共鳴ラマンを中心とする分子スペクトル法の高速液体クロマトグラフィーにおける高選択性検出への応用 APPLICATION OF SPECTROSCOPY FOCUSSED IN RESONANCE RAMAN EFFECT AND OTHER MOLECULAR SPECTROSCOPY FOR HIGHLY SELECTIVE DETECTION IN HIGH PERFORMANCE LIQUID CHROMATOGRAPHY

この論文をさがす

著者

    • 小泉, 均 コイズミ, ヒトシ

書誌事項

タイトル

共鳴ラマンを中心とする分子スペクトル法の高速液体クロマトグラフィーにおける高選択性検出への応用

タイトル別名

APPLICATION OF SPECTROSCOPY FOCUSSED IN RESONANCE RAMAN EFFECT AND OTHER MOLECULAR SPECTROSCOPY FOR HIGHLY SELECTIVE DETECTION IN HIGH PERFORMANCE LIQUID CHROMATOGRAPHY

著者名

小泉, 均

著者別名

コイズミ, ヒトシ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第4194号

学位授与年月日

1992-06-03

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:博士(工学) (論文) 学位授与年月日:平成4年6月3日

目次

  1. 目次 / p7 (0008.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0010.jp2)
  3. 1・1 クロマトグラフィーの進歩 / p2 (0011.jp2)
  4. 1・2 高速液体クロマトグラフィーの現状 / p4 (0012.jp2)
  5. 1・3 クロマトグラフィーと分光法との複合システム / p16 (0018.jp2)
  6. 1・4 レーザーを用いたHPLC用検出器 / p20 (0020.jp2)
  7. 1・5 レーザーラマン分光法とそのHPLC用検出器への適用 / p24 (0022.jp2)
  8. 1・6 クロマトグラフィーにおける誘導体化 / p29 (0024.jp2)
  9. 1・7 本研究の目的と概要 / p32 (0026.jp2)
  10. 文献 / p36 (0028.jp2)
  11. 第2章 誘導体化を併用する共鳴ラマン法の高選択性検出への応用 / p45 (0032.jp2)
  12. 2・1 緒言 / p46 (0033.jp2)
  13. 2・2 レーザーラマン分光光度計とラマン散乱光の測定 / p48 (0034.jp2)
  14. 2・3 脂肪族アルデヒドの2,4-ジニトロフェニルヒドラゾン誘導体のHPLC/共鳴ラマン検出による分析 / p50 (0035.jp2)
  15. 2・4 脂肪族アミンおよびアルデヒドのダブシル誘導体のHPLC/共鳴ラマン検出による分析 / p57 (0038.jp2)
  16. 2・5 ミクロおよびセミ・ミクロHPLCにおける共鳴ラマン検出 / p65 (0042.jp2)
  17. 2・6 共鳴ラマン検出法による長鎖脂肪族カルボン酸のセミ・ミクロHPLC / p75 (0047.jp2)
  18. 文献 / p81 (0050.jp2)
  19. 第3章 HPLC/共鳴ラマン検出法の実試料分析への応用 / p83 (0051.jp2)
  20. 3・1 緒言 / p84 (0052.jp2)
  21. 3・2 塩化ビニル樹脂中の紫外線吸収剤の定量への応用 / p84 (0052.jp2)
  22. 3・3 セミ・ミクロカラムを用いる還元糖の定量への応用 / p93 (0056.jp2)
  23. 文献 / p101 (0060.jp2)
  24. 第4章 赤外・紫外・蛍光などの分子スペクトル法の高選択性検出への応用 / p103 (0061.jp2)
  25. 4・1 緒言 / p104 (0062.jp2)
  26. 4・2 HPLCにおけるフーリエ変換赤外分光検出 / p105 (0062.jp2)
  27. 4・3 抽出-相分離システムと組み合わせた選択的紫外および蛍光検出 / p123 (0071.jp2)
  28. 文献 / p136 (0078.jp2)
  29. 第5章 キャピラリー超臨界流体クロマトグラフィーにおける炎光光度法の高選択性検出への応用 / p139 (0079.jp2)
  30. 5・1 緒言 / p140 (0080.jp2)
  31. 5・2 充填カラム用ポンプシステムを改良したキャピラリーSFCにおける炎光検出 / p142 (0081.jp2)
  32. 5・3 モディファイアを添加した移動相の圧力プログラミングを用いるキャピラリーSFCにおける二段フレーム炎光検出 / p152 (0086.jp2)
  33. 文献 / p162 (0091.jp2)
  34. 第6章 まとめ / p165 (0092.jp2)
  35. 6・1 まとめ / p166 (0093.jp2)
  36. 6・2 今後の展望 / p172 (0096.jp2)
  37. 本論文に関わる発表論文 / p175 (0097.jp2)
  38. その他の発表論文 / p177 (0098.jp2)
  39. 謝辞 / p178 (0099.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091521
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091746
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000255835
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ