同期式符号分割多重通信方式における多重度向上に関する研究 A Study on Increase of Multiplicity in Synchronous Code Division Multiplex System

この論文をさがす

著者

    • 羽渕, 裕真 ハブチ, ヒロマサ

書誌事項

タイトル

同期式符号分割多重通信方式における多重度向上に関する研究

タイトル別名

A Study on Increase of Multiplicity in Synchronous Code Division Multiplex System

著者名

羽渕, 裕真

著者別名

ハブチ, ヒロマサ

学位授与大学

埼玉大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第20号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

主指導教官 : 小林禧夫

目次

  1. 目次 / p1 (0006.jp2)
  2. 第1章 序論 / p4 (0009.jp2)
  3. 1.1 スペクトル拡散の歴史 / p4 (0009.jp2)
  4. 1.2 スペクトル拡散システム / p4 (0009.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的と位置付け / p7 (0012.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成 / p8 (0013.jp2)
  7. 第2章 符号分割多重(CDM)と多元接続(CDMA)に関する基礎理論 / p9 (0014.jp2)
  8. 2.1 まえがき / p9 (0014.jp2)
  9. 2.2 直接拡散のための拡散系列としての疑似雑音符号 / p9 (0014.jp2)
  10. 2.3 符号分割多重と多元接続システム / p12 (0017.jp2)
  11. 2.4 符号分割多重と符号分割多元接続のチャネル間干渉除去方式 / p15 (0020.jp2)
  12. 2.5 本章のまとめ / p21 (0026.jp2)
  13. 第3章 擬直交マンチェスタ符号化M系列対による符号分割多重通信方式 / p22 (0027.jp2)
  14. 3.1 まえがき / p22 (0027.jp2)
  15. 3.2 擬直交マンチェスタ符号化M系列対とa-chipシフト多重化法 / p23 (0028.jp2)
  16. 3.3 本多重システムの構成と性能評価 / p25 (0030.jp2)
  17. 3.4 キャンセラを用いた場合の性能評価 / p38 (0043.jp2)
  18. 3.5 本章のまとめ / p42 (0047.jp2)
  19. 第4章 a-chipシフト多重化法と振幅多重化法による符号分割多重通信方式 / p44 (0049.jp2)
  20. 4.1 まえがき / p44 (0049.jp2)
  21. 4.2 a-chipシフト多重化法と振幅多重化法の組合せ方式 / p45 (0050.jp2)
  22. 4.3 マンチェスタ符号化直交系列を用いた場合の性能評価 / p47 (0052.jp2)
  23. 4.4 レイズドコサイン形マンチェスタ符号化直交系列を用いた場合の性能評価 / p60 (0065.jp2)
  24. 4.5 レイズドコサイン形直交系列を用いた場合の性能評価 / p71 (0076.jp2)
  25. 4.6 本章のまとめ / p82 (0087.jp2)
  26. 第5章 チップ波形によらない変形M系列の自己相関関数のサイドローブ抑圧法とその符号分割多重通信への応用 / p84 (0089.jp2)
  27. 5.1 まえがき / p84 (0089.jp2)
  28. 5.2 チップ波形を考慮した場合の従来の変形M系列 / p85 (0090.jp2)
  29. 5.3 改良型変形M系列 / p86 (0091.jp2)
  30. 5.4 a-chipシフト多重化法に適用した場合の性能評価 / p88 (0093.jp2)
  31. 5.5 本章のまとめ / p96 (0101.jp2)
  32. 第6章 結論 / p98 (0103.jp2)
  33. 謝辞 / p100 (0105.jp2)
  34. 参考文献 / p101 (0106.jp2)
  35. 付録 / p108 (0113.jp2)
  36. A.周波数利用効率について / p108 (0113.jp2)
  37. B.擬直交M系列対,直交系列,変形M系列を用いたM重方式のビット誤り率について / p110 (0115.jp2)
  38. C.擬直交マンチェスタ符号化M系列対を用いた多重方式のビット誤り率について / p114 (0119.jp2)
  39. D.干渉度が1未満となる位相差が存在する理由について / p122 (0127.jp2)
  40. E.チップ波形を変化させた場合の従来の変形M系列の直流分と改良型変形M系列の直流分について / p123 (0128.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092028
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092253
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000256342
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ