BHP)による赤血球の過酸化脂質生成に対する作用 / p39 (0023.jp2)
  15. 第五節 ヒト線維芽細胞に対する作用 / p41 (0024.jp2)
  16. 第六節 小括および考察 / p43 (0025.jp2)
  17. 第三章 KF-14363の肝再生促進の機序に関する検討 / p47 (0027.jp2)
  18. 第一節 肝ミトコンドリア機能に対する作用 / p47 (0027.jp2)
  19. 第二節 肝エネルギー代謝に対する作用 / p52 (0029.jp2)
  20. 第三節 肝の核酸合成に対する作用 / p55 (0031.jp2)
  21. 第四節 小括および考察 / p59 (0033.jp2)
  22. 第三編 考察 / p64 (0035.jp2)
  23. 第四編 結論 / p67 (0037.jp2)
  24. 第五編 参考文献 / p69 (0038.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090661
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090882
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000254975
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ