ラベリング論の諸相と犯罪学の課題

この論文をさがす

著者

    • 吉岡, 一男, 1946- ヨシオカ, カズオ

書誌事項

タイトル

ラベリング論の諸相と犯罪学の課題

著者名

吉岡, 一男, 1946-

著者別名

ヨシオカ, カズオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

法学博士

学位授与番号

乙第7967号

学位授与年月日

1992-11-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p3 (0005.jp2)
  3. はしがき / p1 (0004.jp2)
  4. 目次 / p3 (0005.jp2)
  5. 凡例 / p7 (0007.jp2)
  6. 第1章 序説 / p1 (0008.jp2)
  7. 第1節 ラべリング論とは何か / p1 (0008.jp2)
  8. 第2節 わが国における紹介の状況 / p15 (0015.jp2)
  9. 第2章 ラベリング論の展開 / p35 (0025.jp2)
  10. 第1節 Becker 1963と引用文献 / p35 (0025.jp2)
  11. (1) Becker,アウトサイダース,1963 / p35 (0025.jp2)
  12. (2) Tannenbaum,犯罪と社会,1938 / p48 (0032.jp2)
  13. (3) Lemert, 社会病理学, 1951 / p53 (0034.jp2)
  14. (4) Kitsuse, 社会的反作用, 1962 など / p63 (0039.jp2)
  15. 第2節 逸脱研究の新アプローチ / p75 (0045.jp2)
  16. (1) Becker 1964 と収録論文 / p75 (0045.jp2)
  17. (2) Erikson, 逸脱社会学ノート, 1962 など / p79 (0047.jp2)
  18. (3) Schur 1965 における一派としての理解 / p88 (0052.jp2)
  19. (4) Scheff 1966 の精神障害の研究 / p93 (0054.jp2)
  20. 第3節 批判対象としてのラベリング論 / p104 (0060.jp2)
  21. (1) Cohen 1966 逸脱行動の一般理論における扱い / p104 (0060.jp2)
  22. (2)Gibbs 1966 による新構想の批判 / p113 (0064.jp2)
  23. (3) Sagarin 1967 によるBecker批判 / p118 (0067.jp2)
  24. (4) Bordua 1967によるラべリング論批判 / p120 (0068.jp2)
  25. 第4節 逸脱研究の立場性とラベリング論への批判 / p133 (0074.jp2)
  26. (1) Becker 1967 逸脱研究の立場性 / p133 (0074.jp2)
  27. (2) Gouldner 1968 によるBecker 批判 / p137 (0076.jp2)
  28. (3) Akers 1968 によるラベリング視点の批判 / p143 (0079.jp2)
  29. (4) AIvarez 1968におけるラベリング学派の批判 / p150 (0083.jp2)
  30. 第5節 代替呼称と肯定的評価 / p156 (0086.jp2)
  31. (1) Rubington/Weinberg 1968 の相互作用主義 / p156 (0086.jp2)
  32. (2) Schur 1969 の社会的反作用 / p163 (0089.jp2)
  33. (3) Matza 1969 における新シカゴ学派 / p168 (0092.jp2)
  34. (4) Platt 1969 における肯定的紹介 / p173 (0094.jp2)
  35. 第6節 まとめ:ラペリング綸の呼称 / p176 (0096.jp2)
  36. 第3章 ラベリング論の諸相 / p181 (0098.jp2)
  37. 第1節 分析の枠組と概観 / p181 (0098.jp2)
  38. (1) ラベリング論の三つの局面 / p181 (0098.jp2)
  39. (2) 逸脱現象の本質規定 / p182 (0099.jp2)
  40. (3) ラべリングのプロセス / p185 (0100.jp2)
  41. (4) ラベリングの効果 / p187 (0101.jp2)
  42. 第2節 逸脱規定におけるラベル・ラベリングの援用 / p189 (0102.jp2)
  43. (1) 逸脱の定義 / p189 (0102.jp2)
  44. (2) 逸脱現象の全体像 / p199 (0107.jp2)
  45. (3) 逸脱の数 / p200 (0108.jp2)
  46. (4) 逸脱行為と逸脱者 / p203 (0109.jp2)
  47. (5) 逸脱研究の立場性 / p210 (0113.jp2)
  48. 第3節 ラベリング過程の解明 / p218 (0117.jp2)
  49. (1) 相互作用としてのラベリング過程 / p218 (0117.jp2)
  50. (2) 規則執行としてのラベリング / p223 (0119.jp2)
  51. (3) 規則の制定と類型的ラベリング / p228 (0122.jp2)
  52. (4) 具体的ラベリングと対象実体 / p234 (0125.jp2)
  53. (5) ラベリングの関連要因 / p240 (0128.jp2)
  54. (6) 逸脱者ラベリング / p251 (0133.jp2)
  55. (7) ラベリングプロセスの全体状況 / p254 (0135.jp2)
  56. 第4節 ラベリングの効果についての主張 / p259 (0137.jp2)
  57. (1) ラベリング論は逸税原因論か / p259 (0137.jp2)
  58. (2) 逸脱ラベリングの順機能 / p267 (0141.jp2)
  59. (3) ラベリングの有害効果 / p269 (0142.jp2)
  60. (4) ラベリングによる逸脱実体の創出 / p272 (0144.jp2)
  61. 第5節 ラベリング論とその帰結 / p279 (0147.jp2)
  62. (1) 3局面の相互関連 / p279 (0147.jp2)
  63. (2) ラベリング論の理念型 / p286 (0151.jp2)
  64. (3) ラベリング論的所説の現実 / p287 (0151.jp2)
  65. (4) ラベリングと実体 / p289 (0152.jp2)
  66. (5) ラベリング論の現実形態と帰結 / p294 (0155.jp2)
  67. 第4章 ラベリング論と犯罪学 / p297 (0156.jp2)
  68. 第1節 アメリカ犯罪学と逸脱の社会学 / p297 (0156.jp2)
  69. (1) 犯罪者処遇と臨床的犯罪学 / p297 (0156.jp2)
  70. (2) 社会学的犯罪学の展開 / p300 (0158.jp2)
  71. (3) 社会病理学から逸脱社会学へ / p304 (0160.jp2)
  72. 第2節 犯罪学理論におけるラベリング論 / p308 (0162.jp2)
  73. (1) ラベリング論的所説の受容と位置づけ / p308 (0162.jp2)
  74. (2) 新しい犯罪学の動向とラベリング論 / p314 (0165.jp2)
  75. (3) 保守的犯罪学との対抗 / p318 (0167.jp2)
  76. 第3節 犯罪現象とラベリング倫 / p320 (0168.jp2)
  77. (1) 犯罪におけるラベルと実体 / p321 (0168.jp2)
  78. (2) 犯罪ラベリングの問題性 / p324 (0170.jp2)
  79. (3) 犯罪ラベリングの効果 / p326 (0171.jp2)
  80. 第4節 犯罪学の課題とその解決 / p328 (0172.jp2)
  81. (1) ラベリングによる研究対象の吟味 / p329 (0172.jp2)
  82. (2) ラべリングの問題解決 / p330 (0173.jp2)
  83. (3) 犯罪ラベリングの回避 / p331 (0173.jp2)
  84. あとがき / p333 (0174.jp2)
  85. 文献一覧 / p334 (0175.jp2)
  86. 人名索引 / p354 (0185.jp2)
  87. 事項索引 / p363 (0189.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091388
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091613
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255702
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ