尿路感染防御機構の研究 : 標識糖鎖を用いた大腸菌線毛adhesinの検出

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 晋 イトウ, シン

書誌事項

タイトル

尿路感染防御機構の研究 : 標識糖鎖を用いた大腸菌線毛adhesinの検出

著者名

伊藤, 晋

著者別名

イトウ, シン

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第5862号

学位授与年月日

1992-09-09

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 要旨 / p1 (0003.jp2)
  3. 緒言 / p2 (0004.jp2)
  4. 目的 / p3 (0004.jp2)
  5. 方法 / p3 (0004.jp2)
  6. 1.菌液の調製 / p3 (0004.jp2)
  7. 2.血球凝集試験 / p4 (0005.jp2)
  8. 3.PF test / p5 (0005.jp2)
  9. 4.ARGによる³H標識マンノースの観察 / p6 (0006.jp2)
  10. 5.電子顕微鏡による金コロイド標識糖鎖の観察 / p7 (0006.jp2)
  11. A)金コロイド濃度、反応時間の検討 / p7 (0006.jp2)
  12. B)臨床分離菌での検討 / p8 (0007.jp2)
  13. 6.統計 / p9 (0007.jp2)
  14. 結果 / p9 (0007.jp2)
  15. 1.血球凝集反応 / p9 (0007.jp2)
  16. 2.PF test / p9 (0007.jp2)
  17. 3.ARGによる³H標識マンノースの観察 / p9 (0007.jp2)
  18. 4.電子顕微鏡による金コロイド標識糖鎖の観察 / p10 (0008.jp2)
  19. A)金コロイド濃度、反応時間の検討 / p10 (0008.jp2)
  20. B)臨床分離菌 / p10 (0008.jp2)
  21. 考察 / p12 (0009.jp2)
  22. 1.adhesinの尿路感染における役割 / p12 (0009.jp2)
  23. 2.type 1 線毛 / p13 (0009.jp2)
  24. 3.P線毛 / p14 (0010.jp2)
  25. 4.phase variation / p15 (0010.jp2)
  26. 5.これまでの検出法 / p15 (0010.jp2)
  27. A)血球凝集反応 / p15 (0010.jp2)
  28. B)抗線毛抗体 / p16 (0011.jp2)
  29. 6.ARGによる標識マンノースの観察 / p16 (0011.jp2)
  30. 7.電子顕微鏡による金コロイド標識糖鎖の観察 / p17 (0011.jp2)
  31. A)反応条件設定 / p17 (0011.jp2)
  32. B)臨床分離菌での検討 / p18 (0012.jp2)
  33. 結語 / p20 (0013.jp2)
  34. 文献 / p21 (0013.jp2)
  35. 図表 / p24 (0015.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091929
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092154
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000256243
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ