三次元弾性問題における体積力法の汎用化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 森, 和也, 1960- モリ, カズヤ

書誌事項

タイトル

三次元弾性問題における体積力法の汎用化に関する研究

著者名

森, 和也, 1960-

著者別名

モリ, カズヤ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5227号

学位授与年月日

1992-07-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1・1 まえがき / p1 (0007.jp2)
  4. 1・2 本論文の目的と内容 / p5 (0011.jp2)
  5. 第2章 体積力法の基本原理 / p7 (0013.jp2)
  6. 2・1 まえがき / p7 (0013.jp2)
  7. 2・2 解析理論 / p8 (0014.jp2)
  8. 2・3 結び / p18 (0024.jp2)
  9. 第3章 体積力法の汎用化の基本原理 / p19 (0025.jp2)
  10. 3・1 まえがき / p19 (0025.jp2)
  11. 3・2 解析理論 / p22 (0028.jp2)
  12. 3・3 計算結果および考察 / p25 (0031.jp2)
  13. 3.4 結び / p37 (0043.jp2)
  14. 第4章 内圧を受ける円筒の内面に存在する半だ円表面き裂の応力拡大係数 / p38 (0044.jp2)
  15. 4・1 まえがき / p38 (0044.jp2)
  16. 4・2 解析理論 / p40 (0046.jp2)
  17. 4・3 計算結果および考察 / p44 (0050.jp2)
  18. 4・4 結び / p69 (0075.jp2)
  19. 第5章 引張りまたは曲げを受ける円筒の外面に存在する半だ円表面き裂の応力拡大係数 / p70 (0076.jp2)
  20. 5・1 まえがき / p70 (0076.jp2)
  21. 5・2 解析理論 / p72 (0078.jp2)
  22. 5・3 計算結果および考察 / p75 (0081.jp2)
  23. 5・4 結び / p94 (0100.jp2)
  24. 第6章 引張りまたは曲げを受ける丸棒に存在するだ円き裂の応力拡大係数 / p95 (0101.jp2)
  25. 6・1 まえがき / p95 (0101.jp2)
  26. 6・2 解析理論 / p97 (0103.jp2)
  27. 6・3 計算結果および考察 / p100 (0106.jp2)
  28. 6・4 結び / p121 (0127.jp2)
  29. 第7章 三点曲げまたは四点曲げを受ける曲げ試験片に存在する半だ円表面き裂の応力拡大係数 / p122 (0128.jp2)
  30. 7・1 まえがき / p122 (0128.jp2)
  31. 7・2 解析理論 / p124 (0130.jp2)
  32. 7・3 計算結果および考察 / p128 (0134.jp2)
  33. 7・5 結び / p136 (0142.jp2)
  34. 第8章 結論 / p137 (0143.jp2)
  35. 謝辞 / p140 (0146.jp2)
  36. [付録1]無限体に作用する集中力による応力場 / p141 (0147.jp2)
  37. [付録2]無限体に作用する集中力対による応力場 / p144 (0150.jp2)
  38. [付録3]無限体に作用する引張りの標準型集中力対による応力場 / p148 (0154.jp2)
  39. [付録4]無限体に作用する集中力による矩形区間に作用する合力 / p152 (0158.jp2)
  40. [付録5]無限体に作用する引張りの標準型集中力対による矩形区間に作用する合力 / p157 (0163.jp2)
  41. [付録6]積分公式 / p163 (0169.jp2)
  42. 参考文献 / p167 (0173.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090999
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000991897
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000255313
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ