[11]C-メチオニンを用いたPositron Emission Tomography(PET)による胸部悪性疾患の診断 Diagnosis of Chest Malignant Disease by Positron Emisson Tomography Using ^<11>C-Methionine

この論文をさがす

著者

    • 宮澤, 秀樹 ミヤザワ, ヒデキ

書誌事項

タイトル

[11]C-メチオニンを用いたPositron Emission Tomography(PET)による胸部悪性疾患の診断

タイトル別名

Diagnosis of Chest Malignant Disease by Positron Emisson Tomography Using ^<11>C-Methionine

著者名

宮澤, 秀樹

著者別名

ミヤザワ, ヒデキ

学位授与大学

富山医科薬科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第180号

学位授与年月日

1992-11-11

注記・抄録

博士論文

Positron emission tomography (PET) using ^<11>C-methionine was performed in 45 patients with chest diseases.In this trial, we introduced a respiration-gated scanning which improved the spatial resolution.The positron angiograms, which were obtained with the dual time PET scanning, were simultaneously carried out for the orientation of anatomy.We adopted the expression with the differential absorption ratio (DAR) method which gave more quantitative information than a mere photographic display. Malignant tumors were visualized clearly in all patients, and their anatomical location and structures were correctly diagnosed.The mean DAR of allmalignant tumors was 4.77 ± 0.95 (n = 32) and that of the lung cancers was 4.33±0.76(n = 29).But the histological typing and grading of lung cancers were not identified by PET.Thought a few cases of inflammatory diseases were visualized, there was a significant difference of DAR between the malignant and benign diseases.Our method was useful for determining anatomical localization and structure of malignant lesions in the chest.

^<11>C-メチオニンを用いたPETで45例の胸部疾患の診断を試みた。われわれは,解像度の向上と定量的診断の簡便化を目的として,呼吸波同期スキャン,ポジトロン血管造影,DARによる定量的評価を導入し良好な結果を得た。悪性腫瘍は全例が明瞭に描出され,解剖学的な位置関係や腫療の構造も鮮明であり,そのDARは4.47±0.95(n=32)であった。原発性肺癌におけるDARは4.33±0.76(n=29)であったが,その細胞型や分化度に差は認めなかった。悪性腫房群と良性疾患群では,DARに有意差を認め鑑別診断に有用であった。一方,炎症性疾患においてもDARが高値を呈する症例があり,その原因として炎症の趨勢との関係が示唆された。^<11>C-メチオニンを用いたPETは,細胞におけるアミノ酸代謝を体外から計測するものであり,胸部悪性疾患の診断の新しい検査法でありうると考えた。

富山医科薬科大学・博士(医学)・乙第180号・宮澤秀樹・1992/11/11

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092181
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092406
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000256495
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ