可視発光素子用InGaAlP混晶のp型ドーピング制御に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 西川, 幸江 ニシカワ, ユキエ

書誌事項

タイトル

可視発光素子用InGaAlP混晶のp型ドーピング制御に関する研究

著者名

西川, 幸江

著者別名

ニシカワ, ユキエ

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第2523号

学位授与年月日

1992-09-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  4. 第1章の参考文献 / p15 (0012.jp2)
  5. 第2章 MOCVD法によるInGaAlPの結晶成長 / p17 (0013.jp2)
  6. 2.1 はじめに / p17 (0013.jp2)
  7. 2.2 MOCVD法の原理と特徴 / p18 (0014.jp2)
  8. 2.3 InGaAlPの成長 / p21 (0015.jp2)
  9. 2.4 まとめ / p30 (0020.jp2)
  10. 第2章の参考文献 / p31 (0020.jp2)
  11. 第3章 InGaAlPのMgドーピング特性 / p33 (0021.jp2)
  12. 3.1 はじめに / p33 (0021.jp2)
  13. 3.2 実験方法 / p34 (0022.jp2)
  14. 3.3 Mg原料供給開始時のドーピング遅れ / p35 (0022.jp2)
  15. 3.4 定常状態におけるMgドーピング特性 / p47 (0028.jp2)
  16. 3.5 まとめ / p54 (0032.jp2)
  17. 第3章の参考文献 / p56 (0033.jp2)
  18. 第4章 InGaAlPのZnドーピング特性 / p57 (0033.jp2)
  19. 4.1 はじめに / p57 (0033.jp2)
  20. 4.2 実験方法 / p59 (0034.jp2)
  21. 4.3 Znの取り込まれ率と活性化率の成長条件依存性 / p61 (0035.jp2)
  22. 4.4 Znの活性化率に与える残留不純物の影響 / p77 (0043.jp2)
  23. 4.5 まとめ / p86 (0048.jp2)
  24. 第4章の参考文献 / p88 (0049.jp2)
  25. 第5章 Inの取り込まれに及ぼすZnドーピングの影響 / p91 (0050.jp2)
  26. 5.1 はじめに / p91 (0050.jp2)
  27. 5.2 実験方法 / p92 (0051.jp2)
  28. 5.3 ZnドーピングによるInGaAlPの格子定数の変化 / p94 (0052.jp2)
  29. 5.4 III族元素の取り込まれに対する検討 / p104 (0057.jp2)
  30. 5.5 まとめ / p110 (0060.jp2)
  31. 第5章の参考文献 / p111 (0060.jp2)
  32. 第6章 InGaAlP可視光半導体レーザの特性に与えるp型ドーピングの影響 / p112 (0061.jp2)
  33. 6.1 はじめに / p112 (0061.jp2)
  34. 6.2 レーザの試作 / p113 (0061.jp2)
  35. 6.3 まとめ / p116 (0063.jp2)
  36. 第6章の参考文献 / p121 (0065.jp2)
  37. 第7章 結論 / p122 (0066.jp2)
  38. 謝辞 / p125 (0067.jp2)
  39. 本研究に関する発表論文 / p126 (0068.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091307
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091531
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255621
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ