フランス不法行為責任の研究

この論文をさがす

著者

    • 新関, 輝夫, 1941- シンセキ, テルオ

書誌事項

タイトル

フランス不法行為責任の研究

著者名

新関, 輝夫, 1941-

著者別名

シンセキ, テルオ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

法学博士

学位授与番号

乙第4190号

学位授与年月日

1992-06-03

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類 : 法学博士(論文) 学位授与年月日:平成4年6月3日 新関輝夫氏の博士論文として提出された

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. はしがき / p1 (0003.jp2)
  3. 第一章 無生物責任の成立 / p1 (0007.jp2)
  4. 一 序説 / p1 (0007.jp2)
  5. 二 判例の展開 / p3 (0008.jp2)
  6. 三 一八九六年判決に対するエスマンの評 / p21 (0017.jp2)
  7. 四 一八九六年判決に対するサレイユの評 / p26 (0020.jp2)
  8. 五 結びにかえて / p32 (0023.jp2)
  9. 第二章 フランスの損害賠償制度における無生物責任法理の展開 / p38 (0026.jp2)
  10. 一 序説 / p38 (0026.jp2)
  11. ニ 無生物から生じた火災と一九二二年法の成立 / p39 (0026.jp2)
  12. 三 爆発事故 / p49 (0031.jp2)
  13. 四 自動車事故 / p56 (0035.jp2)
  14. 五 結びにかえて / p59 (0036.jp2)
  15. 第三章 無生物責任法理の自動車事故への適用過程 / p66 (0040.jp2)
  16. 一 序説 / p66 (0040.jp2)
  17. 二 無生物責任法理適用否定判決とその論理 / p67 (0040.jp2)
  18. 三 適用肯定判決とその諭理 / p70 (0042.jp2)
  19. 四 ジャンドール判決への収束 / p77 (0045.jp2)
  20. 五 結びにかえて / p106 (0060.jp2)
  21. 第四章 フランス不法行為法における無生物責任法理の理論的基礎に関する研究 / p118 (0066.jp2)
  22. 一 序章 / p118 (0066.jp2)
  23. 二 契約責任説の台頭とその限界 / p120 (0067.jp2)
  24. 三 一三八六条適用説とその限界 / p127 (0070.jp2)
  25. 四 無生物責任法理の基礎理論としてのリスクの理論 / p131 (0072.jp2)
  26. 第五章 結章 / p237 (0125.jp2)
  27. 参考文献 / p1 (0128.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091517
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000991941
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000255831
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ