マンドレルミルに関する塑性論的研究

この論文をさがす

著者

    • 林, 千博 ハヤシ, チヒロ

書誌事項

タイトル

マンドレルミルに関する塑性論的研究

著者名

林, 千博

著者別名

ハヤシ, チヒロ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5842号

学位授与年月日

1992-09-09

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1-1 マンドレルミルの概要 / p1 (0005.jp2)
  4. 1-2 マンドレルミルの歴史 / p3 (0007.jp2)
  5. 1-3 マンドレルミルの特徴 / p4 (0008.jp2)
  6. 1-4 マンドレルミルの操業法 / p6 (0010.jp2)
  7. 1-5 マンドレルミル操業上の問題点と研究の目的 / p7 (0011.jp2)
  8. 1-6 本研究の概要 / p10 (0014.jp2)
  9. 参考文献 / p11 (0015.jp2)
  10. 第2章 基本となる塑性論 / p12 (0016.jp2)
  11. 2-1 緒言 / p12 (0016.jp2)
  12. 2-2 記号 / p14 (0018.jp2)
  13. 2-3 基礎方程式 / p14 (0018.jp2)
  14. 2-4 形状変化係数の導入とその場合の基礎方程式 / p16 (0020.jp2)
  15. 2-5 計算方法(計算フローチャート) / p18 (0022.jp2)
  16. 2-6 考察 / p20 (0024.jp2)
  17. 2-7 結言 / p24 (0028.jp2)
  18. 2-8 APPENDIX / p25 (0029.jp2)
  19. 参考文献 / p30 (0034.jp2)
  20. 第3章 孔型設計理論 / p31 (0035.jp2)
  21. 3-1 緒言 / p31 (0035.jp2)
  22. 3-2 記号 / p31 (0035.jp2)
  23. 3-3 基礎方程式 / p34 (0038.jp2)
  24. 3-4 計算フローチャート / p52 (0056.jp2)
  25. 3-5 計算結果の二,三の例 / p68 (0072.jp2)
  26. 3-6 考察 / p72 (0076.jp2)
  27. 3-7 結言 / p75 (0079.jp2)
  28. 3-8 APPENDIX / p77 (0081.jp2)
  29. 参考文献 / p78 (0082.jp2)
  30. 第4章 ロール回転数の設定理論 / p79 (0083.jp2)
  31. 4-1 緒言 / p79 (0083.jp2)
  32. 4-2 記号 / p80 (0084.jp2)
  33. 4-3 基礎方程式(基本的考え方) / p81 (0085.jp2)
  34. 4-4 計算フローチャート / p87 (0091.jp2)
  35. 4-5 計算結果の二,三の例 / p101 (0105.jp2)
  36. 4-6 考察 / p108 (0112.jp2)
  37. 4-7 結言 / p110 (0114.jp2)
  38. 4-8 APPENDIX / p112 (0116.jp2)
  39. 参考文献 / p115 (0119.jp2)
  40. 第5章 過渡現象の圧延理論 / p116 (0120.jp2)
  41. 5-1 緒言 / p116 (0120.jp2)
  42. 5-2 記号 / p116 (0120.jp2)
  43. 5-3 基礎方程式(基礎的考え方) / p116 (0120.jp2)
  44. 5-4 計算フローチャート / p121 (0125.jp2)
  45. 5-5 計算結果の二,三の例 / p121 (0125.jp2)
  46. 5-6 考察 / p134 (0138.jp2)
  47. 5-7 結言 / p137 (0141.jp2)
  48. 5-8 APPENDIX / p139 (0143.jp2)
  49. 参考文献 / p140 (0144.jp2)
  50. 第6章 油圧圧下制御の圧延理論 / p141 (0145.jp2)
  51. 6-1 緒言 / p141 (0145.jp2)
  52. 6-2 記号 / p144 (0148.jp2)
  53. 6-3 基礎方程式(基礎的考え方) / p145 (0149.jp2)
  54. 6-4 計算フローチャート / p149 (0153.jp2)
  55. 6-5 計算結果の一例 / p149 (0153.jp2)
  56. 6-6 考察 / p154 (0158.jp2)
  57. 6-7 結言 / p155 (0159.jp2)
  58. 6-8 APPENDIX / p157 (0161.jp2)
  59. 参考文献 / p160 (0164.jp2)
  60. 第7章 結論 / p161 (0165.jp2)
  61. 7-1 基本となる塑性論 / p161 (0165.jp2)
  62. 7-2 孔型設計理論 / p162 (0166.jp2)
  63. 7-3 ロール回転数の設定理論 / p163 (0167.jp2)
  64. 7-4 過渡現象の圧延理論 / p165 (0169.jp2)
  65. 7-5 油圧圧下制御の圧延理論 / p166 (0170.jp2)
  66. 7-6 おわりに / p167 (0171.jp2)
  67. 謝辞 / p169 (0173.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091909
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092134
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000256223
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ