価値論のポテンシャル

この論文をさがす

著者

    • 梅沢, 直樹, 1949- ウメザワ, ナオキ

書誌事項

タイトル

価値論のポテンシャル

著者名

梅沢, 直樹, 1949-

著者別名

ウメザワ, ナオキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

経済学博士

学位授与番号

乙第7968号

学位授与年月日

1992-11-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p3 (0005.jp2)
  3. まえがき / p1 (0004.jp2)
  4. 第1篇 価値・生産価格間接的連関説 / p3 (0008.jp2)
  5. 第1章 価格・生産価格関係論の焦点 / p4 (0009.jp2)
  6. 1 問題の所在とその含意 / p4 (0009.jp2)
  7. 2 解決方向の整理と諸概念の整備 / p18 (0016.jp2)
  8. 第2章 価値・生産価格論研究史―その到達点を中心に― / p38 (0026.jp2)
  9. 1 日本における諸研究 / p38 (0026.jp2)
  10. 2 第二次転形問題論争 / p52 (0033.jp2)
  11. 第3章「労働」価値説の二本の基軸 / p71 (0042.jp2)
  12. 1「労働」という範疇の背景―抽象的人間労働論― / p71 (0042.jp2)
  13. 2 交換の世界の論理とその介の含意 / p88 (0051.jp2)
  14. 第4章 資本制商品における二つの世界の接合 / p107 (0060.jp2)
  15. 1 接合の態様 / p107 (0060.jp2)
  16. 2 二つの世界の量的連関 / p124 (0069.jp2)
  17. 3 総括 / p133 (0073.jp2)
  18. 補論 マルクスの生産価格論の意義と限界 / p150 (0082.jp2)
  19. 1 マルクスの生産価格論とリカードウの価値修正論 / p150 (0082.jp2)
  20. 2 二つの次元の直接的連続性を媒介した契機 / p152 (0083.jp2)
  21. 3 マルクス説の批判的検討 / p156 (0085.jp2)
  22. 第2篇 価値・生産価格間接的連関説の射程 / p161 (0087.jp2)
  23. 第5章 価値形態論の現代性―その基底的契機の再措定を踏まえて― / p162 (0088.jp2)
  24. 1 はじめに / p162 (0088.jp2)
  25. 2 マルクス価値形態論の曖昧さ / p163 (0088.jp2)
  26. 3 基本的契機の再措定 / p168 (0091.jp2)
  27. 4 価値形態論の現代的意義 / p175 (0094.jp2)
  28. 5 付論―ソ連,東欧情勢の読み方― / p181 (0097.jp2)
  29. 第6章 資本制商品の物神性―廣松説の真の意味― / p189 (0101.jp2)
  30. 1 はじめに / p189 (0101.jp2)
  31. 2 マルクス説の検討 / p192 (0103.jp2)
  32. 3 資本制商品の物神性の根拠 / p196 (0105.jp2)
  33. 4 総括 / p202 (0108.jp2)
  34. 第7章 貨幣の資本への転化―いかなる意味で資本は流通形態か― / p206 (0110.jp2)
  35. 1 はじめに / p206 (0110.jp2)
  36. 2 狭義の貨幣の資本への転化 / p209 (0111.jp2)
  37. 3 資本の三形式 / p212 (0113.jp2)
  38. 4 総括 / p217 (0115.jp2)
  39. 第8章 労働力商品の特殊性―方法論的含意を射程に― / p222 (0118.jp2)
  40. 1 はじめに / p222 (0118.jp2)
  41. 2 労働力商品の特殊性 / p224 (0119.jp2)
  42. 3 意識を持つ商品であることの射程 / p231 (0122.jp2)
  43. 4 資本概念から見た資本制商品の多様性 / p234 (0124.jp2)
  44. 5 総括 / p236 (0125.jp2)
  45. 第9章 「労働」価値説の現代的意義―その相対化を通じての再生― / p245 (0129.jp2)
  46. 1 はじめに / p245 (0129.jp2)
  47. 2 主要かつ相対的に希少な生産要素としての労働 / p247 (0130.jp2)
  48. 3 負担としての労働ないし労働時間 / p253 (0133.jp2)
  49. 4 労働価値説の相対性 / p257 (0135.jp2)
  50. 5 総括 / p261 (0137.jp2)
  51. 引用・参照文献 / p268 (0141.jp2)
  52. 人名索引 / p277 (0145.jp2)
  53. 事項索引 / p278 (0146.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091389
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091614
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255703
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ