マスコンクリート構造物に適用する低発熱コンクリートに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大友, 健 オオトモ, タケシ

書誌事項

タイトル

マスコンクリート構造物に適用する低発熱コンクリートに関する研究

著者名

大友, 健

著者別名

オオトモ, タケシ

学位授与大学

埼玉大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第14号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0010.jp2)
  3. 1.1 本研究の意義と背景 / p1 (0010.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的と構成 / p5 (0014.jp2)
  5. 第2章 既往の関連研究 / p9 (0018.jp2)
  6. 第3章 水中不分離性コンクリートの低発熱化に関する研究 / p14 (0023.jp2)
  7. 3.1 水中不分離性コンクリートの低発熱化の意義 / p14 (0023.jp2)
  8. 3.2 実験の概要 / p16 (0025.jp2)
  9. 3.3 セメントを構成する材料の混合比率がコンクリートの性質に及ぼす影響 / p21 (0030.jp2)
  10. 3.4 結合材の材料特性がコンクリートの圧縮強度および断熱温度上昇量に及ぼす影響 / p36 (0045.jp2)
  11. 3.5 石こうの効果に関する検討 / p49 (0058.jp2)
  12. 3.6 無水石こうの添加がコンクリートの品質の安定性および水和生成物の種類,組織構造に及ぼす影響 / p64 (0073.jp2)
  13. 3.7 低発熱水中不分離性コンクリートの耐久性に関する検討 / p84 (0093.jp2)
  14. 3.8 まとめ / p97 (0106.jp2)
  15. 第4章 硬化コンクリートにおける水中不分離性混和剤の作用機構に関する研究 / p100 (0109.jp2)
  16. 4.1 本章の内容 / p100 (0109.jp2)
  17. 4.2 実験の内容 / p102 (0111.jp2)
  18. 4.3.水中不分離性混和剤の添加がコンクリートの性質に及ぼす影響 / p106 (0115.jp2)
  19. 4.4 水中不分離性混和剤の添加が結合材の水和反応に及ぼす影響 / p113 (0122.jp2)
  20. 4.5 まとめ / p115 (0124.jp2)
  21. 第5章 低発熱気中コンクリートの物性および耐久性に関する研究 / p116 (0125.jp2)
  22. 5.1 本章の内容 / p116 (0125.jp2)
  23. 5.2 実験の内容 / p117 (0126.jp2)
  24. 5.3 結合材の種類がコンクリートの圧縮強度に及ぼす影響 / p124 (0133.jp2)
  25. 5.4 結合材の種類がコンクリートの断熱温度上昇特性に及ぼす影響 / p126 (0135.jp2)
  26. 5.5 結合材の種類がコンクリートの物理的性質に及ぼす影響 / p132 (0141.jp2)
  27. 5.6 結合材の種類がコンクリートの耐久性に及ぼす影響 / p139 (0148.jp2)
  28. 5.7 まとめ / p144 (0153.jp2)
  29. 第6章 低発熱コンクリートの実施工への適用 / p146 (0155.jp2)
  30. 6.1 対象構造物の概要 / p146 (0155.jp2)
  31. 6.2 検討条件 / p148 (0157.jp2)
  32. 6.3 低発熱セメントによる温度応力抑制効果の検証 / p157 (0166.jp2)
  33. 6.4 まとめ / p164 (0173.jp2)
  34. 第7章 結論 / p165 (0174.jp2)
  35. 謝辞 / p171 (0180.jp2)
  36. 参考文献 / p172 (0181.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092022
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092247
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000256336
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ