ピリダジノン構造を有する新規昆虫成育制御剤に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 三宅, 敏郎 ミヤケ, トシロウ

書誌事項

タイトル

ピリダジノン構造を有する新規昆虫成育制御剤に関する研究

著者名

三宅, 敏郎

著者別名

ミヤケ, トシロウ

学位授与大学

埼玉大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第30号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0007.jp2)
  3. 参考文献 / p5 (0011.jp2)
  4. 第1章 生理活性物質としてのピリダジノン誘導体とIGR活性の出現 / p6 (0012.jp2)
  5. 参考文献 / p13 (0019.jp2)
  6. 第2章 2N-ter-Butyl型ピリダジノン誘導体に関する研究 / p14 (0020.jp2)
  7. 第1節 探索研究 / p16 (0022.jp2)
  8. 材料および方法 / p16 (0022.jp2)
  9. 結果および考察 / p17 (0023.jp2)
  10. 第2節 ピリダベンのハダニ類に対する作用性 / p25 (0031.jp2)
  11. 2-1 ナミハダニ卵に対する殺卵作用 / p26 (0032.jp2)
  12. 2-2 ナミハダニ幼虫~成虫に対する殺虫作用 / p32 (0038.jp2)
  13. 2-3 作用速度 / p39 (0045.jp2)
  14. 2-4 既存殺ダニ剤とピリダベンの交差抵抗性 / p43 (0049.jp2)
  15. 2-5 ベンツイミダゾール系化合物の作用機構、および2N-ter-Butyl型ピリダジノン誘導体の作用機構の推定 / p48 (0054.jp2)
  16. 第3節 作用機構研究-速効的致死作用のメカニズム / p53 (0059.jp2)
  17. 3-1 ミトコンドリア呼吸阻害実験 / p53 (0059.jp2)
  18. 3-2 NADH-ferricyanide reductase阻害実験 / p62 (0068.jp2)
  19. 3-3 ¹⁴C-ピリダベンのイエバエ飛翔筋ミトコンドリアに対する結合実験 / p66 (0072.jp2)
  20. 3-4 2N-ter-Butyl型ピリダジノン誘導体の化学構造と作用機構に関する考察 / p76 (0082.jp2)
  21. 第4節 作用機構研究-遅効的致死作用のメカニズム / p81 (0087.jp2)
  22. 4-1 ツマグロヨコバイおよびモモアカアブラムシに対する遅効的殺虫作用 / p81 (0087.jp2)
  23. 4-2 カイコガ3令幼虫に対する殺虫作用 / p87 (0093.jp2)
  24. 4-3 カイコガ4令幼虫表皮を用いたin vivo,in vitroでのキチン生合成阻害実験 / p91 (0097.jp2)
  25. 第5節 ピリダベンのナミハダニ野外個体群に対する密度抑制効果 / p101 (0107.jp2)
  26. 5-1 リンゴ葉上でのピリダベンの残存量、および残効性 / p101 (0107.jp2)
  27. 5-2 圃場におけるナミハダニ防除効果試験 / p105 (0111.jp2)
  28. 参考文献 / p108 (0114.jp2)
  29. 第3章 2N-phenyl型ピリダジノン誘導体に関する研究 / p112 (0118.jp2)
  30. 第1節 2N-phenyl型ピリダジノン誘導体のツマグロヨコバイに対する影響 / p114 (0120.jp2)
  31. 1-1 ツマグロヨコバイ幼虫表皮のメラニン化に及ぼす影響 / p114 (0120.jp2)
  32. 1-2 ツマグロヨコバイの変態生理に対する影響 / p119 (0125.jp2)
  33. 1-3 活性スペクトラムの予備検討 / p125 (0131.jp2)
  34. 第2節 探索研究とNC-170の発見 / p129 (0135.jp2)
  35. 材料および方法 / p129 (0135.jp2)
  36. 結果および考察 / p130 (0136.jp2)
  37. 第3節 NC-170のウンカ、ヨコバイ類の発育生理に及ぼす影響 / p143 (0149.jp2)
  38. 3-1 ヨコバイ、ウンカ類に対する変態阻害活性 / p144 (0150.jp2)
  39. 3-2 ツマグロヨコバイの胚子発生に対する影響 / p159 (0165.jp2)
  40. 3-3 ツマグロヨコバイ雌成虫の卵巣発育に及ぼす影響 / p166 (0172.jp2)
  41. 3-4 ヒメトビウンカ、ツマグロヨコバイの幼虫休眠に対する影響 / p170 (0176.jp2)
  42. 第4節 NC-170のヨコバイ、ウンカ類を対象としたIGRとしての実用性 / p188 (0194.jp2)
  43. 材料および方法 / p189 (0195.jp2)
  44. 結果および考察 / p190 (0196.jp2)
  45. 第5節 NC-170のツマグロヨコバイおよびトビイロウンカの野外個体群に対する密度抑制効果防除剤としての可能性 / p198 (0204.jp2)
  46. 材料および方法 / p198 (0204.jp2)
  47. 結果および考察 / p199 (0205.jp2)
  48. 参考文献 / p208 (0214.jp2)
  49. 第4章 総合考察 / p215 (0221.jp2)
  50. 摘要 / p221 (0227.jp2)
  51. 謝辞 / p224 (0230.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092038
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092263
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000256352
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ