文化財染織品に用いられた天然染料の高速液体クロマトグラフィー・質量分析法による分離と同定

この論文をさがす

著者

    • 柴山, 伸子 シバヤマ, ノブコ

書誌事項

タイトル

文化財染織品に用いられた天然染料の高速液体クロマトグラフィー・質量分析法による分離と同定

著者名

柴山, 伸子

著者別名

シバヤマ, ノブコ

学位授与大学

京都工芸繊維大学

取得学位

学術博士

学位授与番号

甲第4号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第一章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第二章 実験材料と方法 / p6 (0009.jp2)
  4. 第一節 サーモスプレー液体クロマトグラフ質量分析計(Thermospray Liquig Chromatography/Mass spectrometry;略称,TSP LC/MS)による色素標品の分析 / p7 (0009.jp2)
  5. 1-1 色素標品 / p7 (0009.jp2)
  6. 1-2 装置 / p9 (0010.jp2)
  7. 1-3 方法 / p10 (0011.jp2)
  8. 第二節 TSP LC/MSによる天然染料染め布抽出液の分析 / p11 (0011.jp2)
  9. 2-1 染料を抽出した動植物材料 / p11 (0011.jp2)
  10. 2-2 染色布作成 / p12 (0012.jp2)
  11. 2-3 抽出方法とTSP LC/MSによる染色布の抽出液の分析方法 / p13 (0012.jp2)
  12. 第三節 TSPのイオン化のための設定条件の最適化 / p15 (0013.jp2)
  13. 3-1 ブロック温度の最適化 / p15 (0013.jp2)
  14. 3-2 TH(Tip Heater)温度の最適化 / p15 (0013.jp2)
  15. 3-3 Repeller電圧の最適化 / p15 (0013.jp2)
  16. 3-4 Vaporizer tip温度の最適化 / p16 (0014.jp2)
  17. 第四節 選択イオン検出(selected ion monitoring;略称SIM)による天然色素の高感度分析 / p17 (0014.jp2)
  18. 4-1 色素標準品の分析 / p17 (0014.jp2)
  19. 4-2 布抽出液の分析 / p17 (0014.jp2)
  20. 第五節 TSP LC/MSによる文化財染織品の染色材料の分析 / p19 (0015.jp2)
  21. 5-1 グレコ・ローマン期のエジプト・アコリス遺跡出土の布裂 / p19 (0015.jp2)
  22. 5-2 オランダ渡来古裂地見本帳に収められている名称付き布裂 / p20 (0016.jp2)
  23. 5-3 江戸時代後期鍋島藩伝来の黒染袴 / p20 (0016.jp2)
  24. 第六節 天然色素のTSP LC/MS分析における誘導体化による高感度化 / p22 (0017.jp2)
  25. 6-1 アセチル化 / p22 (0017.jp2)
  26. 6-2 メチル化 / p24 (0018.jp2)
  27. 6-3 古代染織品への応用 / p24 (0018.jp2)
  28. 第三章 結果と考察 / p26 (0019.jp2)
  29. 第一節 TSP LC/MSによる色素標品の分析 / p27 (0019.jp2)
  30. 第二節 TSP LC/MSによる天然染料染め布抽出液の分析 / p71 (0041.jp2)
  31. 第三節 TSPのイオン化のための設定温度の最適化 / p121 (0066.jp2)
  32. 3-1 サーモスプレーとその温度調節の意義 / p121 (0066.jp2)
  33. 3-2 感度・マススペクトルパターンの変化に及ぼすIon Source Block温度の検討 / p124 (0068.jp2)
  34. 3-3 Tip Heaterの温度と感度・マススペクトルパターンの変化についての検討 / p126 (0069.jp2)
  35. 3-4 リペラー電圧と感度・マススペクトルパターンの変化についての検討 / p128 (0070.jp2)
  36. 3-5 Vaporizer Tip温度と感度の変化についての検討 / p130 (0071.jp2)
  37. 第四節 選択イオン検出法による色素標品と天然染料染め布の分析 / p132 (0072.jp2)
  38. 4-1 色素標品の分析 / p132 (0072.jp2)
  39. 4-2 天然染料染め布抽出液の分析 / p134 (0073.jp2)
  40. 第五節 TSP LC/MSによる文化財染織品の分析 / p136 (0074.jp2)
  41. 5-1 グレコ・ローマン期エジプト・アコリス遺跡出土の布裂 / p136 (0074.jp2)
  42. 5-2 オランダ渡来古裂地見本帳に収められている名称付き布裂 / p146 (0079.jp2)
  43. 5-3 江戸時代後期鍋島藩伝来黒染袴 / p148 (0080.jp2)
  44. 第六節 天然色素のTSP LC/MS分析における誘導体化による高感度分析 / p155 (0083.jp2)
  45. 6-1 誘導体化による高感度分析の意義 / p155 (0083.jp2)
  46. 6-2 アセチル化 / p155 (0083.jp2)
  47. 6-3 メチル化 / p162 (0087.jp2)
  48. 6-4 文化財的試料への応用 / p165 (0088.jp2)
  49. 第四章 終わりに / p167 (0089.jp2)
  50. 参考文献 / p170 (0091.jp2)
  51. 謝辞 / p174 (0093.jp2)
  52. 学術論文目録 / p175 (0093.jp2)
  53. 和文要旨 / p176 (0094.jp2)
  54. 英文要旨 / p178 (0095.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090835
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091057
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255149
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ