鋼構造物の経年耐久性に関する実証的研究

この論文をさがす

著者

    • 島田, 喜十郎 シマダ, キジュウロウ

書誌事項

タイトル

鋼構造物の経年耐久性に関する実証的研究

著者名

島田, 喜十郎

著者別名

シマダ, キジュウロウ

学位授与大学

京都大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第7992号

学位授与年月日

1992-11-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1編 総論 / p1 (0007.jp2)
  4. 第1章 概説 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.1.1 はじめに / p1 (0007.jp2)
  6. 1.1.2 塗装鋼構造物の長期経年耐用と管理に関する研究の必要性 / p2 (0008.jp2)
  7. 1.1.3 長期経年管理費用の低減に関する構造物の研究の必要性 / p3 (0009.jp2)
  8. 第2章 鋼構造物の経年管理と計画、設計上の配慮 / p6 (0012.jp2)
  9. 1.2.1 長期経年耐久鋼構造物の管理現況 / p6 (0012.jp2)
  10. 1.2.2 総合的構造設計へのアプローチ / p9 (0015.jp2)
  11. 1.2.3 構造物計画設計の要求条件に対する一考察 / p13 (0019.jp2)
  12. 第3章 本論文の内容 / p17 (0023.jp2)
  13. 1.3.1 本研究の必要性と構成 / p17 (0023.jp2)
  14. 1.3.2 本論文の内容の概要 / p17 (0023.jp2)
  15. 参考文献 / p19 (0025.jp2)
  16. 第2編 塗装耐候性鋼材(P材)の実用経年管理に関する研究 / p20 (0026.jp2)
  17. 第1章 海上橋梁用塗装耐候性鋼材(P材)の製造仕様に関する検討 / p20 (0026.jp2)
  18. 2.1.1 概説 / p20 (0026.jp2)
  19. 2.1.2 耐候性鋼材の溶接特性と鋼材製造仕様 / p21 (0027.jp2)
  20. 2.1.3 総括 / p28 (0034.jp2)
  21. 参考文献 / p29 (0035.jp2)
  22. 第2章 海塩粒子の影響をうける鋼構造物の塗装に関する研究 / p30 (0036.jp2)
  23. 2.2.1 概説 / p30 (0036.jp2)
  24. 2.2.2 塗装系選定における基本事項 / p30 (0036.jp2)
  25. 2.2.3 耐候性鋼材の塗装仕様に関する検討 / p33 (0039.jp2)
  26. 2.2.4 神戸大橋塗装仕様の経年追跡調査 / p47 (0053.jp2)
  27. 2.2.5 総括 / p60 (0066.jp2)
  28. 参考文献 / p61 (0067.jp2)
  29. 第3章 海上鋼構造物の経年実態調査 / p62 (0068.jp2)
  30. 2.3.1 概説 / p62 (0068.jp2)
  31. 2.3.2 海塩粒子の付着特性 / p63 (0069.jp2)
  32. 2.3.3 海上鋼構造物の劣化実態調査 / p71 (0077.jp2)
  33. 2.3.4 塗膜劣化と耐久性に関する検討 / p81 (0087.jp2)
  34. 2.3.5 総括 / p90 (0096.jp2)
  35. 参考文献 / p91 (0097.jp2)
  36. 第4章 海上塗装鋼構造物の経年劣化と管理システムに関する研究 / p92 (0098.jp2)
  37. 2.4.1 概説 / p92 (0098.jp2)
  38. 2.4.2 塗膜劣化に関する理論的考察 / p92 (0098.jp2)
  39. 2.4.3 塗装鋼構造物の経年管理システムの検討 / p100 (0106.jp2)
  40. 2.4.4 総括 / p106 (0112.jp2)
  41. 参考文献 / p107 (0113.jp2)
  42. 第3編 無塗装使用耐候性鋼材(W材)の実用経年管理に関する研究 / p108 (0114.jp2)
  43. 第1章 耐候性鋼材無塗装使用構造物の展望 / p108 (0114.jp2)
  44. 3.1.1 概説 / p108 (0114.jp2)
  45. 3.1.2 W材のJIS制定と最近の動向 / p108 (0114.jp2)
  46. 3.1.3 耐候性鋼材裸使用に関する配慮点 / p109 (0115.jp2)
  47. 参考文献 / p113 (0119.jp2)
  48. 第2章 海塩粒子の挙動に関する調査研究 / p114 (0120.jp2)
  49. 3.2.1 耐候性鋼材の防食防錆特性 / p114 (0120.jp2)
  50. 3.2.2 海塩粒子の分布挙動特性 / p118 (0124.jp2)
  51. 3.2.3 海塩粒子の飛来分布調査と鋼材腐食量の検討 / p126 (0132.jp2)
  52. 3.2.4 ひよどり地区A橋(岩山東大橋)に対する耐候性鋼材腐食量の推定 / p138 (0144.jp2)
  53. 参考文献 / p140 (0146.jp2)
  54. 第3章 鋼材腐食に伴う構造劣化挙動の検討 / p141 (0147.jp2)
  55. 3.3.1 鋼材腐食による構造物の破壊特性 / p141 (0147.jp2)
  56. 3.3.2 腐食に伴う部材断面減少による鋼橋構造物の性状変化 / p141 (0147.jp2)
  57. 第4章 管理システムに関する一考察 / p157 (0163.jp2)
  58. 3.4.1 耐候性鋼材裸使用構造物のメンテナンスフリーの概念 / p157 (0163.jp2)
  59. 3.4.2 耐候性鋼材裸使用構造物の特徴 / p157 (0163.jp2)
  60. 3.4.3 耐候性鋼材裸使用構造物の経年管理の検討基本事項 / p159 (0165.jp2)
  61. 3.4.4 防食計画 / p160 (0166.jp2)
  62. 3.4.5 監視システム / p164 (0170.jp2)
  63. 3.4.6 管理限界超過に対する処置 / p167 (0173.jp2)
  64. 第5章 実橋への適用例 / p168 (0174.jp2)
  65. 3.5.1 適用橋の岩山東大橋の概要 / p168 (0174.jp2)
  66. 3.5.2 鋼材腐食減量に伴う力学挙動の検討 / p171 (0177.jp2)
  67. 3.5.3 防食計画 / p176 (0182.jp2)
  68. 3.5.4 監視システム / p178 (0184.jp2)
  69. 3.5.5 経年管理システムの適用と今後の管理実務 / p183 (0189.jp2)
  70. 第4編 総括 / p185 (0191.jp2)
  71. 第1章 成果の概括 / p185 (0191.jp2)
  72. 第2章 経年管理とメンテナンスにおける問題点の提起と課題 / p188 (0194.jp2)
  73. 謝辞 / p190 (0196.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091413
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091638
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255727
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ