公共部門の生産性に関する財政学的研究

この論文をさがす

著者

    • 高島, 博, 1947- タカシマ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

公共部門の生産性に関する財政学的研究

著者名

高島, 博, 1947-

著者別名

タカシマ, ヒロシ

学位授与大学

神戸商科大学

取得学位

経済学博士

学位授与番号

乙第12号

学位授与年月日

1992-09-16

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 第1部 公共サービスと公共部門の生産性 / p1 (0009.jp2)
  3. 第1章 政府活動の効率と生産性 / p1 (0009.jp2)
  4. I 問題の視角 / p1 (0009.jp2)
  5. II 公共部門の肥大化と効率の重要性 / p2 (0010.jp2)
  6. III 公共サービスの特性と分析の視角 / p4 (0012.jp2)
  7. IV 公共サービスの経済学と生産性分析の意義 / p8 (0016.jp2)
  8. 第2章 公共サービスの提供と効率性 / p14 (0022.jp2)
  9. I 公共サービス提供の目的 / p14 (0022.jp2)
  10. II 公共サービスの生産方式と供給方式 / p15 (0023.jp2)
  11. III 公共部門の効率と生産性 / p21 (0029.jp2)
  12. IV 公共サービスの価値財の要素と「民営化」概念 / p25 (0033.jp2)
  13. 第3章 公共的な生産性の概念と尺度 / p31 (0039.jp2)
  14. I 問題の認識 / p31 (0039.jp2)
  15. II 公共サービスの生産性概念 / p31 (0039.jp2)
  16. III 公共サービスの生産性の定義のしかた / p33 (0041.jp2)
  17. IV 公共サービス提供の分類と「公共的な生産性の指標」の関係 / p38 (0046.jp2)
  18. V むすび / p41 (0049.jp2)
  19. 第2部 公的活動の財政と生産性 / p43 (0051.jp2)
  20. 第4章 公共サービスの質的属性と産出結果:教育の事例 / p43 (0051.jp2)
  21. I 公共部門のアウトプットの質的要因の評価 / p43 (0051.jp2)
  22. II 公教育サービスのD-アウトプットとC-アウトプットの概念上の区別 / p47 (0055.jp2)
  23. III 公教育のアウトプットの質的属性と環境要因 / p50 (0058.jp2)
  24. IV 公教育のアウトプットの指標と生産性 / p54 (0062.jp2)
  25. V 公共サービスの生産性分析の含意 / p62 (0070.jp2)
  26. 第5章 郵政事業の財政と効率:日英の比較 / p66 (0074.jp2)
  27. I はじめに / p66 (0074.jp2)
  28. II 郵政事業の効率と提供方式 / p67 (0075.jp2)
  29. III 郵政事業の日英における展開 / p69 (0077.jp2)
  30. IV サービス業務の変遷と社会的効率 / p73 (0081.jp2)
  31. V おわりに / p80 (0088.jp2)
  32. 第6章 医療サービス部門の生産性:公営対民営 / p83 (0091.jp2)
  33. I はじめに / p83 (0091.jp2)
  34. II 医療サービスの特性:その需要要因と供給要因 / p84 (0092.jp2)
  35. III 医療サービス提供の効率化の概念と意義 / p87 (0095.jp2)
  36. IV 医療サービスの生産性と社会的効率の観点 / p95 (0103.jp2)
  37. V おわりに / p101 (0109.jp2)
  38. 第7章 公共サービスのコスト負担と公的企業活動 / p108 (0116.jp2)
  39. I はじめに / p108 (0116.jp2)
  40. II 公共サービスのコスト負担と社会的・経済的環境 / p109 (0117.jp2)
  41. III 公共サービスの提供と公的企業活動の展開:日英の比較 / p115 (0123.jp2)
  42. IV 日本における地方公益事業の公営原則と効率 / p118 (0126.jp2)
  43. V 公益事業の生産性指標とその評価-日英の比較・検討- / p122 (0130.jp2)
  44. VI おわりに / p126 (0134.jp2)
  45. 第8章 結び / p129 (0137.jp2)
  46. 本研究の要約と得られた結論 / p129 (0137.jp2)
  47. 残された問題と展望 / p131 (0139.jp2)
  48. 参考文献・資料(各章別) / p137 (0145.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091317
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000991918
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255631
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ