光ファイバセンシング技術の流体計測への応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 竹尾, 隆 タケオ, タカシ

書誌事項

タイトル

光ファイバセンシング技術の流体計測への応用に関する研究

著者名

竹尾, 隆

著者別名

タケオ, タカシ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第4250号

学位授与年月日

1992-09-28

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:工学博士 (論文) 学位授与年月日:平成4年9月28日

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 光ファイバの種類及び構造 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 光ファイバセンサ / p6 (0009.jp2)
  6. 1.4 本研究の目的及び位置付け / p8 (0010.jp2)
  7. 1.5 本論文の概要 / p9 (0010.jp2)
  8. 1.6 結言 / p11 (0011.jp2)
  9. 第1章の参考文献 / p12 (0012.jp2)
  10. 第2章 光ファイバ屈折率センサの原理及び基本特性 / p13 (0012.jp2)
  11. 2.1 緒言 / p13 (0012.jp2)
  12. 2.2 光ファイバ中における光線の伝搬 / p14 (0013.jp2)
  13. 2.3 光ファイバ屈折率センサの原理 / p16 (0014.jp2)
  14. 2.4 センサ特性の解析 / p17 (0014.jp2)
  15. 2.5 センサの作製方法 / p28 (0020.jp2)
  16. 2.6 測定結果 / p32 (0022.jp2)
  17. 2.7 結言 / p32 (0022.jp2)
  18. 第2章の参考文献 / p34 (0023.jp2)
  19. 第3章 光ファイバ屈折率センサを用いた混和性流体の計測 / p35 (0023.jp2)
  20. 3.1 緒言 / p35 (0023.jp2)
  21. 3.2 混合溶液の屈折率 / p36 (0024.jp2)
  22. 3.3 種々の溶液における屈折率の濃度依存性 / p37 (0024.jp2)
  23. 3.4 U字形屈折率センサを用いた濃度計測 / p39 (0025.jp2)
  24. 3.5 円錐形屈折率センサによる濃度計測 / p39 (0025.jp2)
  25. 3.6 OTDR(Optical Time Domain Reflectometry)による多点センシング / p42 (0027.jp2)
  26. 3.7 結言 / p48 (0030.jp2)
  27. 第3章の参考文献 / p49 (0030.jp2)
  28. 第4章 光ファイバ屈折率センサを用いた非混和性流体の計測 / p50 (0031.jp2)
  29. 4.1 緒言 / p50 (0031.jp2)
  30. 4.2 油漏れ検出 / p50 (0031.jp2)
  31. 4.3 多相流体における流れパターン / p51 (0031.jp2)
  32. 4.4 測定結果 / p56 (0034.jp2)
  33. 4.5 結言 / p61 (0036.jp2)
  34. 第4章の参考文献 / p62 (0037.jp2)
  35. 第5章 光ファイバ粒径計測センサ / p63 (0037.jp2)
  36. 5.1 緒言 / p63 (0037.jp2)
  37. 5.2 二光束レーザ干渉計 / p64 (0038.jp2)
  38. 5.3 光ファイバ粒径計測センサ / p67 (0039.jp2)
  39. 5.4 結言 / p68 (0040.jp2)
  40. 第5章の参考文献 / p69 (0040.jp2)
  41. 第6章 幾何光学的手法によるビジビリティ特性の解析 / p70 (0041.jp2)
  42. 6.1 緒言 / p70 (0041.jp2)
  43. 6.2 球体による光散乱 / p70 (0041.jp2)
  44. 6.3 振幅関数 / p72 (0042.jp2)
  45. 6.4 散乱光信号のビジビリティ / p76 (0044.jp2)
  46. 6.5 数値計算結果 / p77 (0044.jp2)
  47. 6.6 測定結果 / p80 (0046.jp2)
  48. 6.7 結言 / p81 (0046.jp2)
  49. 第6章の参考文献 / p82 (0047.jp2)
  50. 第7章 Mie散乱理論によるビジビリティ特性の解析 / p83 (0047.jp2)
  51. 7.1 緒言 / p83 (0047.jp2)
  52. 7.2 電磁界の多極子展開 / p83 (0047.jp2)
  53. 7.3 入射電磁界の多極子展開 / p86 (0049.jp2)
  54. 7.4 散乱光強度[数式]の計算 / p89 (0050.jp2)
  55. 7.5 数値計算結果 / p92 (0052.jp2)
  56. 7.6 測定結果 / p95 (0053.jp2)
  57. 7.7 結言 / p97 (0054.jp2)
  58. 第7章の参考文献 / p97 (0054.jp2)
  59. 第8章 ペアファイバ受光による測定精度の向上 / p98 (0055.jp2)
  60. 8.1 緒言 / p98 (0055.jp2)
  61. 8.2 ペアファイバ受光時のビジビリティ / p98 (0055.jp2)
  62. 8.3 散乱光信号の位相 / p100 (0056.jp2)
  63. 8.4 数値計算結果 / p103 (0057.jp2)
  64. 8.5 実験結果 / p104 (0058.jp2)
  65. 8.6 位相ドップラ法による粒径計測 / p106 (0059.jp2)
  66. 8.7 結言 / p108 (0060.jp2)
  67. 第8章の参考文献 / p109 (0060.jp2)
  68. 第9章 光ファイバ温度センサ / p110 (0061.jp2)
  69. 9.1 緒言 / p110 (0061.jp2)
  70. 9.2 半導体の基礎吸収機構 / p111 (0061.jp2)
  71. 9.3 GaPを用いた温度センサ / p114 (0063.jp2)
  72. 9.4 試作センサの特性 / p116 (0064.jp2)
  73. 9.5 光ファイバ温度センサを用いたローカルエリアネットワークシステム / p117 (0064.jp2)
  74. 9.6 結言 / p124 (0068.jp2)
  75. 第9章の参考文献 / p125 (0068.jp2)
  76. 第10章 結論 / p126 (0069.jp2)
  77. 10.1 本研究の成果 / p127 (0069.jp2)
  78. 10.2 今後の課題 / p130 (0071.jp2)
  79. 謝辞 / p131 (0071.jp2)
  80. 本研究に関する研究業績 / p132 (0072.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091577
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091802
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000255891
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ