二段階文法に基づく連続音声認識方式の研究

この論文をさがす

著者

    • 松永, 昭一 マツナガ, ショウイチ

書誌事項

タイトル

二段階文法に基づく連続音声認識方式の研究

著者名

松永, 昭一

著者別名

マツナガ, ショウイチ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5226号

学位授与年月日

1992-07-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 研究の背景と必要性 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.2 基本的立場 / p2 (0009.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / p4 (0010.jp2)
  6. 2 二段階文法による連続音声認識系 / p7 (0011.jp2)
  7. 2.1 はじめに / p7 (0011.jp2)
  8. 2.2 二段階文法の概略 / p8 (0012.jp2)
  9. 2.3 音声認識の手法 / p8 (0012.jp2)
  10. 2.4 単語辞書の構成-音素系列の表現 / p9 (0012.jp2)
  11. 2.5 文節内文法 / p13 (0014.jp2)
  12. 2.6 文節間文法 / p13 (0014.jp2)
  13. 2.7 まとめ / p18 (0017.jp2)
  14. 3 知識処理による音素認識に基づく音声認識 / p19 (0017.jp2)
  15. 3.1 はじめに / p19 (0017.jp2)
  16. 3.2 ToP-down音素認識とBottom-up音素認識を融合した音声認識システムの概略 / p21 (0018.jp2)
  17. 3.3 音響処理 / p22 (0019.jp2)
  18. 3.4 音素認識 / p23 (0019.jp2)
  19. 3.5 言語処理 / p24 (0020.jp2)
  20. 3.6 認識実験 / p29 (0022.jp2)
  21. 3.7 むすび / p33 (0024.jp2)
  22. 4 単語/文節候補の選択 / p35 (0025.jp2)
  23. 4.1 はじめに / p35 (0025.jp2)
  24. 4.2 確からしい部分のセグメンテーションと候補選択 / p37 (0026.jp2)
  25. 4.3 音素単位のセグメンテーションと認識 / p37 (0026.jp2)
  26. 4.4 候補選択法 / p38 (0027.jp2)
  27. 4.5 候補選択手法の能力比較 / p39 (0027.jp2)
  28. 4.6 文節認識における候補選択 / p43 (0029.jp2)
  29. 4.7 むすび / p50 (0033.jp2)
  30. 5 係り受け整合度に基づく文節列の認識 / p51 (0033.jp2)
  31. 5.1 はじめに / p51 (0033.jp2)
  32. 5.2 係り受け解析の定式化 / p52 (0034.jp2)
  33. 5.3 縦型解析による解析法 / p55 (0035.jp2)
  34. 5.4 横型解析による解析法 / p61 (0038.jp2)
  35. 5.5 むすび / p73 (0044.jp2)
  36. 6 係り受け規則による文節候補の限定 / p76 (0046.jp2)
  37. 6.1 はじめに / p76 (0046.jp2)
  38. 6.2 係り受け規則を用いた文節候補の限定-文節仮説の予測 / p77 (0046.jp2)
  39. 6.3 係り受け分割規則 / p78 (0047.jp2)
  40. 6.4 音声認識への適用 / p79 (0047.jp2)
  41. 6.5 係り受け解析における候補限定の効果 / p84 (0050.jp2)
  42. 6.6 文節音声認識実験 / p85 (0050.jp2)
  43. 6.7 むすび / p87 (0051.jp2)
  44. 7 連続文節音声認識のための係り受け処理 / p89 (0052.jp2)
  45. 7.1 はじめに / p89 (0052.jp2)
  46. 7.2 文節列選択の目的関数 / p90 (0053.jp2)
  47. 7.3 連続文節発声のための横型解析アルゴリズム / p91 (0053.jp2)
  48. 7.4 アルゴリズムの処理量と位置づけ / p93 (0054.jp2)
  49. 7.5 認識実験 / p95 (0055.jp2)
  50. 7.6 むすび / p97 (0056.jp2)
  51. 8 確率モデルの導入による高度化 / p98 (0057.jp2)
  52. 8.1 はじめに / p98 (0057.jp2)
  53. 8.2 文節単位発声のための音声認識 / p99 (0057.jp2)
  54. 8.3 文単位に発声した音声に対する認識方式 / p108 (0062.jp2)
  55. 8.4 むすび / p114 (0065.jp2)
  56. 9 結論 / p116 (0066.jp2)
  57. 謝辞 / p120 (0068.jp2)
  58. A 近年の音声認識システム / p122 (0069.jp2)
  59. B 音響パラメータとマッチング / p125 (0070.jp2)
  60. C 係り受け縦型解析アルゴリズムとその計算量 / p127 (0071.jp2)
  61. C.1 縦型解析アルゴリズム / p127 (0071.jp2)
  62. C.2 係り受け解析の処理量の削減 / p128 (0072.jp2)
  63. C.3 縦型解析の計算量 / p129 (0072.jp2)
  64. D 音声認識用データ / p132 (0074.jp2)
  65. D.1 音声認識用タスク-その1 / p132 (0074.jp2)
  66. D.2 音声認識用タスタク-その2 / p133 (0074.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090998
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091220
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255312
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ