プラスミノゲン活性化因子とその生理的阻害物質(PAI-1)との反応様式に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 金子, 宗聖 カネコ, ムネキヨ

書誌事項

タイトル

プラスミノゲン活性化因子とその生理的阻害物質(PAI-1)との反応様式に関する研究

著者名

金子, 宗聖

著者別名

カネコ, ムネキヨ

学位授与大学

広島大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第2266号

学位授与年月日

1992-05-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 第一章 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1 繊維素溶解(線溶)系 / p1 (0008.jp2)
  4. 2 凝固・線溶系プロテアーゼの構造 / p2 (0009.jp2)
  5. 3 組織型プラスミノゲン活性化因子 / p5 (0010.jp2)
  6. 4 ウロキナーゼ型プラスミノゲン活性化因子 / p9 (0012.jp2)
  7. 5 線溶系制御機構 / p10 (0013.jp2)
  8. 6 PAI-1 / p14 (0015.jp2)
  9. 7 実験目的および概略 / p17 (0016.jp2)
  10. 第二章 実験材料および基本となる実験方法 / p19 (0017.jp2)
  11. 1 タンパクおよびペプチド / p19 (0017.jp2)
  12. 2 細胞培養 / p24 (0020.jp2)
  13. 3 t-PA,u-PA,PAI-1およびt-PA/PAI-1複合体の定量 / p25 (0020.jp2)
  14. 4 結合実験 / p27 (0021.jp2)
  15. 5 その他の基本となる実験方法 / p29 (0022.jp2)
  16. 第三章 t-PAとPAI-1の可逆的結合反応 / p31 (0023.jp2)
  17. 1 緒言 / p31 (0023.jp2)
  18. 2 Kringle-2ドメインのPAI-1との結合部位 / p32 (0024.jp2)
  19. 3 PAI-1とkringle-2ドメインとの結合様式 / p36 (0026.jp2)
  20. 4 PAI-1のt-PAおよびビトロネクチンとの結合部位 / p41 (0028.jp2)
  21. 第四章 sc-t-PAとtc-t-PAのPAI-1結合反応性の差 / p42 (0029.jp2)
  22. 1 緒言 / p42 (0029.jp2)
  23. 2 sc-t-PAおよびtc-t-PAのPAI-1との反応速度 / p42 (0029.jp2)
  24. 3 sc-t-PAおよびtc-t-PAのPAI-1への結合反応 / p43 (0029.jp2)
  25. 第五章 sc-t-PAおよびtc-t-PAのPAI-1への結合部位 / p45 (0030.jp2)
  26. 1 緒言 / p45 (0030.jp2)
  27. 2 FingerドメインのPAI-1への結合部位 / p46 (0031.jp2)
  28. 3 t-PAのフィブリンへの結合 / p47 (0031.jp2)
  29. 4 t-PA/PAI-1複合体形成に対するフィブリンの影響 / p54 (0035.jp2)
  30. 5 t-PAのPAI-1およびフィブリン結合部位を介する線溶系の制御 / p55 (0035.jp2)
  31. 第六章 結論および考察 / p56 (0036.jp2)
  32. 参考文献 / p65 (0040.jp2)
  33. 謝辞 / p69 (0042.jp2)
  34. DIFFERENCE IN HYDROPHOBICITY BETWEEN MITOCHONDRIA-BINDABLE AND NON-BINDABLE FORMS OF HEXOKINASE PURIFIED FROM RAT BRAIN / p1101 (0046.jp2)
  35. Binding and Function of Mitochondrial Glycerol Kinase in Comparison with Those of Mitochondrial Hexokinase / p135 (0050.jp2)
  36. Changes during Development in the Activities and Intracellular Locations of Glycerol Kinase and Hexokinase in Rat Brain and Liver / p745 (0054.jp2)
  37. 異なる組織プラスミノーゲン活性化因子標品のフィブリン平板法による活性測定法上の問題点 / p70 (0058.jp2)
  38. An Aα Ser-434 to N-Glycosylated Asn Substitution in a Dysfibrinogen,Fibrinogen Caracas II,Characterized by Impaired Fibrin Gel Formation﹡ / p11575 (0060.jp2)
  39. THE PLASMINOGEN ACTIVATOR INHIBITOR-1 BINDING SITE IN THE KRINGLE-2 DOMAIN OF TISSUE-TYPE PLASMINOGEN ACTIVATOR / p1160 (0064.jp2)
  40. Interactions between the Finger and Kringle-2 Domains of Tissue-Type Plasminogen Activator and Plasminogen Activator Inhibitor-1¹ / p244 (0068.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091601
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091826
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000255915
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ