アクトミオシン運動再構成モデルにおけるサブピコニュートンレベルの張力ゆらぎ

この論文をさがす

著者

    • 石島, 秋彦 イシジマ, アキヒコ

書誌事項

タイトル

アクトミオシン運動再構成モデルにおけるサブピコニュートンレベルの張力ゆらぎ

著者名

石島, 秋彦

著者別名

イシジマ, アキヒコ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5832号

学位授与年月日

1992-11-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 第1章 研究の背景、および目的 / p1 (0004.jp2)
  2. 第2章 サブピコニュートンレベルの張力ゆらぎ計測システムの開発 / p3 (0006.jp2)
  3. 2-1 序論 / p3 (0006.jp2)
  4. 2-2 ガラスマイクロニードルの製作 / p4 (0007.jp2)
  5. 2-3 計測システムの概要 / p8 (0011.jp2)
  6. 2-4 サブナノメーター変位計測 / p11 (0014.jp2)
  7. 2-5 ガラスマイクロニードルの弾性率の測定 / p14 (0017.jp2)
  8. 2-6 計測システムの分解能の測定 / p17 (0020.jp2)
  9. 2-7 ゆらぎから求めたガラスニードルの弾性率とクロスキャリブレーション法から求めた弾性率の比較 / p24 (0027.jp2)
  10. 2-8 結論 / p27 (0030.jp2)
  11. 第3章 ランダムな運動再構成モデル系での張力測定、ゆらぎ解析 / p28 (0031.jp2)
  12. 3-1目的 / p28 (0031.jp2)
  13. 3-2 測定方法 / p28 (0031.jp2)
  14. 3-3 等尺状態における張力ゆらぎ / p32 (0035.jp2)
  15. 3-5 張力ゆらぎの解析 / p40 (0042.jp2)
  16. 3-6 結論 / p55 (0057.jp2)
  17. 第4章 ミオシン分子を配向させた系でのアクチンフィラメントの滑り速度、発生張力の解析ー軟体動物平滑筋の巨大フィラメントー / p56 (0058.jp2)
  18. 4-1 目的 / p56 (0058.jp2)
  19. 4-2 材料、調製方法 / p56 (0058.jp2)
  20. 4-3 結果 / p62 (0064.jp2)
  21. 4-4 考察 / p68 (0070.jp2)
  22. 4-5 結論 / p74 (0076.jp2)
  23. 第5章 ミオシン分子を配向させた系でのアクチンフィラメントの滑り速度、発生張力の解析ーウサギ骨格筋ミオシンー / p75 (0077.jp2)
  24. 5-1 目的 / p75 (0077.jp2)
  25. 5-2 材料、調整方法 / p76 (0078.jp2)
  26. 5-3 結果 / p77 (0079.jp2)
  27. 第6章 考察 / p102 (0104.jp2)
  28. 6-1 In vitro運動アッセイでのミオシンステップサイズの歴史 / p102 (0104.jp2)
  29. 6-2 規則正しく配列したin vitro assayでの運動 / p104 (0106.jp2)
  30. 6-3 矛盾の説明 / p105 (0107.jp2)
  31. 6-4 その他の結果との比較 / p106 (0108.jp2)
  32. 6-5 結論 / p107 (0109.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092078
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092303
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000256392
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ