異種画像併用3次元視覚システムの構築と3次元物体形状認識への応用 イシュ ガゾウ ヘイヨウ 3ジゲン シカク システム ノ コウチク ト 3ジゲン ブッタイ ケイジョウ ニンシキ ヘノ オウヨウ

この論文をさがす

著者

    • 藤本, 公三 フジモト, コウゾウ

書誌事項

タイトル

異種画像併用3次元視覚システムの構築と3次元物体形状認識への応用

タイトル別名

イシュ ガゾウ ヘイヨウ 3ジゲン シカク システム ノ コウチク ト 3ジゲン ブッタイ ケイジョウ ニンシキ ヘノ オウヨウ

著者名

藤本, 公三

著者別名

フジモト, コウゾウ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5805号

学位授与年月日

1992-09-22

注記・抄録

博士論文

10413

博士(工学)

1992-09-22

大阪大学

14401乙第05805号

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景および目的 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成 / p3 (0006.jp2)
  5. 第2章 異種画像併用3次元視覚システム構築の考え方 / p6 (0008.jp2)
  6. 2.1 濃淡画像およびパターン投光画像から得られる形状情報とその特質 / p6 (0008.jp2)
  7. 2.2 形状情報抽出可能範囲 / p12 (0011.jp2)
  8. 2.3 異種画像併用による形状情報取得性能の向上の可能性 / p16 (0013.jp2)
  9. 第3章 輝度レベルの分散値に基づく物体縁辺検出 / p18 (0014.jp2)
  10. 3.1 はじめに / p18 (0014.jp2)
  11. 3.2 濃淡画像中における輝度レベル変化 / p19 (0014.jp2)
  12. 3.3 輝度レベルの分散値の特徴 / p23 (0016.jp2)
  13. 3.4 輝度レベル分散値の耐ノイズ性 / p27 (0018.jp2)
  14. 3.5 各種縁辺に対する輝度レベルの分散値 / p32 (0021.jp2)
  15. 3.6 分散値による縁辺検出線幅 / p33 (0021.jp2)
  16. 3.7 各種縁辺検出オペレータとの検出性能比較・検討 / p34 (0022.jp2)
  17. 3.8 結論 / p37 (0023.jp2)
  18. 第4章 スリットレーザ光走査による電子格子モアレ画像および凹凸判定画像の形成 / p39 (0024.jp2)
  19. 4.1 はじめに / p39 (0024.jp2)
  20. 4.2 投影型モアレ縞画像の形成原理とその形成範囲 / p40 (0025.jp2)
  21. 4.3 アナログ波形成形による電子格子モアレ縞画像形成 / p45 (0027.jp2)
  22. 4.4 スリットレーザ光走査によるモアレ縞画像形成 / p48 (0029.jp2)
  23. 4.5 平行格子投光画像をもとにした簡易凹凸判定画像の形成 / p60 (0035.jp2)
  24. 4.6 結論 / p62 (0036.jp2)
  25. 第5章 θ-ρハフ変換平面からの直線および2次曲線の線分抽出 / p64 (0037.jp2)
  26. 5.1 はじめに / p64 (0037.jp2)
  27. 5.2 θ-ρ平面への変換軌跡と線分パラメータの関係 / p66 (0038.jp2)
  28. 5.3 θ-ρ面における集積点の抽出 / p72 (0041.jp2)
  29. 5.4 直線線分のパラメータ抽出方法 / p84 (0047.jp2)
  30. 5.5 2次曲線のパラメータ抽出方法 / p86 (0048.jp2)
  31. 5.6 結論 / p91 (0050.jp2)
  32. 第6章 濃淡画像とモアレ縞画像併用3次元視覚システムの構築 / p93 (0051.jp2)
  33. 6.1 はじめに / p93 (0051.jp2)
  34. 6.2 視覚システム構築 / p93 (0051.jp2)
  35. 6.3 濃淡画像からの2次元形状記述 / p96 (0053.jp2)
  36. 6.4 パターン情報の抽出とそれによる3次元形状記述 / p99 (0054.jp2)
  37. 6.5 3次元対象物体に対するシステムの適用とその性能 / p105 (0057.jp2)
  38. 6.6 結論 / p110 (0060.jp2)
  39. 第7章 CADモデルデータに基づく3次元物体形状・姿勢の照合・認識 / p111 (0060.jp2)
  40. 7.1 はじめに / p111 (0060.jp2)
  41. 7.2 CADモデルデータに基づく3次元物体の形状照合の考え方と処理の流れ / p113 (0061.jp2)
  42. 7.3 3次元CADモデルデータからの投影形状分類 / p117 (0063.jp2)
  43. 7.4 物体の安定姿勢を考慮したときの代表投影形状抽出 / p123 (0066.jp2)
  44. 7.5 面の形状特徴による対応面照合抽出 / p127 (0068.jp2)
  45. 7.6 線分対応による形状・姿勢照合 / p141 (0075.jp2)
  46. 7.7 照合・認識システムの適用範囲とその性能 / p147 (0078.jp2)
  47. 7.8 結論 / p154 (0082.jp2)
  48. 第8章 結論 / p157 (0083.jp2)
  49. 謝辞 / p159 (0084.jp2)
  50. 参考文献 / p160 (0085.jp2)
  51. 発表論文 / p175 (0092.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090689
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090910
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000255003
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ