縮合pyridazinone系新抗不安薬の分子設計と合成研究

この論文をさがす

著者

    • 中尾, 達 ナカオ, トオル

書誌事項

タイトル

縮合pyridazinone系新抗不安薬の分子設計と合成研究

著者名

中尾, 達

著者別名

ナカオ, トオル

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第12号

学位授与年月日

1991-10-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一章 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第二章 縮合pyridazinone誘導体,6-6-6三環性縮合環化合物の合成と抗不安作用 / p6 (0007.jp2)
  4. 第一節 2-Substituted 4,4a,5,6-tetrahydro-(12-18,22-24)及び2-substituted 5,6-dihydrobenzo(h)cinnolin-3(2H)-one類(19-21)の合成 / p6 (0007.jp2)
  5. 第二節 2-Aryl-4,4a,5,6-tetrahydropyridazino[4,3-c]quinolin-3(2H)-one類(31-39)の合成 / p10 (0009.jp2)
  6. 第三節 2-Aryl-4a,5-dihydro-2H-(1)benzothiopyrano[4,3-c]pyri-dazin-3(4H)-one類(44-48)及び2-aryl-4a,5-dihydro-2H-(1)benzopyrano[4,3-c]pyridazin-3(4H)-one類(50-52)及び関連化合物(53-56)の合成 / p13 (0010.jp2)
  7. 第四節 小括 / p19 (0013.jp2)
  8. 第三章 縮合pyridazinone誘導体、6-7-6三環性縮合環化合物の合成と抗不安作用 / p21 (0014.jp2)
  9. 第一節 2-Aryl-4,4a,5,6-tetrahydro-(68-75)及び2-aryl-5,6-dihydro-(1)benzothiepino[5,4-c]pyridazin-3(2H)-one類(76-88)及び関連化合物(89-98)の合成 / p21 (0014.jp2)
  10. 第二節 (1)Benzothiepine環とpyridazinone以外の複素環化合物との縮合環化合物の合成とベンゾジアゼピン受容体親和性について / p32 (0020.jp2)
  11. 第三節 小括 / p36 (0022.jp2)
  12. 第四章 Y23684の光学活性体の合成及び抗不安作用 / p39 (0023.jp2)
  13. 第一節 光学活性体の合成 / p39 (0023.jp2)
  14. 第二節 光学活性体の薬理作用 / p43 (0025.jp2)
  15. 第五章 縮合pyridazinone誘導体(9)とベンゾジアゼピン受容体との相互作用について / p44 (0026.jp2)
  16. 第六章 総括 / p50 (0029.jp2)
  17. 実験の部 / p52 (0030.jp2)
  18. 謝辞 / p80 (0044.jp2)
  19. 参考文献 / p81 (0044.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091826
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092051
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000256140
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ