硫化鉱物の浮選における起泡剤並びに捕収剤の作用に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 沼田, 芳明 ヌマタ, ヨシアキ

書誌事項

タイトル

硫化鉱物の浮選における起泡剤並びに捕収剤の作用に関する基礎的研究

著者名

沼田, 芳明

著者別名

ヌマタ, ヨシアキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第7955号

学位授与年月日

1992-09-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.1 序文 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.2 硫化鉱物の浮選理論における起泡剤並びに捕収剤の作用に関する基礎的研究について / p2 (0007.jp2)
  6. 1.3 硫化鉱物の浮選における浮選剤の作用に関する基礎的研究の重要性並び1こ本研究の概要 / p18 (0015.jp2)
  7. 1.4 本研究の概要 / p19 (0015.jp2)
  8. 参考文献 / p22 (0017.jp2)
  9. 第2章 起泡剤の作用と浮選フロスの性状に関する研究 / p28 (0020.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p28 (0020.jp2)
  11. 2.2 実験試料と実験方法 / p29 (0020.jp2)
  12. 2.3 実験結果および考察 / p33 (0022.jp2)
  13. 2.4 結言 / p77 (0044.jp2)
  14. 参考文献 / p80 (0046.jp2)
  15. 第3章 起泡剤とザンセートとの相互作用に関する研究 / p82 (0047.jp2)
  16. 3.1 緒言 / p82 (0047.jp2)
  17. 3.2 実験試料および実験方法 / p83 (0047.jp2)
  18. 3.3 実験結果および考察 / p87 (0049.jp2)
  19. 3.4 結言 / p108 (0060.jp2)
  20. 参考文献 / p110 (0061.jp2)
  21. 第4章 ザンセート型捕収剤と他種捕収剤との相互作用に関する研究―共同吸着性と優先吸着性―(―吸着現象と浮遊性―) / p111 (0061.jp2)
  22. 4.1 緒言 / p111 (0061.jp2)
  23. 4.2 実験試料および実験方法 / p112 (0062.jp2)
  24. 4.3 実験結果および考察 / p114 (0063.jp2)
  25. 4.4 結言 / p129 (0070.jp2)
  26. 参考文献 / p130 (0071.jp2)
  27. 第5章 複素環式チオアミド型捕収剤(2-メルカプトベンゾチアゾール)の捕収作用に関する研究 / p131 (0071.jp2)
  28. 5.1 緒言 / p131 (0071.jp2)
  29. 5.2 実験試料および実験方法 / p132 (0072.jp2)
  30. 5.3 実験結果および考察 / p135 (0073.jp2)
  31. 5.4 分子軌道法による計算結果および考察 / p168 (0090.jp2)
  32. 5.5 結言 / p190 (0101.jp2)
  33. 参考文献 / p196 (0104.jp2)
  34. 第6章 複素環式チオアミド型捕収剤(2-メルカプトペンゾチアゾール)とザンセート型捕収剤の化学構造と物性並びに捕収作用に関する研究 / p199 (0105.jp2)
  35. 6.1 緒言 / p199 (0105.jp2)
  36. 6.2 実験試料および実験方法 / p200 (0106.jp2)
  37. 6.3 実験結果および考察 / p204 (0108.jp2)
  38. 6.4 分子軌道法による計算結果および考察 / p234 (0123.jp2)
  39. 6.5 結言 / p241 (0126.jp2)
  40. 参考文献 / p244 (0128.jp2)
  41. 第7章 結論 / p246 (0129.jp2)
  42. 謝辞 / p257 (0134.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090731
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090952
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255045
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ