統計的最適制御理論を用いた操舵による横揺減揺制御に関する研究 トウケイテキ サイテキ セイギョ リロン ヲ モチイタ ソウダ ニヨル ヨコユレ ゲンヨウ セイギョ ニカンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 織田, 博行 オダ, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

統計的最適制御理論を用いた操舵による横揺減揺制御に関する研究

タイトル別名

トウケイテキ サイテキ セイギョ リロン ヲ モチイタ ソウダ ニヨル ヨコユレ ゲンヨウ セイギョ ニカンスル ケンキュウ

著者名

織田, 博行

著者別名

オダ, ヒロユキ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5800号

学位授与年月日

1992-09-22

注記・抄録

博士論文

10408

博士(工学)

1992-09-22

大阪大学

14401乙第05800号

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. A.1 本論文の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. A.2 本論文の目的 / p6 (0012.jp2)
  5. A.3 本論文の構成 / p8 (0014.jp2)
  6. 参考文献 / p9 (0015.jp2)
  7. 図表 / p12 (0018.jp2)
  8. 第1章 操舵と横揺減揺制御 / p16 (0022.jp2)
  9. 1.1 緒言 / p16 (0022.jp2)
  10. 1.2 操舵の横揺に及ぼす影響 / p17 (0023.jp2)
  11. 1.3 横揺減揺制御の考え方とその現状 / p20 (0026.jp2)
  12. 1.4 フィンスタビライザによる横揺減揺制御 / p21 (0027.jp2)
  13. 1.5 結言 / p23 (0029.jp2)
  14. 参考文献 / p24 (0030.jp2)
  15. 図表 / p25 (0031.jp2)
  16. 第2章 船体運動の自己回帰モデル表現 / p31 (0037.jp2)
  17. 2.1 緒言 / p31 (0037.jp2)
  18. 2.2 定常確率過程とその意味 / p32 (0038.jp2)
  19. 2.3 定常時系列モデルの表現 / p33 (0039.jp2)
  20. 2.4 自己回帰モデルの定常性と予測機能 / p35 (0041.jp2)
  21. 2.5 自己回帰モデルの係数推定 / p37 (0043.jp2)
  22. 2.6 統計モデルにおけるモデルの選択 / p39 (0045.jp2)
  23. 2.7 自己回帰モデルによる横揺の予測 / p42 (0048.jp2)
  24. 2.8 結言 / p43 (0049.jp2)
  25. 参考文献 / p44 (0050.jp2)
  26. 図表 / p46 (0052.jp2)
  27. 第3章 自己回帰モデルによる横揺を含めた保針制御系の解析 / p51 (0057.jp2)
  28. 3.1 緒言 / p51 (0057.jp2)
  29. 3.2 多次元時系列のスペクトル解析 / p52 (0058.jp2)
  30. 3.3 フィードバック系のシステム解析 / p55 (0061.jp2)
  31. 3.4 実船データによる横揺を含む保針制御系の解析 / p60 (0066.jp2)
  32. 3.5 結言 / p65 (0071.jp2)
  33. 参考文献 / p66 (0072.jp2)
  34. 図表 / p67 (0073.jp2)
  35. 第4章 制御型自己回帰モデルを用いた統計的最適制御系の設計方法 / p77 (0083.jp2)
  36. 4.1 緒言 / p77 (0083.jp2)
  37. 4.2 制御型自己回帰モデルの同定 / p79 (0085.jp2)
  38. 4.3 制御型自己回帰モデルの状態空間表現 / p81 (0087.jp2)
  39. 4.4 統計的最適制御ゲインとその推定方法 / p83 (0089.jp2)
  40. 4.5 結言 / p86 (0092.jp2)
  41. 参考文献 / p87 (0093.jp2)
  42. 図表 / p88 (0094.jp2)
  43. 第5章 操舵による横揺減揺制御系のシミュレーション / p91 (0097.jp2)
  44. 5.1 緒言 / p91 (0097.jp2)
  45. 5.2 実船データを用いた舵減揺制御 / p92 (0098.jp2)
  46. 5.3 操縦運動シミュレーションデータを用いた舵減揺制御 / p96 (0102.jp2)
  47. 5.4 結言 / p102 (0108.jp2)
  48. 参考文献 / p103 (0109.jp2)
  49. 図表 / p104 (0110.jp2)
  50. 第6章 舵減揺制御装置の機能と構成 / p123 (0129.jp2)
  51. 6.1 緒言 / p123 (0129.jp2)
  52. 6.2 舵減揺制御装置の設計方針 / p124 (0130.jp2)
  53. 6.3 舵減揺制御装置の制御機能と特徴 / p126 (0132.jp2)
  54. 6.4 舵減揺制御装置の構成 / p128 (0134.jp2)
  55. 6.5 舵減揺制御装置の操作方法 / p131 (0137.jp2)
  56. 6.6 結言 / p132 (0138.jp2)
  57. 参考文献 / p133 (0139.jp2)
  58. 図表 / p134 (0140.jp2)
  59. 第7章 実船による舵減揺制御実験 / p153 (0159.jp2)
  60. 7.1 緒言 / p153 (0159.jp2)
  61. 7.2 実船実験供試船 / p154 (0160.jp2)
  62. 7.3 A船による舵減揺制御実験 / p155 (0161.jp2)
  63. 7.4 B船による舵減揺制御実験 / p163 (0169.jp2)
  64. 7.5 C船による舵減揺制御実験 / p171 (0177.jp2)
  65. 7.6 結言 / p177 (0183.jp2)
  66. 参考文献 / p179 (0185.jp2)
  67. 図表 / p180 (0186.jp2)
  68. 第8章 舵減揺制御に対する検討 / p248 (0254.jp2)
  69. 8.1 緒言 / p248 (0254.jp2)
  70. 8.2 舵減揺制御による波浪中横揺減揺効果 / p249 (0255.jp2)
  71. 8.3 舵減揺制御時の横揺減揺効果に及ぼす要因 / p255 (0261.jp2)
  72. 8.4 諸外国における舵減揺制御実船実験 / p258 (0264.jp2)
  73. 8.5 結言 / p260 (0266.jp2)
  74. 参考文献 / p262 (0268.jp2)
  75. 図表 / p263 (0269.jp2)
  76. 結論 / p278 (0284.jp2)
  77. B.1 本論文のまとめ / p278 (0284.jp2)
  78. B.2 あとがき / p283 (0289.jp2)
  79. 謝辞 / p284 (0290.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090684
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090905
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000254998
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ