微生物の生産する酵素とその応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 淺野, 健治 アサノ, ケンジ

書誌事項

タイトル

微生物の生産する酵素とその応用に関する研究

著者名

淺野, 健治

著者別名

アサノ, ケンジ

学位授与大学

広島大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第2265号

学位授与年月日

1992-05-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 第一部 Streptomyces yokosukaensis の生産するphosphatase / p4 (0010.jp2)
  4. 第一章 実験法 / p4 (0010.jp2)
  5. 1.phosphatase阻害活性の測定 / p4 (0010.jp2)
  6. 2.培養 / p5 (0010.jp2)
  7. 3.分離・精製 / p5 (0010.jp2)
  8. 4.酵素活性及び安定性に対するpH,温度の影響 / p6 (0011.jp2)
  9. 5.各種阻害剤及び金属イオンによる影響 / p6 (0011.jp2)
  10. 6.基質特異性 / p7 (0011.jp2)
  11. 第二章 phosphataseの性質 / p7 (0011.jp2)
  12. 1.至適pH及びpH安定性 / p7 (0011.jp2)
  13. 2.至適温度及び熱安定性 / p7 (0011.jp2)
  14. 3.各種阻害剤及び金属イオンによる影響 / p8 (0012.jp2)
  15. 4.基質特異性 / p8 (0012.jp2)
  16. 第三章 考察 / p8 (0012.jp2)
  17. 第二部 Alcaligenes属菌株の生産するcreatininase / p15 (0015.jp2)
  18. 第一章 実験法 / p15 (0015.jp2)
  19. 1.creatininaseの活性測定法 / p15 (0015.jp2)
  20. 2.creatinaseの活性測定法 / p15 (0015.jp2)
  21. 3.蛋白の定量 / p16 (0016.jp2)
  22. 4.SDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動 / p16 (0016.jp2)
  23. 5.creatinyl-AH-Sepharoseの調整 / p16 (0016.jp2)
  24. 6.分子量の測定 / p16 (0016.jp2)
  25. 7.Michaelis定数の測定 / p16 (0016.jp2)
  26. 第二章 creatininaseの分離・精製 / p16 (0016.jp2)
  27. 1.生産 / p17 (0016.jp2)
  28. 2.分離・精製 / p17 (0016.jp2)
  29. 3.単一性 / p18 (0017.jp2)
  30. 第三章 creatininaseの性質 / p18 (0017.jp2)
  31. 1.分子量 / p18 (0017.jp2)
  32. 2.至適pH及びpH安定性 / p18 (0017.jp2)
  33. 3.各種阻害剤及び金属イオンによる影響 / p18 (0017.jp2)
  34. 4.Michaelis定数 / p19 (0017.jp2)
  35. 第四章 考察 / p19 (0017.jp2)
  36. 第三部 Alcaligenes属菌株の生産するcreatinase / p34 (0025.jp2)
  37. 第一章 実験法 / p34 (0025.jp2)
  38. 1.creatinase活性測定法 / p34 (0025.jp2)
  39. 2.蛋白の定量 / p34 (0025.jp2)
  40. 3.電気泳動 / p35 (0025.jp2)
  41. 4.分子量の測定 / p35 (0025.jp2)
  42. 5.Michaelis定数の測定 / p36 (0026.jp2)
  43. 第二章 creatinaseの分離・精製 / p36 (0026.jp2)
  44. 1.生産 / p36 (0026.jp2)
  45. 2.分離・精製 / p36 (0026.jp2)
  46. 3.単一性 / p38 (0027.jp2)
  47. 第三章 creatinaseの性質 / p38 (0027.jp2)
  48. 1.分子量 / p38 (0027.jp2)
  49. 2.等電点 / p38 (0027.jp2)
  50. 3.至適pH及びpH安定性 / p38 (0027.jp2)
  51. 4.各種阻害剤及び金属イオンによる影響 / p38 (0027.jp2)
  52. 5.Michaelis定数 / p39 (0027.jp2)
  53. 第四章 考察 / p39 (0027.jp2)
  54. 第四部 Streptomyces属菌株の生産するsarcosine oxidase / p49 (0032.jp2)
  55. 第一章 実験法 / p49 (0032.jp2)
  56. 1.sarcosine oxidase の活性測定法 / p49 (0032.jp2)
  57. 2.蛋白の定量 / p50 (0033.jp2)
  58. 3.sarcosyl-AH-Sepharoseの調整 / p50 (0033.jp2)
  59. 4.電気泳動 / p50 (0033.jp2)
  60. 5.分子量の測定 / p51 (0033.jp2)
  61. 6.Michaelis定数の測定及び基質特異性 / p51 (0033.jp2)
  62. 第二章 sarcosine oxidaseの分離・精製 / p51 (0033.jp2)
  63. 1.生産 / p51 (0033.jp2)
  64. 2.分離・精製 / p52 (0034.jp2)
  65. 3.単一性 / p53 (0034.jp2)
  66. 第三章 sarcosine oxidaseの性質 / p53 (0034.jp2)
  67. 1.分子量 / p53 (0034.jp2)
  68. 2.至適pH及びpH安定性 / p53 (0034.jp2)
  69. 3.各種阻害剤及び金属イオンによる影響 / p54 (0035.jp2)
  70. 4.Michaelis定数及び基質特異性 / p54 (0035.jp2)
  71. 第四章 考察 / p55 (0035.jp2)
  72. 第五部 酵素法によるcreatinineの自動微量分析法の開発 / p65 (0040.jp2)
  73. 第一章 実験法 / p66 (0041.jp2)
  74. 1.測定原理 / p66 (0041.jp2)
  75. 2.試薬 / p66 (0041.jp2)
  76. 3.装置 / p68 (0042.jp2)
  77. 4.試料 / p68 (0042.jp2)
  78. 5.対照とした測定法 / p68 (0042.jp2)
  79. 第二章 測定法の評価 / p69 (0042.jp2)
  80. 1.タイムコース / p69 (0042.jp2)
  81. 2.直線性 / p69 (0042.jp2)
  82. 3.同時再現性 / p69 (0042.jp2)
  83. 4.ascorbic acid 又は, bilirubinの干渉 / p69 (0042.jp2)
  84. 5.従来法との相関性 / p70 (0043.jp2)
  85. 6.健常者血清creatinineの測定 / p70 (0043.jp2)
  86. 第三章 考察 / p70 (0043.jp2)
  87. 引用文献 / p78 (0047.jp2)
  88. 要約 / p81 (0048.jp2)
  89. 本論文の基礎となる原著 / p84 (0050.jp2)
  90. 謝辞 / p85 (0050.jp2)
  91. A New Phosphatase produced by Slrcplomyccs yokosukancnsis / p2246 (0054.jp2)
  92. 抗酸菌同定用キットの開発 / p1539 (0057.jp2)
  93. 第1報 業室株を用いてのキットの有用性の評価 / p1539 (0057.jp2)
  94. Purification and Characterization of Creatinine Amidohydrolase of Alcaligenes Origin / p269 (0060.jp2)
  95. Purification and Characterization of Creatine Amidinohydrolase of Alcaligenes Origin / p2155 (0063.jp2)
  96. ナイアシン試験 アニリン法と各種ペーパー法との比較検討 / p563 (0066.jp2)
  97. Purification and Characterization of Sarcosine Oxidase of Streptomyces Origin / p4194 (0069.jp2)
  98. Identification and Partial Characterization of Mycobacterium avium and Mycobacterium intracellulare by Using DNA Probes / p994 (0073.jp2)
  99. Evaluation of the Microplate Hybridization Method for Rapid Identification of Legionella Species / p213 (0075.jp2)
  100. Application of Colorimetric Microdilution Plate Hybridization for Rapid Genetic Identification of 22 Mycobacterium Species / p1596 (0078.jp2)
  101. Automated Microanalysis of Creatinine by Coupled Enzyme Reactions / p1 (0082.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091600
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091825
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255914
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ