リング共振形光ファイバジャイロの小型・高感度化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 高橋, 正信 タカハシ, マサノブ

書誌事項

タイトル

リング共振形光ファイバジャイロの小型・高感度化に関する研究

著者名

高橋, 正信

著者別名

タカハシ, マサノブ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5804号

学位授与年月日

1992-09-22

注記・抄録

博士論文

10412

博士(工学)

1992-09-22

大阪大学

14401乙第05804号

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 リング共振形光ファイバジャイロ研究の歴史と問題点 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的と小型・高感度化への課題 / p8 (0010.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / p11 (0011.jp2)
  6. 第2章 回転角速度の検出原理と検出限界 / p14 (0013.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p14 (0013.jp2)
  8. 2.2 サニャック効果 / p14 (0013.jp2)
  9. 2.3 光ファイバリング共振器 / p15 (0013.jp2)
  10. 2.4 回転検出原理 / p18 (0015.jp2)
  11. 2.5 理論的回転検出限界 / p21 (0016.jp2)
  12. 2.6 あとがき / p29 (0020.jp2)
  13. 第3章 回転検出感度へ及ぼす反射光の影響 / p30 (0021.jp2)
  14. 3.1 まえがき / p30 (0021.jp2)
  15. 3.2 共振特性への影響 / p30 (0021.jp2)
  16. 3.3 出力ドリフトヘの影響 / p35 (0023.jp2)
  17. 3.4 出力ドリフト低減策 / p41 (0026.jp2)
  18. 3.5 あとがき / p45 (0028.jp2)
  19. 第4章 回転検出感度へ及ぼす偏波結合の影響 / p46 (0029.jp2)
  20. 4.1 まえがき / p46 (0029.jp2)
  21. 4.2 共振特性への影響 / p47 (0029.jp2)
  22. 4.3 出力ドリフトヘの影響 / p55 (0033.jp2)
  23. 4.4 出力ドリフト低減策 / p67 (0039.jp2)
  24. 4.5 あとがき / p67 (0039.jp2)
  25. 第5章 外部共振器形半導体レーザの導入 / p69 (0040.jp2)
  26. 5.1 まえがき / p69 (0040.jp2)
  27. 5.2 要求される性能 / p69 (0040.jp2)
  28. 5.3 構成 / p70 (0041.jp2)
  29. 5.4 スペクトル線幅 / p72 (0042.jp2)
  30. 5.5 発振周波数可変幅 / p73 (0042.jp2)
  31. 5.6 あとがき / p80 (0046.jp2)
  32. 第6章 リング共振形光ファイバジャイロの試作 / p81 (0046.jp2)
  33. 6.1 まえがき / p81 (0046.jp2)
  34. 6.2 構成 / p81 (0046.jp2)
  35. 6.3 実験結果 / p85 (0048.jp2)
  36. 6.4 小型化 / p87 (0049.jp2)
  37. 6.5 あとがき / p91 (0051.jp2)
  38. 第7章 結論 / p92 (0052.jp2)
  39. 謝辞 / p95 (0053.jp2)
  40. 参考文献 / p96 (0054.jp2)
  41. 著者関連文献 / p102 (0057.jp2)
  42. 付録 / p106 (0059.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090688
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090909
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255002
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ