製剤素材の粒子設計による新機能発現とその製剤化への応用

この論文をさがす

著者

    • 中上, 博秋 ナカガミ, ヒロアキ

書誌事項

タイトル

製剤素材の粒子設計による新機能発現とその製剤化への応用

著者名

中上, 博秋

著者別名

ナカガミ, ヒロアキ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第15号

学位授与年月日

1992-01-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 第2章 微粉砕セルロース系崩壊剤の徐放錠への応用 / p5 (0008.jp2)
  4. 第1節 序 / p5 (0008.jp2)
  5. 第2節 錠剤の崩壊性および溶出性に及ぼす各種セルロース系崩壊剤の粒子径の影響 / p6 (0009.jp2)
  6. 第3節 低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(L-HPC)の徐放化剤としてのin Vitro評価 / p15 (0013.jp2)
  7. 第4節 ビーグル犬におけるL-HPCの徐放化剤としてのin Vivo評価 / p29 (0020.jp2)
  8. 第5節 小括 / p35 (0023.jp2)
  9. 第3章 微粉砕水不溶性コーティング剤の水溶媒コーティングへの応用 / p37 (0024.jp2)
  10. 第1節 序 / p37 (0024.jp2)
  11. 第2節 微粉砕水不溶性ポリマーの水懸濁コーティングシステム / p38 (0025.jp2)
  12. 第3節 水懸濁コーティングシステムおよびラテックスコーティングシステムにおけるフィルム形成機構の比較 / p46 (0029.jp2)
  13. 第4節 ラテックスコーティングシステムによる顆粒コーティング / p50 (0031.jp2)
  14. 第5節 小括 / p54 (0033.jp2)
  15. 第4章 超微粒子ケイ酸の固体分散への応用 / p55 (0033.jp2)
  16. 第1節 序 / p55 (0033.jp2)
  17. 第2節 軽質無水ケイ酸を担体とし溶融法により調製したインドメタシン(IMC)およびグリセオフルビン(GRIS)固体分散の物理化学的性質 / p57 (0034.jp2)
  18. 第3節 小括 / p67 (0039.jp2)
  19. 第5章 総括 / p68 (0040.jp2)
  20. 実験の部 / p71 (0041.jp2)
  21. 謝辞 / p80 (0046.jp2)
  22. 参考文献 / p81 (0046.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091829
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092054
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000256143
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ