ジョン・ロック経済思想研究

この論文をさがす

著者

    • 生越, 利昭, 1946- オゴセ, トシアキ

書誌事項

タイトル

ジョン・ロック経済思想研究

著者名

生越, 利昭, 1946-

著者別名

オゴセ, トシアキ

学位授与大学

神戸商科大学

取得学位

経済学博士

学位授与番号

乙第13号

学位授与年月日

1992-11-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p3 (0004.jp2)
  2. はしがき / p1 (0003.jp2)
  3. 序章 ロック研究の動向と本書の問題意識 / p1 (0007.jp2)
  4. 第1節 ロック研究の課題 / p3 (0008.jp2)
  5. 第2節 伝統的ロック思想像 / p6 (0010.jp2)
  6. 第3節 新しいロック思想像の提示 / p7 (0010.jp2)
  7. 1 シュトラウスの研究 / p7 (0010.jp2)
  8. 2 マクファーソンの研究 / p8 (0011.jp2)
  9. 第4節 歴史的・内在的研究 / p10 (0012.jp2)
  10. 第5節 タリーのロック財産論研究 / p13 (0013.jp2)
  11. 第6節 ウッドの杜会経済史的研究 / p15 (0014.jp2)
  12. 第7節 その後の研究 / p18 (0016.jp2)
  13. 1 マクナリーの新解釈 / p18 (0016.jp2)
  14. 2 ロック所有論解釈の新しい傾向 ―ラパチンスキーの研究― / p20 (0017.jp2)
  15. 3 わが国における新研究 / p22 (0018.jp2)
  16. 第1章 口ック思想の実践的性格 / p37 (0025.jp2)
  17. 第1節 ロックの生涯と著作 / p37 (0025.jp2)
  18. 第2節 イギリス重商主義の課題と特質 / p43 (0028.jp2)
  19. 1 「原始蓄積」の概念規定について / p45 (0029.jp2)
  20. 2 重商主義の諸理論の特質 / p53 (0033.jp2)
  21. 第3節 ロックの思想課題 / p68 (0041.jp2)
  22. 第2章 ロック経済思想の形成 / p81 (0047.jp2)
  23. 第1節 アシュリー卿の影響 / p81 (0047.jp2)
  24. 第2節 社会経済的背景 / p83 (0048.jp2)
  25. 1 財政危機 / p84 (0049.jp2)
  26. 2 物価と地価の低下 / p87 (0050.jp2)
  27. 第3節 第1次利子率論争とロック / p90 (0052.jp2)
  28. 第4節 『利子論草稿』の分析 / p93 (0053.jp2)
  29. 1 法定利子引き下げの結果―各階層への影響― / p93 (0053.jp2)
  30. 2 貸借関係及びトレイドヘの影響 / p94 (0054.jp2)
  31. 3 「自然利子」概念―利子の起源について― / p97 (0055.jp2)
  32. 4 「トレイドに必要な貨幣量」論 / p106 (0060.jp2)
  33. 5 経済構造の分析―階層区分― / p112 (0063.jp2)
  34. 6 価値・価格論 / p119 (0066.jp2)
  35. 第5節 交易植民委員会とロック「交易論ノート」 / p125 (0069.jp2)
  36. 第3章 『政府二論』における経済思想 / p139 (0076.jp2)
  37. 第1節 『政府二論』執筆の背景とその実践的性格 / p139 (0076.jp2)
  38. 第2節 労働による所有理論の諸問題 / p144 (0079.jp2)
  39. 1 ロックの「所有(property)」概念 / p145 (0079.jp2)
  40. 2 ロックの労働概念 / p151 (0082.jp2)
  41. 3 貨幣導入以後の所有の問題 / p160 (0088.jp2)
  42. 第3節 ロック国家論の二面的性格 / p164 (0091.jp2)
  43. 1 理性的人間観の両義性 / p164 (0091.jp2)
  44. 2 国家の目的 / p168 (0093.jp2)
  45. 3 「市民社会」と国家 / p175 (0096.jp2)
  46. 第4節 ロックの「労働価値論」とその思想的意味 / p177 (0097.jp2)
  47. 1 はじめに / p177 (0097.jp2)
  48. 2 価値の源泉としての労働 / p178 (0098.jp2)
  49. 3 ロックにおける「価値」と労働 / p181 (0099.jp2)
  50. 4 経済活動の本質たる労働過程の認識 / p183 (0100.jp2)
  51. 5 ロックにおける商品価値分析の視点 / p190 (0106.jp2)
  52. 6 征服の対象としての自然 / p200 (0114.jp2)
  53. 第4章 2つの論争と利子・貨幣論 / p213 (0121.jp2)
  54. 第1節 第2次利子率論争とロック経済論の展開 / p213 (0121.jp2)
  55. 1 『考察』執筆の背景 / p213 (0121.jp2)
  56. 2 『考察』における利子論 / p217 (0123.jp2)
  57. 3 土地単税論 / p222 (0126.jp2)
  58. 4 国民経済の構造 / p229 (0129.jp2)
  59. 第2節 貨幣改鋳論争とロックの貨幣論 / p232 (0131.jp2)
  60. 1 鋳貨問題の歴史的背景 / p232 (0131.jp2)
  61. 2 改鋳論争におけるロックの立場 / p238 (0134.jp2)
  62. 3 ラウンズ対ロック / p250 (0140.jp2)
  63. 4 他の論者対ロック / p259 (0144.jp2)
  64. 5 改鋳法制定以後 / p264 (0147.jp2)
  65. 第5章 労働者雇用・育成論 / p277 (0153.jp2)
  66. 第1節 多人口論と勤勉な労働者 / p277 (0153.jp2)
  67. 1 多人口論 / p277 (0153.jp2)
  68. 2 勤勉と節倹の徳 / p279 (0154.jp2)
  69. 3 生産者と労働者 / p282 (0156.jp2)
  70. 第2節 実践的教育論の構造 / p288 (0159.jp2)
  71. 1 ロック教育論の特徴 / p288 (0159.jp2)
  72. 2 『教育論』等における実践的教育論 / p290 (0160.jp2)
  73. 第3節 貧民教育および雇用論 / p296 (0163.jp2)
  74. 1 通商植民委員会と貧民問題 / p296 (0163.jp2)
  75. 2 ロックの「労働救済・雇用計画案」 / p299 (0164.jp2)
  76. 第6章 植民思想 / p313 (0171.jp2)
  77. 第1節 1670年代の植民思想 / p313 (0171.jp2)
  78. 1 カロライナ植民地とロック / p313 (0171.jp2)
  79. 2 『カロライナ基本憲法』におけるロックの植民思想 / p315 (0172.jp2)
  80. 3 カロライナ植民地をめぐるロックの活動と態度 / p321 (0175.jp2)
  81. 4 交易委員会におけるロックの活動 / p327 (0178.jp2)
  82. 5 むすび / p334 (0182.jp2)
  83. 第2節 1690年代の植民思想 / p336 (0183.jp2)
  84. 1 通商植民委員会の設立とロック / p336 (0183.jp2)
  85. 2 ヴァージニア問題とロック / p339 (0184.jp2)
  86. 3 『ヴァージニア論』における植民思想 / p342 (0186.jp2)
  87. 4 その他の植民地問題 / p359 (0194.jp2)
  88. 5 まとめ / p362 (0196.jp2)
  89. 参考文献 / p375 (0202.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091318
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000991919
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255632
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ