カテプシンEの活性制御機構に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 坂井, 詠子 サカイ, エイコ

書誌事項

タイトル

カテプシンEの活性制御機構に関する基礎的研究

著者名

坂井, 詠子

著者別名

サカイ, エイコ

学位授与大学

長崎大学

取得学位

博士 (歯学)

学位授与番号

乙第8号

学位授与年月日

1992-10-07

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0006.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0007.jp2)
  4. 第1章 赤血球膜酸性プロティナーゼ(EMAP)の精製とその性質及びカテプシンEとの比較 / p4 (0008.jp2)
  5. 1-1 序論 / p4 (0008.jp2)
  6. 1-2 EMAPの精製 / p5 (0009.jp2)
  7. 1-3 EMAPの酵素学的性質 / p12 (0012.jp2)
  8. 1-4 抗EMAP抗体の作製 / p17 (0015.jp2)
  9. 1-5 抗体を用いたEMAP,カテプシンD,カテプシンEの比較研究 / p18 (0015.jp2)
  10. 1-6 考察 / p20 (0016.jp2)
  11. 第2章 赤血球膜カテプシンEの活性化機構 / p23 (0018.jp2)
  12. 2-1 序論 / p23 (0018.jp2)
  13. 2-2 赤血球膜の調整 / p24 (0018.jp2)
  14. 2-3 膜上での活性型酵素の検索 / p25 (0019.jp2)
  15. 2-4 考察 / p38 (0025.jp2)
  16. 第3章 カテプシンEの活性制御機構の解析 / p41 (0027.jp2)
  17. 3-1 序論 / p41 (0027.jp2)
  18. 3-2 方法 / p41 (0027.jp2)
  19. 3-3 ATPの効果 / p44 (0028.jp2)
  20. 3-4 ATPによるカテプシンEの熱安定性 / p49 (0031.jp2)
  21. 3-5 酸性プロティナーゼに対するATPの効果の比較 / p49 (0031.jp2)
  22. 3-6 核酸の効果 / p53 (0033.jp2)
  23. 3-7 アガロースゲル電気泳動による分子サイズの比較 / p56 (0034.jp2)
  24. 3-8 Sonicated poly(A)のカテプシンE活性に及ぼす影響 / p60 (0036.jp2)
  25. 3-9 合成基質を用いたtRNAによるカテプシンE活性上昇効果の測定 / p62 (0037.jp2)
  26. 3-10 種差の検討 / p62 (0037.jp2)
  27. 3-11 考察 / p65 (0039.jp2)
  28. 総括と結論 / p69 (0041.jp2)
  29. 謝辞 / p71 (0042.jp2)
  30. 実験の部 / p72 (0042.jp2)
  31. 参考文献 / p79 (0046.jp2)
  32. Isolation,and Catalytic and Immunochemical Properties of Cathepsin D-Like Acid Proteinase from Rat Erythrocytes / p1269 (0051.jp2)
  33. BIOCHEMICAL AND IMMUNOCHEMICAL SIMILARITY BETWEEN ERYTHROCYTE MEMBRANE ASPARTIC PROTEINASE AND CATHEPSIN E / p267 (0057.jp2)
  34. Activation Mechanism of Erythrocyte Cathepsin E.Evidence for the Occurrence of the Membrane-Associated Active Enzyme / p878 (0062.jp2)
  35. Stabilisation of cathepsin E by ATP / p145 (0067.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092534
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092759
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000256848
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ