β-ラクタム剤による遅延型反応と単クローン抗体によるエピトープ解析

この論文をさがす

著者

    • 永倉, 直樹 ナガクラ, ナオキ

書誌事項

タイトル

β-ラクタム剤による遅延型反応と単クローン抗体によるエピトープ解析

著者名

永倉, 直樹

著者別名

ナガクラ, ナオキ

学位授与大学

静岡県立大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第3号

学位授与年月日

1991-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. I.第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. II.第2章 担体非結合β-ラクタム剤でモルモットに誘発した遅延型過敏症反応の免疫学的性状 / p4 (0008.jp2)
  4. 1.目的 / p4 (0008.jp2)
  5. 2.実験材料と方法 / p4 (0008.jp2)
  6. 3.実験結果 / p8 (0010.jp2)
  7. 4.考察 / p15 (0013.jp2)
  8. III.第3章 遅延型アレルギー反応におけるβ-ラクタム剤間の交差性 / p19 (0015.jp2)
  9. 1.目的 / p19 (0015.jp2)
  10. 2.実験材料と方法 / p19 (0015.jp2)
  11. 3.実験結果 / p23 (0017.jp2)
  12. 4.考察 / p31 (0021.jp2)
  13. IV.第4章 モルモット遅延型過敏症モデルにおけるimipenemと他のβ-ラクタム剤との交差性 / p37 (0024.jp2)
  14. 1.目的 / p37 (0024.jp2)
  15. 2.実験材料と方法 / p37 (0024.jp2)
  16. 3.実験結果 / p41 (0026.jp2)
  17. 4.考察 / p45 (0028.jp2)
  18. Y.第5章 抗ampicillin単クローン抗体によるpenicilloy1基のエピトープ解析と交差性 / p51 (0031.jp2)
  19. 1.目的 / p51 (0031.jp2)
  20. 2.実験材料と方法 / p52 (0032.jp2)
  21. 3.実験結果 / p61 (0036.jp2)
  22. 4.考察 / p67 (0039.jp2)
  23. VI.第6章 抗cephalexin単クローン抗体によるcephalospirin-蛋白結合物のエピトープ解析と交差性 / p71 (0041.jp2)
  24. 1.目的 / p71 (0041.jp2)
  25. 2.実験材料と方法 / p71 (0041.jp2)
  26. 3.実験結果 / p77 (0044.jp2)
  27. 4.考察 / p82 (0047.jp2)
  28. VII.第7章 β-ラクタム剤過敏症疑診患者における血中特異抗体のELISAによる検出と白血球遊走阻止試験(LMIT)の比較 / p89 (0050.jp2)
  29. 1.目的 / p89 (0050.jp2)
  30. 2.実験材料と方法 / p90 (0051.jp2)
  31. 3.実験結果 / p91 (0051.jp2)
  32. 4.考察 / p97 (0054.jp2)
  33. VIII.第8章 総括 / p98 (0055.jp2)
  34. IX.謝辞 / p101 (0056.jp2)
  35. X.引用文献 / p102 (0057.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090887
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091109
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255201
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ