交通信号制御系における最適サイクル長とスプリット連携

この論文をさがす

著者

    • 李, 光勲 リー, カンフン

書誌事項

タイトル

交通信号制御系における最適サイクル長とスプリット連携

著者名

李, 光勲

著者別名

リー, カンフン

学位授与大学

日本大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第4441号

学位授与年月日

1992-11-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / 目-1 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の背景と目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成 / p2 (0007.jp2)
  5. 第2章 交通信号制御の現状と課題 / p7 (0009.jp2)
  6. 2.1 信号制御システムの分類 / p7 (0009.jp2)
  7. 2.2 信号制御方策の趨勢 / p8 (0010.jp2)
  8. 2.3 信号制御の課題と本研究の位置付け / p14 (0013.jp2)
  9. 第3章 系統信号路線における交通流の遅れの特性 / p17 (0014.jp2)
  10. 3.1 系統制御信号交差点における車両到着分布の実態 / p18 (0015.jp2)
  11. 3.2 対象路線 / p20 (0016.jp2)
  12. 3.3 シミュレーションによる系統遅れの評価 / p21 (0016.jp2)
  13. 3.4 Newellの近似式によるランダム遅れの計算 / p32 (0022.jp2)
  14. 3.5 系統信号路線における遅れの特性 / p33 (0022.jp2)
  15. 3.6 結果の要約 / p44 (0028.jp2)
  16. 第4章 系統信号のサイクル長設定法 / p45 (0028.jp2)
  17. 4.1 サイクル長と遅れ / p45 (0028.jp2)
  18. 4.2 系統信号路線の最適サイクル長の探索 / p49 (0030.jp2)
  19. 4.3 最適サイクル長の近似式 / p52 (0032.jp2)
  20. 4.4 最適サイクル長の適用について / p56 (0034.jp2)
  21. 4.5 結果の要約 / p57 (0034.jp2)
  22. 第5章 過飽和状態における信号系のスプリット連携制御 / p59 (0035.jp2)
  23. 5.1 スプリット連携制御の概念とそのシステム / p59 (0035.jp2)
  24. 5.2 フィードバック制御パラメータの決定 / p68 (0040.jp2)
  25. 5.3 感知器の要件 / p74 (0043.jp2)
  26. 5.4 シミュレーションモデルと作業の内容 / p77 (0044.jp2)
  27. 5.5 スプリット連携制御方策の評価 / p81 (0046.jp2)
  28. 5.6 スプリット連携機能の考察 / p93 (0052.jp2)
  29. 5.7 結果の要約 / p101 (0056.jp2)
  30. 第6章 結論 / p103 (0057.jp2)
  31. 参考文献 / p108 (0060.jp2)
  32. 謝辞 / p115 (0063.jp2)
  33. 補遺 / p119 (0065.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092273
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092498
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000256587
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ