カデスリン類縁体を中心とする合成ピレスロイドの定量的構造活性相関と作用機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松田, 一彦 マツダ, カズヒコ

書誌事項

タイトル

カデスリン類縁体を中心とする合成ピレスロイドの定量的構造活性相関と作用機構に関する研究

著者名

松田, 一彦

著者別名

マツダ, カズヒコ

学位授与大学

京都大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第8013号

学位授与年月日

1992-11-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 緒論 / p1 (0007.jp2)
  4. 第1章 置換ベンジル“カデスリン”酸エステル類の定量的構造活性相関 / p5 (0009.jp2)
  5. 1-1 緒言 / p5 (0009.jp2)
  6. 1-2 実験方法 / p6 (0010.jp2)
  7. 1-3 実験結果 / p17 (0015.jp2)
  8. 1-4 考察 / p26 (0020.jp2)
  9. 第2章 ピレスロイドの神経軸索膜に対する脱分極効果の解析 / p32 (0023.jp2)
  10. 2-1 緒言 / p32 (0023.jp2)
  11. 2-2 実験方法 / p33 (0023.jp2)
  12. 2-3 実験結果 / p38 (0026.jp2)
  13. 2-4 考察 / p50 (0032.jp2)
  14. 第3章 ピレスロイドによるイエバエのノックダウン症状の進行過程の解析 / p55 (0034.jp2)
  15. 3-1 緒言 / p55 (0034.jp2)
  16. 3-2 実験方法 / p55 (0034.jp2)
  17. 3-3 実験結果 / p62 (0038.jp2)
  18. 3-4 考察 / p68 (0041.jp2)
  19. 第4章 ピレスロイドによる神経軸索膜の電位変化過程の解析 / p71 (0042.jp2)
  20. 4-1 緒言 / p71 (0042.jp2)
  21. 4-2 実験方法 / p71 (0042.jp2)
  22. 4-3 実験結果 / p75 (0044.jp2)
  23. 4-4 考察 / p88 (0051.jp2)
  24. 第5章 神経作用性殺虫剤ピレスロイドおよびmethoxychlorとカルモジュリン阻害剤W-7の神経生理活性の比較 / p93 (0053.jp2)
  25. 5-1 緒言 / p93 (0053.jp2)
  26. 5-2 実験方法 / p94 (0054.jp2)
  27. 5-3 実験結果 / p105 (0059.jp2)
  28. 5-4 考察 / p111 (0062.jp2)
  29. 第6章 化合物の合成 / p115 (0064.jp2)
  30. 6-1 緒言 / p115 (0064.jp2)
  31. 6-2 化合物の同定および試薬類 / p115 (0064.jp2)
  32. 6-3 置換ベンジルアルコールおよびブロミド類の合成 / p116 (0065.jp2)
  33. 6-4 置換ベンジル“カデスリン"酸エステル類の合成 / p133 (0073.jp2)
  34. 第7章 総括 / p136 (0075.jp2)
  35. 謝辞 / p139 (0076.jp2)
  36. 発表論文 / p140 (0077.jp2)
  37. 引用文献 / p142 (0078.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091434
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091659
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255748
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ