医療民俗学論

この論文をさがす

著者

    • 根岸, 謙之助, 1925- ネギシ, ケンノスケ

書誌事項

タイトル

医療民俗学論

著者名

根岸, 謙之助, 1925-

著者別名

ネギシ, ケンノスケ

学位授与大学

國學院大學

取得学位

民俗学博士

学位授与番号

乙第107号

学位授与年月日

1992-10-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. 医療民俗学総論 / (0010.jp2)
  3. 第一章 医療民俗学の方法 / p3 (0011.jp2)
  4. 第一節 医療民俗学の定義 / p4 (0012.jp2)
  5. 一 民間療法とは / p4 (0012.jp2)
  6. 二 民族医療とは / p6 (0013.jp2)
  7. 三 民間療法と民俗医療のちがい / p7 (0013.jp2)
  8. 四 医療民俗学とは / p9 (0014.jp2)
  9. 五 医療民俗学と医療人類学のちがい / p11 (0015.jp2)
  10. 第二節 民俗医療の特質 / p15 (0017.jp2)
  11. 一 精神構造の後進性 / p15 (0017.jp2)
  12. 二 不確かな知識にもとづく医療 / p17 (0018.jp2)
  13. 三 呪術とは何か / p18 (0019.jp2)
  14. 四 科学と呪術の共存 / p23 (0021.jp2)
  15. 五 呪術は死なず / p24 (0022.jp2)
  16. 第三節 日本の常民と未開人の相違点 / p29 (0024.jp2)
  17. 一 無文字社会モシ族の生活技術 / p29 (0024.jp2)
  18. 二 耳学問による医療技術 / p31 (0025.jp2)
  19. 三 自己流の医療技術 / p34 (0027.jp2)
  20. 第四節 日本人の病理観 / p36 (0028.jp2)
  21. 一 病気の原因 / p36 (0028.jp2)
  22. 二 薬物を用いた古代人の医療 / p39 (0029.jp2)
  23. 三 科学的医療を受けられない常民 / p42 (0031.jp2)
  24. 四 暗示効果による治療 / p43 (0031.jp2)
  25. 五 呪術的医療を支える集団表象 / p45 (0032.jp2)
  26. 第二章 医療の歴史 / p49 (0034.jp2)
  27. 第一節 原始時代の医療 / p50 (0035.jp2)
  28. 一 人骨が語る原始人の医療 / p50 (0035.jp2)
  29. 二 未開人の医療 / p51 (0035.jp2)
  30. 三 縄文人の医療 / p52 (0036.jp2)
  31. 四 弥生人の医療 / p53 (0036.jp2)
  32. 第二節 古代の医療 / p54 (0037.jp2)
  33. 一 医学の伝来 / p54 (0037.jp2)
  34. 二 律令国家の医療制度 / p57 (0038.jp2)
  35. 三 平安時代の医療 / p60 (0040.jp2)
  36. 四 文学作品に描かれた医療 / p65 (0042.jp2)
  37. 五 絵巻物に描かれた医療 / p67 (0043.jp2)
  38. 第三節 中世の医療 / p69 (0044.jp2)
  39. 一 京都に集中した医学者 / p69 (0044.jp2)
  40. 二 僧侶による医療 / p70 (0045.jp2)
  41. 三 宗教者らによる医療 / p72 (0046.jp2)
  42. 四 西洋医学の伝来 / p77 (0048.jp2)
  43. 第四節 近世の医療 / p80 (0050.jp2)
  44. 一 西洋文化の影響 / p80 (0050.jp2)
  45. 二 西洋医学のメッカ長崎 / p81 (0050.jp2)
  46. 三 化学的医療の普及 / p83 (0051.jp2)
  47. 四 幕末の医療 / p85 (0052.jp2)
  48. 第五節 現代の医療 / p94 (0057.jp2)
  49. 一 漢方医学の廃止 / p94 (0057.jp2)
  50. 二 ドイツ医学の採用 / p97 (0058.jp2)
  51. 三 病院の設立 / p99 (0059.jp2)
  52. 四 医学教育 / p102 (0061.jp2)
  53. 五 売薬に依存した医療 / p104 (0062.jp2)
  54. 医療民俗学各論 / (0063.jp2)
  55. 第一章 治療医学的民俗医療 / p109 (0064.jp2)
  56. 第一節 薬物その他による科学的な療法 / p111 (0065.jp2)
  57. 一 内服薬の種類とその用法 / p111 (0065.jp2)
  58. 二 外用薬の種類とその用法 / p120 (0070.jp2)
  59. 三 物理的な療法 / p131 (0075.jp2)
  60. 四 家伝薬 / p135 (0077.jp2)
  61. 第二節 呪術による療法 / p144 (0082.jp2)
  62. 一 内科治療の方法 / p144 (0082.jp2)
  63. 二 外科治療の方法 / p153 (0086.jp2)
  64. 三 歯科・皮膚科治療の方法 / p158 (0089.jp2)
  65. 四 耳鼻咽喉科・眼科治療の方法 / p164 (0092.jp2)
  66. 五 小児科・婦人科治療の方法 / p169 (0094.jp2)
  67. 六 呪歌による治療 / p173 (0096.jp2)
  68. 七 神仏祈願による療法 / p179 (0099.jp2)
  69. 第三節 精神病とその治療 / p187 (0103.jp2)
  70. 一 医療民俗学の視点 / p187 (0103.jp2)
  71. 二 病気の原因と治療の方法 / p191 (0105.jp2)
  72. 三 呪医と巫病 / p203 (0111.jp2)
  73. 四 呪医と役割 / p210 (0115.jp2)
  74. 第二章 予防医学的民俗医療 / p217 (0118.jp2)
  75. 第一節 内科的疾患の予防 / p219 (0119.jp2)
  76. 一 風邪・百日咳の予防 / p219 (0119.jp2)
  77. 二 疱瘡の予防 / p221 (0120.jp2)
  78. 三 中風の予防 / p223 (0121.jp2)
  79. 四 伝染病の予防 / p225 (0122.jp2)
  80. 五 健康増進 / p227 (0123.jp2)
  81. 第二節 外科的疾患の予防 / p230 (0125.jp2)
  82. 一 毒虫の咬害防止 / p230 (0125.jp2)
  83. 二 眼・耳・歯の病気の予防 / p233 (0126.jp2)
  84. 三 その他の病気や怪我の予防 / p235 (0127.jp2)
  85. 第三節 医療としての年中行事 / p237 (0128.jp2)
  86. 一 正月行事 / p237 (0128.jp2)
  87. 二 春の行事 / p245 (0132.jp2)
  88. 三 夏から秋へ / p253 (0136.jp2)
  89. 第三章 妊娠・出産の医療民俗学的考察 / p261 (0140.jp2)
  90. 第一節 妊娠の徴候 / p264 (0142.jp2)
  91. 一 受胎告知 / p264 (0142.jp2)
  92. 二 妊娠の予備知識 / p265 (0142.jp2)
  93. 三 心理的影響が大きい悪阻 / p267 (0143.jp2)
  94. 四 男女の性別を知る方法 / p269 (0144.jp2)
  95. 第二節 マタニティ・ベルトの効用 / p272 (0146.jp2)
  96. 一 腹帯の歴史 / p272 (0146.jp2)
  97. 二 目的と方法 / p274 (0147.jp2)
  98. 三 神社・寺院から受けてくる腹帯 / p275 (0147.jp2)
  99. 四 腹帯に科学的根拠があるか / p276 (0148.jp2)
  100. 五 腹帯を巻く理由 / p278 (0149.jp2)
  101. 第三節 妊婦が守るべきタブー / p281 (0150.jp2)
  102. 一 お産は命がけ / p281 (0150.jp2)
  103. 二 見てはいけない火事と葬式 / p282 (0151.jp2)
  104. 三 躾としてのタブー / p284 (0152.jp2)
  105. 四 胎教 / p286 (0153.jp2)
  106. 五 家族の連帯 / p288 (0154.jp2)
  107. 六 妊婦の食物禁忌 / p290 (0155.jp2)
  108. 第四節 難産を避けるために / p296 (0158.jp2)
  109. 一 小さく生む努力 / p296 (0158.jp2)
  110. 二 労働の効用 / p298 (0159.jp2)
  111. 三 安産祈願講の仲間たち / p301 (0160.jp2)
  112. 四 安産祈願の神詣り / p307 (0163.jp2)
  113. 第五節 分娩の場所と方法 / p312 (0166.jp2)
  114. 一 産小屋と産部屋 / p312 (0166.jp2)
  115. 二 里帰り分娩の意味 / p316 (0168.jp2)
  116. 三 分娩後のタブー / p319 (0169.jp2)
  117. 四 座産と立ち産 / p321 (0170.jp2)
  118. 五 難産のてあて / p325 (0172.jp2)
  119. 第六節 分娩にともなう諸問題 / p328 (0174.jp2)
  120. 一 トリアゲバアサンから産婆へ / p328 (0174.jp2)
  121. 二 夫の役割 / p333 (0176.jp2)
  122. 三 生湯と産着 / p335 (0177.jp2)
  123. 四 分娩直後の処置 / p338 (0179.jp2)
  124. 五 産児調節と異常分娩 / p346 (0183.jp2)
  125. 六 産婦の食事 / p351 (0185.jp2)
  126. 第四章 家畜医療の方法 / p357 (0188.jp2)
  127. 第一節 馬の病気とその治療 / p358 (0189.jp2)
  128. 一 馬は半身上 / p358 (0189.jp2)
  129. 二 馬の性癖 / p360 (0190.jp2)
  130. 三 病気の種類と治療法 / p362 (0191.jp2)
  131. 四 ダイバという魔物 / p364 (0192.jp2)
  132. 第二節 馬の保健と安全祈願 / p367 (0193.jp2)
  133. 一 馬頭観音 / p367 (0193.jp2)
  134. 二 蒼前神 / p369 (0194.jp2)
  135. 三 馬の湯治 / p372 (0196.jp2)
  136. 第三節 年中行事と馬 / p373 (0196.jp2)
  137. 一 馬の年とり / p373 (0196.jp2)
  138. 二 馬の休日 / p375 (0197.jp2)
  139. 三 馬の健康管理 / p377 (0198.jp2)
  140. 第四節 牛の病気とその治療 / p379 (0199.jp2)
  141. 一 農耕牛と乳牛 / p379 (0199.jp2)
  142. 二 病気の種類と薬物による療法 / p381 (0200.jp2)
  143. 三 病気の予防 / p383 (0201.jp2)
  144. 第五節 その他の家畜の病気と治療法 / p388 (0204.jp2)
  145. 一 鶏の病気と治療法 / p388 (0204.jp2)
  146. 二 猫の病気と治療法 / p391 (0205.jp2)
  147. 三 犬の病気と治療法 / p392 (0206.jp2)
  148. 民族医療調査要項 / p394 (0207.jp2)
  149. あとがき / p403 (0211.jp2)
  150. 索引 / p1 (0216.jp2)
12アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091368
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091593
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255682
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ