カルバモイルメチルラジカルの環化反応とその合成化学的応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 佐藤, 達典 サトウ, タツノリ

書誌事項

タイトル

カルバモイルメチルラジカルの環化反応とその合成化学的応用に関する研究

著者名

佐藤, 達典

著者別名

サトウ, タツノリ

学位授与大学

京都薬科大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第45号

学位授与年月日

1992-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 総論 / p1 (0005.jp2)
  3. 本論 / p8 (0012.jp2)
  4. 第1章 N-アリル-α-クロロアセトアミドの環化反応 / p8 (0012.jp2)
  5. 第1節 N-アリル-α-クロロアセトアミドの環化反応 / p8 (0012.jp2)
  6. 第2節 ピロリジジン骨格の合成 / p18 (0022.jp2)
  7. 第3節 (±)- Mesembranol の立体選択的合成 / p22 (0026.jp2)
  8. 第4節 (±)- Elwesine の立体選択的合成 / p27 (0031.jp2)
  9. 第2章 N-(o- アルケニルフェニル)-2,2-ジクロロアセトアミドの環化反応 / p30 (0034.jp2)
  10. 第1節 N-(o-エテニルフェニル)-2,2-ジクロロアセトアミドの環化反応 / p31 (0035.jp2)
  11. 第2節 N-[o(2- プロペニル)フェニル]-2,2- ジクロロアセトアミドの環化反応 / p36 (0040.jp2)
  12. 第3章 N-ビニル-α-ク口口アセトアミドのラジカル環化反応 / p38 (0042.jp2)
  13. 第1節 4一員環及び5一員環ラクタムの合成 / p39 (0043.jp2)
  14. 第2節 (±)- Cotinineの合成 / p44 (0048.jp2)
  15. 第3節 タンデム型ラジカル環化反応を用いるエリスリナン骨格の合成 / p46 (0050.jp2)
  16. 結論 / p51 (0055.jp2)
  17. 謝辞 / p53 (0057.jp2)
  18. 実験の部 / p54 (0058.jp2)
  19. 本論第1章第1節の実験 / p55 (0059.jp2)
  20. 本論第1章第2節の実験 / p73 (0077.jp2)
  21. 本論第1章第3節の実験 / p80 (0084.jp2)
  22. 本論第1章第4節の実験 / p89 (0093.jp2)
  23. 本論第2章第1節の実験 / p94 (0098.jp2)
  24. 本論第2章第2節の実験 / p104 (0108.jp2)
  25. 本論第3章第1節の実験 / p109 (0113.jp2)
  26. 本論第3章第2節の実験 / p121 (0125.jp2)
  27. 本論第3章第3節の実験 / p125 (0129.jp2)
  28. 引用文献 / p129 (0133.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091340
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091565
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255654
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ