哺乳動物精子及び酸触媒による非酸化的N-アリルアシルヒドロキサム酸生成機構

この論文をさがす

著者

    • 吉岡, 忠夫 ヨシオカ, タダオ

書誌事項

タイトル

哺乳動物精子及び酸触媒による非酸化的N-アリルアシルヒドロキサム酸生成機構

著者名

吉岡, 忠夫

著者別名

ヨシオカ, タダオ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第4140号

学位授与年月日

1992-09-30

注記・抄録

博士論文

105p.

Hokkaido University (北海道大学). 博士(薬学)

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 略語表 / p1 (0005.jp2)
  3. カタカナ名-英名対比表 / p2 (0006.jp2)
  4. 序論 / p5 (0009.jp2)
  5. 第1章 哺乳動物精子における芳香族ニトロソ化合物からのN-アリルアセトヒドロキサム酸生成 / p11 (0015.jp2)
  6. 1.1 緒論 / p11 (0015.jp2)
  7. 1.2 結果 / p12 (0016.jp2)
  8. 1.3 考察 / p22 (0026.jp2)
  9. 1.4 要約 / p25 (0029.jp2)
  10. 第2章 哺乳動物心筋ミトコンドリア及び単離豚心筋PDHCによるN-アリルアセトヒドロキサム酸生成 / p26 (0030.jp2)
  11. 2.1 緒論 / p26 (0030.jp2)
  12. 2.2 結果 / p27 (0031.jp2)
  13. 2.3 考察 / p40 (0044.jp2)
  14. 2.4 要約 / p46 (0050.jp2)
  15. 第3章 酸触媒による芳香族ニトロソ化合物とα-オキソ酸からのN-アリルアシルヒドロキサム酸生成 / p47 (0051.jp2)
  16. 3.1 緒論 / p47 (0051.jp2)
  17. 3.2 結果 / p48 (0052.jp2)
  18. 3.3 考察 / p56 (0060.jp2)
  19. 3.4 要約 / p58 (0062.jp2)
  20. 第4章 ニトロジフェニルエーテル系除草剤のニトロソ誘導体からの豚精子並びに酸触媒によるN-アセトヒドロキサム酸体生成 / p59 (0063.jp2)
  21. 4.1 緒論 / p59 (0063.jp2)
  22. 4.2 結果 / p60 (0064.jp2)
  23. 4.3 考察 / p64 (0068.jp2)
  24. 4.4 要約 / p70 (0074.jp2)
  25. 結語 / p71 (0075.jp2)
  26. 実験の部 / p73 (0077.jp2)
  27. 各章共通の実験 / p73 (0077.jp2)
  28. 第1章に関する実験 / p74 (0078.jp2)
  29. 第2章に関する実験 / p79 (0083.jp2)
  30. 第3章に関する実験 / p86 (0090.jp2)
  31. 第4章に関する実験 / p90 (0094.jp2)
  32. 謝辞 / p93 (0097.jp2)
  33. 文献 / p94 (0098.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091167
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091390
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000255481
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ