チオ尿素類縁体を構築材とする新規ヘテロ環化反応の開発

この論文をさがす

著者

    • 椛島, 茂 カバシマ, シゲル

書誌事項

タイトル

チオ尿素類縁体を構築材とする新規ヘテロ環化反応の開発

著者名

椛島, 茂

著者別名

カバシマ, シゲル

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第20号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1節 研究の目的および背景 / p1 (0006.jp2)
  4. 第2節 本研究に関連する従来の知見および著者の研究方針 / p2 (0007.jp2)
  5. 第2章 置換biguanideおよび関連化合物を構築材とする新規ヘテロ環合成 / p7 (0009.jp2)
  6. 第1節 biguanide誘導体のDADによる閉環的カルボニル挿入反応 / p7 (0009.jp2)
  7. 第2節 amidinothioureaならびにその類似体のDADによる酸化的分子内S-N結合反応 / p12 (0012.jp2)
  8. 第3節 biguanide骨格の一部を環内にもつguanidinoヘテロ環およびその類縁体と脂環式1,2-ジケトンの反応 / p15 (0013.jp2)
  9. 第4節 biguanide類とtrichloromethylカルボニル化合物との反応 / p19 (0015.jp2)
  10. 第3章 thiosemicarbazideを構築材とするヘテロ環の合成 / p25 (0018.jp2)
  11. 第1節 2,4-ジ置換thiosemicarbazideとハロケトンの反応 / p25 (0018.jp2)
  12. 第2節 thiosemicarbazoneとα-chloroacetyl chlorideの反応 / p31 (0021.jp2)
  13. 第3節 4-phenylthiosemicarbazoneとchlorocarbonylsulfenyl chlorideの反応 / p36 (0024.jp2)
  14. 第4章 thiocarbohydrazideならびにその類縁体を構築材とするヘテロ環化合物の合成 / p41 (0026.jp2)
  15. 第1節 thiocarbohydrazideとα-bromo-γ-butyrolactoneの反応 / p41 (0026.jp2)
  16. 第2節 monothiocarbohydrazoneとcyanogen bromideの反応 / p43 (0027.jp2)
  17. 第3節 dithiocarbohydrazoneとacetyl chlorideの反応 / p45 (0028.jp2)
  18. 第4節 dithiocarbohydrazoneおよびその類縁体とchlorocarbonylsulfenyl chlorideの反応 / p48 (0030.jp2)
  19. 第5章 総括 / p53 (0032.jp2)
  20. 実験の部 / p55 (0033.jp2)
  21. 謝辞 / p74 (0043.jp2)
  22. 参考文献 / p75 (0043.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091823
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092048
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000256137
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ