セラミックス被膜の押し込み及び滑りにおける剥離機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 刁, 東風 ティアオ, トンフォン

書誌事項

タイトル

セラミックス被膜の押し込み及び滑りにおける剥離機構に関する研究

著者名

刁, 東風

著者別名

ティアオ, トンフォン

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5914号

学位授与年月日

1992-12-09

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 本研究の位置付け / p1 (0008.jp2)
  4. 1.2 従来の研究 / p3 (0010.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的及び構成 / p11 (0018.jp2)
  6. 1.4 参考文献 / p14 (0021.jp2)
  7. 第2章 セラミックス被膜の押し込み破壊形態の観察 / p19 (0026.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p19 (0026.jp2)
  9. 2.2 実験装置 / p21 (0028.jp2)
  10. 2.3 試験片の形状と寸法及び材料 / p21 (0028.jp2)
  11. 2.4 試験方法 / p21 (0028.jp2)
  12. 2.5 実験結果 / p27 (0034.jp2)
  13. 2.6 考察 / p39 (0046.jp2)
  14. 2.7 結言 / p44 (0051.jp2)
  15. 2.8 参考文献 / p45 (0052.jp2)
  16. 第3章 セラミックス被膜の押し込み試験におけるヘルツクラックとラテラルクラックの発生条件 / p47 (0054.jp2)
  17. 3.1 緒言 / p47 (0054.jp2)
  18. 3.2 セラミックス被膜の機械的特性値の測定 / p49 (0056.jp2)
  19. 3.3 セラミックス被膜におけるヘルツクラック発生の臨界荷重[数式] / p62 (0069.jp2)
  20. 3.4 セラミックス被膜におけるラテラルクラック発生の臨界荷重[数式] / p64 (0071.jp2)
  21. 3.5 実験結果と理論結果との比較 / p69 (0076.jp2)
  22. 3.6 セラミックス被膜への圧子押し込みにおけるクラック発生臨界条件に関する考察 / p69 (0076.jp2)
  23. 3.7 結言 / p74 (0081.jp2)
  24. 3.8 参考文献 / p75 (0082.jp2)
  25. 第4章 滑り摩擦においてセラミクス被膜及び下地に発生する塑性変形開始位置の有限要素法による数値解析 / p76 (0083.jp2)
  26. 4.1 緒言 / p76 (0083.jp2)
  27. 4.2 塑性変形開始の臨界最大接触圧力及びその発生位置の定義 / p79 (0086.jp2)
  28. 4.3 有限要素モデル / p80 (0087.jp2)
  29. 4.4 有限要素モデルの評価及び計算条件の決定 / p80 (0087.jp2)
  30. 4.5 計算結果及び考察 / p84 (0091.jp2)
  31. 4.6 考察 / p104 (0111.jp2)
  32. 4.7 結言 / p109 (0116.jp2)
  33. 4.8 参考文献 / p110 (0117.jp2)
  34. 第5章 滑り摩擦によりセラミクス被膜に生じる引張り応力分布の有限要素法による数値解析 / p112 (0119.jp2)
  35. 5.1 緒言 / p112 (0119.jp2)
  36. 5.2 有限要素モデル / p114 (0121.jp2)
  37. 5.3 有限要素モデルの評価及び計算条件の決定 / p114 (0121.jp2)
  38. 5.4 計算結果 / p118 (0125.jp2)
  39. 5.5 考察 / p131 (0138.jp2)
  40. 5.6 結言 / p143 (0150.jp2)
  41. 5.7 参考文献 / p144 (0151.jp2)
  42. 第6章 微視的観察による滑り摩擦におけるセラミックス被膜の剥離機構の解明 / p145 (0152.jp2)
  43. 6.1 緒言 / p145 (0152.jp2)
  44. 6.2 実験装置 / p146 (0153.jp2)
  45. 6.3 試験片の形状と寸法及び材料 / p151 (0158.jp2)
  46. 6.4 実験方法 / p151 (0158.jp2)
  47. 6.5 実験結果 / p155 (0162.jp2)
  48. 6.6 考察 / p182 (0189.jp2)
  49. 6.7 結言 / p183 (0190.jp2)
  50. 6.8 参考文献 / p184 (0191.jp2)
  51. 第7章 滑り摩擦におけるセラミックス被膜の表面クラックの伝ぱによる剥離条件 / p186 (0193.jp2)
  52. 7.1 緒言 / p186 (0193.jp2)
  53. 7.2 表面クラックの伝ぱによる被膜の剥離を支配する因子 / p188 (0195.jp2)
  54. 7.3 考察 / p194 (0201.jp2)
  55. 7.4 結言 / p195 (0202.jp2)
  56. 7.5 参考文献 / p196 (0203.jp2)
  57. 第8章 結論 / p197 (0204.jp2)
  58. 謝辞 / p203 (0210.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091981
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092206
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000256295
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ