近代ヨーロッパと東欧 : ポーランド啓蒙の国際関係史的研究

この論文をさがす

著者

    • 中山, 昭吉, 1930- ナカヤマ, アキヨシ

書誌事項

タイトル

近代ヨーロッパと東欧 : ポーランド啓蒙の国際関係史的研究

著者名

中山, 昭吉, 1930-

著者別名

ナカヤマ, アキヨシ

学位授与大学

京都大学

取得学位

文学博士

学位授与番号

乙第7964号

学位授与年月日

1992-11-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. まえがき / p1 (0005.jp2)
  3. 図・表目次 / p10 (0012.jp2)
  4. 凡例 / p13 (0014.jp2)
  5. 略語表 / p14 (0015.jp2)
  6. 序章 / p1 (0015.jp2)
  7. 「啓蒙思想」から「啓蒙」研究へ / p1 (0015.jp2)
  8. 「ヨーロッパ啓蒙」研究における「ポーランド啓蒙」 / p4 (0017.jp2)
  9. 「ポーランド啓蒙」の研究史 / p9 (0019.jp2)
  10. 〔A〕 ポーランド人研究者による主要成果と動向 / p10 (0020.jp2)
  11. 〔B〕 欧米諸国・日本での状況 / p18 (0024.jp2)
  12. 本書の課題点と輪郭・構成 / p20 (0025.jp2)
  13. I ポーランド啓蒙の源流と初期西欧啓蒙 / (0027.jp2)
  14. 第1章 ポーランド16世紀的伝統 / p26 (0028.jp2)
  15. I ポーランド啓蒙の歴史的伝統 / p26 (0028.jp2)
  16. II カジミェシュ大王統治時代と15世紀 / p31 (0030.jp2)
  17. III ルネサンスと宗教改革の16世紀 / p38 (0034.jp2)
  18. IV 反宗教改革とサルマチア主義的バロックの17世紀 / p48 (0039.jp2)
  19. V ポーランド16世紀的伝統の歴史的役割 / p56 (0043.jp2)
  20. 第2章 ポーランド兄弟団(ソッツィーニ派)と初期西欧啓蒙 / p61 (0045.jp2)
  21. I 西欧啓蒙におけるソッツィー二派像 / p61 (0045.jp2)
  22. II ポーランド兄弟団(ソッツィーニ派)研究小史―概念規定と関連づけて― / p65 (0047.jp2)
  23. III ポーランド兄弟団の成立過程 / p74 (0052.jp2)
  24. IV 教団組織の確立とソッツィーニの役割 / p83 (0056.jp2)
  25. V 全盛期ラクフとその国外布教活動 / p91 (0060.jp2)
  26. VI 離散ポーランド兄弟団と形成期西欧啓蒙―ロックにおける「準ポーランド兄弟団」的原像― / p102 (0066.jp2)
  27. VII 形成期ポーランド啓蒙の国際的地平線―小括と展望― / p116 (0073.jp2)
  28. II 「啓蒙の世紀」ヨーロッパのポーランド啓蒙 / (0076.jp2)
  29. 第3章 フランス啓蒙と亡命国王レシチンスキ / p124 (0077.jp2)
  30. I レシチンスキ研究の意義と課題 / p124 (0077.jp2)
  31. II ヴォルテールとポーランド16世紀的伝統 / p128 (0079.jp2)
  32. III レシチンスキと先駆的啓蒙君主への道 / p136 (0083.jp2)
  33. IV レシチンスキとモンテスキューの交流 / p146 (0088.jp2)
  34. V ポーランド啓蒙形成者レシチンスキの歴史的役割 / p160 (0095.jp2)
  35. 第4章 コナルスキにみる先駆的ポーランド啓蒙思想家像 / p168 (0099.jp2)
  36. I 成立・確立期ポーランド啓蒙とコナルスキの役割 / p168 (0099.jp2)
  37. II 前期ザクセン王朝時代の人間形成 / p170 (0100.jp2)
  38. III 文化的外圧下の教育改革事業 / p178 (0104.jp2)
  39. IV 著作活動とその『議会の効果的運営』 / p190 (0110.jp2)
  40. V 国民教育委員会創設ヘの貢献 / p199 (0114.jp2)
  41. VI ポーランド啓蒙におけるコナルスキの位置 / p206 (0118.jp2)
  42. 第5章 「1791年5月3日憲法」とコウォンタイの役割 / p213 (0121.jp2)
  43. I 研究状況と問題の所在 / p213 (0121.jp2)
  44. II ポニャトフスキの国政改革路線―4年議会の成立背景― / p216 (0123.jp2)
  45. III コウォンタイとその憲法草案 / p223 (0126.jp2)
  46. IV 「1791年5月3日憲法」の全容 / p233 (0131.jp2)
  47. V 環大西洋啓蒙革命史上の意義 / p245 (0137.jp2)
  48. 第6章 コシチューシコ蜂起敗北とユダヤ人 / p258 (0144.jp2)
  49. I コシチューシコ蜂起研究におけるユダヤ人 / p258 (0144.jp2)
  50. II ユダヤ人と蜂起参加への道 / p261 (0145.jp2)
  51. III 蜂起指導部のユダヤ人政策 / p269 (0149.jp2)
  52. IV ユダヤ人の蜂起活動とその役割 / p276 (0153.jp2)
  53. V 蜂起敗因とユダヤ人問題 / p283 (0156.jp2)
  54. VI 第3次分割と最高揚期ポーランド啓蒙革命 / p289 (0159.jp2)
  55. III ナポレオン・ウィーン両体制下の啓蒙ポーランド18世紀的伝統 / (0163.jp2)
  56. 第7章 コシチューシコにおける反ナポレオン的行動原理 / p298 (0164.jp2)
  57. I ワルシャワ公国成立期の対ナポレオン関係―コシチューシコ研究の問題点― / p298 (0164.jp2)
  58. II 蜂起への道程とリトアニア地域主義 / p304 (0167.jp2)
  59. III ブリュメール18日直後の主体的思想 / p313 (0171.jp2)
  60. IV 親チャルトリスキ家的立場の反ナポレオン性 / p323 (0176.jp2)
  61. V 国民的英雄像の原点とリトアニア啓蒙 / p332 (0181.jp2)
  62. 第8章 スターシツとポーランド初期汎スラヴ主義 / p337 (0183.jp2)
  63. I ウィーン体制確立期のスターシツ / p337 (0183.jp2)
  64. II 分割時代の啓蒙的人間形成 / p339 (0184.jp2)
  65. III 国家滅亡とスラヴ主義への覚醒 / p348 (0189.jp2)
  66. IV ナポレオン時代と汎スラヴ主義の創出過程 / p354 (0192.jp2)
  67. V ポーランド初期汎スラヴ主義の概要 / p361 (0195.jp2)
  68. VI スターシツ研究と汎スラヴ主義論 / p374 (0202.jp2)
  69. 第9章 「諸民族の春」と再生ポーランド啓蒙―ウィーン体制期ハスカラーと関連づけて― / p379 (0204.jp2)
  70. I 「1848年革命」研究への新視点 / p379 (0204.jp2)
  71. II 1846年クラクフ蜂起の成立背景と展開 / p384 (0207.jp2)
  72. III クラクフ蜂起からパリ2月革命へ―その連続的継起性― / p396 (0213.jp2)
  73. IV 啓蒙ポーランド18世紀的伝統と「諸民族の春」 / p416 (0223.jp2)
  74. V 再生ポーランド啓蒙革命としての「諸民族の春」 / p428 (0229.jp2)
  75. あとがき / p435 (0232.jp2)
  76. 文献一覧 / p441 (0235.jp2)
  77. ポーランド啓蒙関係略年表 / p466 (0248.jp2)
  78. 英文要約 / p476 (0253.jp2)
  79. 索引 / p487 (0258.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091385
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091610
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255699
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ