同期加算法を用いた騒音性誘発血圧に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 陳, 秋蓉 チェン, チェロン

書誌事項

タイトル

同期加算法を用いた騒音性誘発血圧に関する研究

著者名

陳, 秋蓉

著者別名

チェン, チェロン

学位授与大学

京都大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第5201号

学位授与年月日

1992-09-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 はしがき / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 本研究の目的と概要 / p2 (0008.jp2)
  6. 参考文献 / p4 (0009.jp2)
  7. 第2章 騒音暴露に起因する血圧変動に関する従来の研究 / p7 (0010.jp2)
  8. 2.1 はしがき / p7 (0010.jp2)
  9. 2.2 人を用いた短期間暴露実験 / p8 (0011.jp2)
  10. 2.3 長期間疫学調査 / p12 (0013.jp2)
  11. 2.4 動物を用いた暴露実験 / p17 (0015.jp2)
  12. 参考文献 / p22 (0018.jp2)
  13. 第3章 加算平均法による誘発血圧の検出 / p31 (0022.jp2)
  14. 3.1 血圧測定方法 / p31 (0022.jp2)
  15. 3.2 最高血圧自動連続測定装置 / p36 (0025.jp2)
  16. 3.3 聴診法と最高血圧自動連続測定装置による血圧測定の比較 / p39 (0026.jp2)
  17. 3.4 連続測定による誘発血圧の検出 / p44 (0029.jp2)
  18. 3.5 結論 / p50 (0032.jp2)
  19. 参考文献 / p52 (0033.jp2)
  20. 第4章 刺激音の音圧レベルと誘発血圧 / p61 (0037.jp2)
  21. 4.1 はしがき / p61 (0037.jp2)
  22. 4.2 実験方法 / p61 (0037.jp2)
  23. 4.3 実験結果 / p68 (0041.jp2)
  24. 4.4 考察 / p82 (0048.jp2)
  25. 4.5 結論 / p86 (0050.jp2)
  26. 第5章 刺激音の持続時間及び断続特性と誘発血圧 / p87 (0050.jp2)
  27. 5.1 はしがき / p87 (0050.jp2)
  28. 5.2 刺激音の持続時間を変化させた場合 / p87 (0050.jp2)
  29. 5.3 刺激音の断続特性を変化させた場合 / p103 (0058.jp2)
  30. 5.4結論 / p117 (0065.jp2)
  31. 第6章 刺激音の周波数成分と誘発血圧 / p119 (0066.jp2)
  32. 6.1 はしがき / p119 (0066.jp2)
  33. 6.2 狭帯域音による誘発血圧 / p119 (0066.jp2)
  34. 6.3 ラウドネスマッチング実験 / p131 (0072.jp2)
  35. 6.4 ローパスノイズ、バイパスノイズによる誘発血圧 / p137 (0075.jp2)
  36. 6.5 中心周波数lkHzのバンドパスノイズによる誘発血圧 / p143 (0078.jp2)
  37. 6.6 中心周波数500Hzのバンドパスノイズによる誘発血圧 / p150 (0082.jp2)
  38. 6.7 臨界帯域についての考察 / p154 (0084.jp2)
  39. 6.8 周波数補正についての考察 / p159 (0086.jp2)
  40. 6.9 Spatial Summationについての考察 / p178 (0096.jp2)
  41. 6.10 結論 / p188 (0101.jp2)
  42. 参考文献 / p190 (0102.jp2)
  43. 第7章 環境音刺激による誘発血圧 / p193 (0103.jp2)
  44. 7.1 背景騒音の影響 / p193 (0103.jp2)
  45. 7.2 環境音刺激による誘発血圧 / p202 (0108.jp2)
  46. 7.3 音楽刺激による誘発血圧 / p209 (0111.jp2)
  47. 7.4 種々の音刺激による誘発血圧 / p213 (0113.jp2)
  48. 7.5 音のイメージ分析 / p215 (0114.jp2)
  49. 7.6 考察 / p223 (0118.jp2)
  50. 7.7 結論 / p237 (0125.jp2)
  51. 参考文献 / p238 (0126.jp2)
  52. 第8章 血圧変動に関する考察 / p239 (0126.jp2)
  53. 8.1 血圧変動に関する生理学的要因 / p239 (0126.jp2)
  54. 8.2 騒音暴露と血圧反応性 / p245 (0129.jp2)
  55. 8.3 誘発血圧上昇量のモデリング / p248 (0131.jp2)
  56. 8.4 実測値との対応性 / p251 (0132.jp2)
  57. 参考文献 / p261 (0137.jp2)
  58. 第9章 総括 / p269 (0141.jp2)
  59. 謝辞 / p273 (0143.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090709
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090930
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255023
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ