鋳造用高アルミニウム亜鉛合金に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 田上, 道弘 タガミ, ミチヒロ

書誌事項

タイトル

鋳造用高アルミニウム亜鉛合金に関する研究

著者名

田上, 道弘

著者別名

タガミ, ミチヒロ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5844号

学位授与年月日

1992-09-09

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1節 序言 / p1 (0004.jp2)
  4. 第2節 鋳造用亜鉛合金の現状と工業的課題 / p1 (0004.jp2)
  5. 第3節 従来の研究 / p5 (0006.jp2)
  6. 第4節 本研究の目的 / p7 (0007.jp2)
  7. 参考文献 / p8 (0008.jp2)
  8. 第2章 高アルミニウム亜鉛合金の凝固組織と引張強度に及ぼす冷却速度およびリチウム添加と銅量の影響 / p10 (0009.jp2)
  9. 第1節 序言 / p10 (0009.jp2)
  10. 第2節 高アルミニウム亜鉛合金の凝固組織 / p11 (0009.jp2)
  11. 1 緒言 / p11 (0009.jp2)
  12. 2 実験方法 / p11 (0009.jp2)
  13. 3 実験結果および考察 / p13 (0010.jp2)
  14. 4 結言 / p25 (0016.jp2)
  15. 第3節 Zn-11.5mass%Al-1.0mass%Cu-0.02mass%Mg合金の引張強度に及ぼす冷却速度の影響 / p26 (0017.jp2)
  16. 1 緒言 / p26 (0017.jp2)
  17. 2 実験方法 / p26 (0017.jp2)
  18. 3 実験結果および考察 / p28 (0018.jp2)
  19. 4 結言 / p35 (0021.jp2)
  20. 第4節 Zn-11.5mass%Al-1.0mass%Cu-0.02mass% Mg合金の引張強度に及ぼすリチウム添加および銅量の影響 / p36 (0022.jp2)
  21. 1 緒言 / p36 (0022.jp2)
  22. 2 実験方法 / p36 (0022.jp2)
  23. 3 実験結果および考察 / p37 (0022.jp2)
  24. 4 結言 / p47 (0027.jp2)
  25. 第5節 小括 / p48 (0028.jp2)
  26. 参考文献 / p49 (0028.jp2)
  27. 第3章 高アルミニウム亜鉛合金の引張強度に及ぼす熱処理、恒温変態試験温度および鋼線材強化による複合化の影響 / p51 (0029.jp2)
  28. 第1節 序言 / p51 (0029.jp2)
  29. 第2節 Zn-11.5mass%Al-1.0mass%Cu-0.02mass%Mg合金の引張強度に及ぼす熱処理の影響 / p51 (0029.jp2)
  30. 1 緒言 / p51 (0029.jp2)
  31. 2 実験方法 / p52 (0030.jp2)
  32. 3 実験結果および考察 / p52 (0030.jp2)
  33. 4 結言 / p61 (0034.jp2)
  34. 第3節 Zn-27.0mass%Al-1.0mass%Cu-0.05mass%Mg合金の引張強度に及ぼす熱処理の影響 / p63 (0035.jp2)
  35. 1 緒言 / p63 (0035.jp2)
  36. 2 実験方法 / p63 (0035.jp2)
  37. 3 実験結果および考察 / p64 (0036.jp2)
  38. 4 結言 / p72 (0040.jp2)
  39. 第4節 高アルミニウム亜鉛合金の恒温変態と機械的性質 / p74 (0041.jp2)
  40. 1 緒言 / p74 (0041.jp2)
  41. 2 実験方法 / p74 (0041.jp2)
  42. 3 実験結果および考察 / p75 (0041.jp2)
  43. 4 結言 / p83 (0045.jp2)
  44. 第5節 高アルミニウム亜鉛合金の引張強度に及ぼす試験温度の影響 / p85 (0046.jp2)
  45. 1 緒言 / p85 (0046.jp2)
  46. 2 実験方法 / p85 (0046.jp2)
  47. 3 実験結果および考察 / p85 (0046.jp2)
  48. 4 結言 / p93 (0050.jp2)
  49. 第6節 高アルミニウム亜鉛合金の衝撃特性に及ぼす化学組成、熱処理および試験温度の影響 / p95 (0051.jp2)
  50. 1 緒言 / p95 (0051.jp2)
  51. 2 実験方法 / p95 (0051.jp2)
  52. 3 実験結果および考察 / p96 (0052.jp2)
  53. 4 結言 / p104 (0056.jp2)
  54. 第7節 鋼線材強化した高アルミニウム亜鉛合金複合材の機械的性質 / p105 (0056.jp2)
  55. 1 緒言 / p105 (0056.jp2)
  56. 2 実験方法 / p105 (0056.jp2)
  57. 3 実験結果および考察 / p106 (0057.jp2)
  58. 4 結言 / p113 (0060.jp2)
  59. 第8節 小括 / p114 (0061.jp2)
  60. 参考文献 / p118 (0063.jp2)
  61. 第4章 高アルミニウム亜鉛合金の疲れ強さと疲労き裂伝ぱ特性に及ぼす化学組成と熱処理の影響 / p119 (0063.jp2)
  62. 第1節 序言 / p119 (0063.jp2)
  63. 第2節 高アルミニウム亜鉛合金の疲れ強さに及ぼす化学組成と熱処理の影響 / p119 (0063.jp2)
  64. 1 緒言 / p119 (0063.jp2)
  65. 2 実験方法 / p120 (0064.jp2)
  66. 3 実験結果および考察 / p121 (0064.jp2)
  67. 4 結言 / p128 (0068.jp2)
  68. 第3節 高アルミニウム亜鉛合金の疲労き裂伝ぱ特性 / p129 (0068.jp2)
  69. 1 緒言 / p129 (0068.jp2)
  70. 2 実験方法 / p129 (0068.jp2)
  71. 3 実験結果および考察 / p130 (0069.jp2)
  72. 4 結言 / p136 (0072.jp2)
  73. 第4節 小括 / p137 (0072.jp2)
  74. 参考文献 / p138 (0073.jp2)
  75. 第5章 Zn-22.0mass%Al合金の減衰能に及ぼす化学組成.熱処理および加工の影響と機械的性質 / p139 (0073.jp2)
  76. 第1節 序言 / p139 (0073.jp2)
  77. 第2節 Zn-22.0mass%Al合金の減衰能と機械的性質に及ぼす熱処理と銅、マグネシウム量の影響 / p140 (0074.jp2)
  78. 1 緒言 / p140 (0074.jp2)
  79. 2 実験方法 / p140 (0074.jp2)
  80. 3 実験結果および考察 / p141 (0074.jp2)
  81. 4 結言 / p147 (0077.jp2)
  82. 第3節 Zn-22.0mass%Al合金の減衰能に及ぼす熱処理および圧下率とアルミニウム量、銅、アンチモンおよびマグネシウム添加の影響 / p149 (0078.jp2)
  83. 1 緒言 / p149 (0078.jp2)
  84. 2 実験方法 / p149 (0078.jp2)
  85. 3 実験結果および考察 / p149 (0078.jp2)
  86. 4 結言 / p163 (0085.jp2)
  87. 第4節 小括 / p163 (0085.jp2)
  88. 参考文献 / p165 (0086.jp2)
  89. 第6章 総括 / p167 (0087.jp2)
  90. 謝辞 / p176 (0092.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091911
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092136
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000256225
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ