複酸化物系セラミックス原料微粉体の液相合成とメカノケミカル効果に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 淡野, 正信 アワノ, マサノブ

書誌事項

タイトル

複酸化物系セラミックス原料微粉体の液相合成とメカノケミカル効果に関する研究

著者名

淡野, 正信

著者別名

アワノ, マサノブ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5918号

学位授与年月日

1992-12-09

注記・抄録

博士論文

Tohoku University

博士

工学

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的と論文の構成 / p10 (0009.jp2)
  5. 第2章 複酸化物系セラミックス微粉体の液相合成 / p16 (0012.jp2)
  6. 2.1 緒言 / p16 (0012.jp2)
  7. 2.2 実験装置と実験方法 / p21 (0014.jp2)
  8. 2.3 実験結果と考察 / p28 (0018.jp2)
  9. 2.4 結言 / p67 (0037.jp2)
  10. 第3章 複酸化物系セラミックス微粉体の合成に及ぼすメカノケミカル効果 / p71 (0039.jp2)
  11. 3.1 緒言 / p71 (0039.jp2)
  12. 3.2 実験試料と実験方法 / p72 (0040.jp2)
  13. 3.3 実験結果と考察 / p76 (0042.jp2)
  14. 3.4 結言 / p93 (0050.jp2)
  15. 第4章 複酸化物系セラミックスの焼結に及ぼすメカノケミカル効果 / p97 (0052.jp2)
  16. 4.1 緒言 / p97 (0052.jp2)
  17. 4.2 実験試料と実験方法 / p98 (0053.jp2)
  18. 4.3 実験結果と考察 / p103 (0055.jp2)
  19. 4.4 結言 / p125 (0066.jp2)
  20. 第5章 イットリウム系酸化物超電導体の特性向上に及ぼす諸因子 / p129 (0068.jp2)
  21. 5.1 緒言 / p129 (0068.jp2)
  22. 5.2 実験方法 / p130 (0069.jp2)
  23. 5.3 実験結果と考察 / p133 (0070.jp2)
  24. 5.4 結言 / p149 (0078.jp2)
  25. 第6章 結論 / p152 (0080.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091985
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092210
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000256299
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ