転がり軸受の疲れ寿命計算式に関する実験的研究

この論文をさがす

著者

    • 高田, 浩年 タカタ, ヒロトシ

書誌事項

タイトル

転がり軸受の疲れ寿命計算式に関する実験的研究

著者名

高田, 浩年

著者別名

タカタ, ヒロトシ

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第708号

学位授与年月日

1992-10-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 序論 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 転がり軸受の寿命 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 転がり軸受疲れ寿命の不確定性と有限性 / p3 (0006.jp2)
  6. 1.4 転がり軸受疲れ寿命計算式の変遷 / p5 (0007.jp2)
  7. 1.5 本論文の目的と必要性 / p10 (0010.jp2)
  8. 1.6 本論文の構成 / p12 (0011.jp2)
  9. 文献 / p15 (0012.jp2)
  10. 第2章 信頼度係数a₁に関する実験的研究 / p18 (0014.jp2)
  11. 2.1 諸言 / p18 (0014.jp2)
  12. 2.2 実験方法 / p21 (0015.jp2)
  13. 2.3 実験結果と考察 / p22 (0016.jp2)
  14. 2.4 結言 / p34 (0022.jp2)
  15. 文献 / p35 (0022.jp2)
  16. 第3章 材料係数a₂に関する実験的研究 / p37 (0023.jp2)
  17. 3.1 諸言 / p37 (0023.jp2)
  18. 3.2 実験方法 / p40 (0025.jp2)
  19. 3.3 実験結果と考察 / p43 (0026.jp2)
  20. 3.4 結言 / p52 (0031.jp2)
  21. 文献 / p53 (0031.jp2)
  22. 第4章 使用条件係数a₃に関する実験的研究 / p55 (0032.jp2)
  23. 4.1 諸言 / p55 (0032.jp2)
  24. 4.2 実験I:点接触軸受による油膜入口温度の推定および寿命評価 / p57 (0033.jp2)
  25. 4.3 実験II:ころ軸受による寿命評価 / p66 (0038.jp2)
  26. 4.4 実験III:油の分子量分布と玉軸受の寿命との関係の研究 / p76 (0043.jp2)
  27. 4.5 使用条件係数a₃の決定の研究 / p87 (0048.jp2)
  28. 4.6 結言 / p94 (0052.jp2)
  29. 文献 / p97 (0053.jp2)
  30. 第5章 取付誤差を与えたころ軸受の寿命に関する実験的研究 / p100 (0055.jp2)
  31. 5.1 諸言 / p100 (0055.jp2)
  32. 5.2 理論解析 / p104 (0057.jp2)
  33. 5.3 ころ軸受による寿命評価実験 / p109 (0059.jp2)
  34. 5.4 考察 / p114 (0062.jp2)
  35. 5.5 結言 / p120 (0065.jp2)
  36. 文献 / p122 (0066.jp2)
  37. 第6章 基本動定格荷重Cの拡張に関する研究 / p124 (0067.jp2)
  38. 6.1 諸言 / p124 (0067.jp2)
  39. 6.2 記号 / p125 (0067.jp2)
  40. 6.3 ワイブル勾配を変数とした基本動定格荷重理論 / p129 (0069.jp2)
  41. 6.4 転動体寿命を考慮した基本動定格荷重の理論 / p137 (0073.jp2)
  42. 6.5 考察 / p146 (0078.jp2)
  43. 6.6 結言 / p152 (0081.jp2)
  44. 文献 / p155 (0082.jp2)
  45. 第7章 結論 / p156 (0083.jp2)
  46. 謝辞 / p166 (0088.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091225
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091448
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255539
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ