古典派貿易理論の展開

この論文をさがす

著者

    • 吉信, 粛, 1927- ヨシノブ, ススム

書誌事項

タイトル

古典派貿易理論の展開

著者名

吉信, 粛, 1927-

著者別名

ヨシノブ, ススム

学位授与大学

京都大学

取得学位

経済学博士

学位授与番号

乙第7969号

学位授与年月日

1992-11-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p11 (0008.jp2)
  3. 第I部 学説史 / (0011.jp2)
  4. 第1章 古典派経済学と国際分業論―A.スミスの余剰はけ口説をめぐって― / p5 (0012.jp2)
  5. 1. はじめに / p5 (0012.jp2)
  6. 2. 余剰はけ口説とリカードウ=J.S.ミルの評価 / p7 (0013.jp2)
  7. 3. 余剰はけ口説の近代理論的復活 / p9 (0014.jp2)
  8. 4. 余剰はけ口説の近代理論的包摂 / p16 (0018.jp2)
  9. 5. スミス体系における位置づけ / p18 (0019.jp2)
  10. 6. むすび / p22 (0021.jp2)
  11. 第2章 比較生産費説の生成―R.トレンズの“The Economists Refuted”を中心として― / p29 (0024.jp2)
  12. 1. はじめに / p29 (0024.jp2)
  13. 2.“The Economists Refuted”成立の機縁 / p30 (0025.jp2)
  14. 3. 方法論と内容 / p32 (0026.jp2)
  15. 4. 評価の方向 / p38 (0029.jp2)
  16. 第3章 古典派国際貿易論と経済学体系 / p43 (0031.jp2)
  17. 1. はじめに / p43 (0031.jp2)
  18. 2. リカードウ経済学体系に関するスラッファの新解釈をめぐって / p44 (0032.jp2)
  19. 3. いくつかの支配的見解 / p51 (0035.jp2)
  20. 4. ミル父子の経済学体系における外国貿易論の位置づけとスミス=リカードウ体系の解体 / p58 (0039.jp2)
  21. 第4章 リカードウ「比較生産費説」の論理構造 / p69 (0044.jp2)
  22. 1. はじめに / p69 (0044.jp2)
  23. 2. 問題の提起 / p69 (0044.jp2)
  24. 3. 行沢の見解に対する疑問と検討課題 / p76 (0048.jp2)
  25. 4. W.O.スウェット(William O.Thweatt)の見解 / p82 (0051.jp2)
  26. 5. ミル父子のリカードウ継承をめぐるW.O.スウェットの新見解 / p94 (0057.jp2)
  27. 6. リカードウ理論の論理構造 / p105 (0062.jp2)
  28. 7. むすび―リカードウ理論の限界 / p125 (0072.jp2)
  29. 第5章 J.S.ミルと世界市場における競争 / p139 (0079.jp2)
  30. 1. はじめに / p139 (0079.jp2)
  31. 2. J.S.ミル理論の構造 / p140 (0080.jp2)
  32. 3. F.W.タウシッグによるJ.S.ミル理論の補完 / p145 (0082.jp2)
  33. 4. J.S.ミル理論の問題点 / p150 (0085.jp2)
  34. 5. むすび―具体的な問題との関連で / p161 (0090.jp2)
  35. 第Ⅱ部 問題史 / (0093.jp2)
  36. 第6章 国際貿易理論史上における国家 / p169 (0094.jp2)
  37. 1.はじめに / p169 (0094.jp2)
  38. 2. 古典学派とその解体期における理論 / p170 (0095.jp2)
  39. 3. バスタブル―「正統派」的集大成者 / p175 (0097.jp2)
  40. 4. 代表的近代理論〔その1〕 / p178 (0099.jp2)
  41. 5. 代表的近代理論〔その2〕 / p185 (0102.jp2)
  42. 6. むすび / p195 (0107.jp2)
  43. 第7章 外国貿易・資本の「文明化」作用― / p199 (0109.jp2)
  44. ―その思想史的背景と意義― / p199 (0109.jp2)
  45. 1. はじめに / p199 (0109.jp2)
  46. 2.「……」または「いわゆる」の内容―学説史的検討 / p200 (0110.jp2)
  47. 3. マルクスの「文明化」作用把握 / p211 (0115.jp2)
  48. 4. 現在の問題のなかで / p225 (0122.jp2)
  49. 5. むすび―世界経済論の枠組みをめぐって / p229 (0124.jp2)
  50. 事項索引 / p241 (0130.jp2)
  51. 人名検索 / p244 (0132.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091390
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091615
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255704
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ