304ステンレス鋼のクリープ疲労微小き裂の発生と伝ぱ

この論文をさがす

著者

    • 多田, 直哉 タダ, ナオヤ

書誌事項

タイトル

304ステンレス鋼のクリープ疲労微小き裂の発生と伝ぱ

著者名

多田, 直哉

著者別名

タダ, ナオヤ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5237号

学位授与年月日

1993-01-23

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・課程博士

甲第5237号

工博第1266号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0006.jp2)
  3. 英文概要 / p1 (0010.jp2)
  4. 1.緒論 / p5 (0012.jp2)
  5. 1・1 高温強度学 / p7 (0013.jp2)
  6. 1・2 熱疲労と高温低サイクル疲労 / p15 (0017.jp2)
  7. 1・3 高温低サイクル疲労寿命に関する従来の実験結果 / p25 (0022.jp2)
  8. 1・4 本論文の構成 / p29 (0024.jp2)
  9. 2.クリープ疲労微小き裂に関する実験結果 / p37 (0028.jp2)
  10. 2・1 はじめに / p39 (0029.jp2)
  11. 2・2 クリープ疲労微小き裂の発生・伝ぱ挙動に影響を及ぼす主要な因子 / p42 (0031.jp2)
  12. 2・3 微小き裂の発生・伝ぱ・合体挙動の詳細な観察 / p93 (0056.jp2)
  13. 2・4 微小き裂から巨視き裂への遷移挙動 / p112 (0066.jp2)
  14. 2・5 まとめ / p130 (0075.jp2)
  15. 3.クリープ疲労微小き裂に関する数値シミュレーション / p139 (0079.jp2)
  16. 3・1 はじめに / p141 (0080.jp2)
  17. 3・2 粒界破壊抵抗分布モデル / p145 (0082.jp2)
  18. 3・3 一次元シミュレーション / p152 (0086.jp2)
  19. 3・4 三次元シミュレーション / p175 (0097.jp2)
  20. 3・5 微小き裂から巨視き裂に至るまでのき裂伝ぱシミュレーション / p213 (0116.jp2)
  21. 3・6 破壊プロセスと破損寿命に関する検討 / p228 (0124.jp2)
  22. 3・7 数値シミュレーションを援用した実機の余寿命診断方法 / p246 (0133.jp2)
  23. 3・8 まとめ / p253 (0136.jp2)
  24. 4.結論 / p263 (0141.jp2)
  25. 4・1 結果の包括 / p265 (0142.jp2)
  26. 4・2 これからの研究課題 / p270 (0145.jp2)
  27. 関連発表文献 / p277 (0148.jp2)
  28. 謝辞 / p281 (0150.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092434
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092659
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000256748
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ