ガソリンエンジンにおける排気成分の生成および排気系内酸化反応に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 酒井, 靖郎 サカイ, ヤスオ

書誌事項

タイトル

ガソリンエンジンにおける排気成分の生成および排気系内酸化反応に関する研究

著者名

酒井, 靖郎

著者別名

サカイ, ヤスオ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第4181号

学位授与年月日

1992-12-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p4 (0006.jp2)
  3. 1.1 本研究の目的と得られた成果の概要 / p5 (0007.jp2)
  4. 1.2 これまでの研究の動向 / p11 (0013.jp2)
  5. 第2章 実験装置および実験方法 / p21 (0023.jp2)
  6. 2.1 供試エンジン / p22 (0024.jp2)
  7. 2.2 測定装置および実験方法 / p25 (0027.jp2)
  8. 第3章 エンジンの主要諸元が排気成分におよぼす影響 / p34 (0036.jp2)
  9. 3.1 行程内径比の影響 / p38 (0040.jp2)
  10. 3.2 圧縮比の影響 / p52 (0054.jp2)
  11. 3.3 実用エンジンの高圧縮比化について / p62 (0064.jp2)
  12. 3.4 本章における結論 / p64 (0066.jp2)
  13. 第4章 エンジンの点火方式が排気成分におよぼす影響 / p65 (0067.jp2)
  14. 4.1 従来型点火エンジンとトーチ点火エンジンとの比較 / p68 (0070.jp2)
  15. 4.2 トーチ点火エンジンの燃焼特性 / p76 (0078.jp2)
  16. 4.3 トーチ点火方式の実用化について / p83 (0085.jp2)
  17. 4.4 本章における結論 / p86 (0088.jp2)
  18. 第5章 過濃混合気燃焼の排気中における酸化反応について(二次空気を導入する場合) / p88 (0090.jp2)
  19. 5.1 排気系の条件による影響 / p90 (0092.jp2)
  20. 5.2 排気成分の影響 / p95 (0097.jp2)
  21. 5.3 実験方法に関する検討 / p99 (0101.jp2)
  22. 5.4 サーマルリアクタの実用化について / p103 (0105.jp2)
  23. 5.5 本章における結論 / p106 (0108.jp2)
  24. 第6章 希薄混合気燃焼の排気中における酸化反応について / p107 (0109.jp2)
  25. 6.1 排気系の条件による影響 / p109 (0111.jp2)
  26. 6.2 排気成分の影響 / p113 (0115.jp2)
  27. 6.3 実験方法に関する検討 / p122 (0124.jp2)
  28. 6.4 HCおよびCOの反応速度式について / p127 (0129.jp2)
  29. 6.5 本章における結論 / p131 (0133.jp2)
  30. 第7章 排気系における酸化反応機構について(数値計算による検討) / p133 (0135.jp2)
  31. 7.1 HCおよびCOの酸化反応における特徴点 / p134 (0136.jp2)
  32. 7.2 数値計算 / p136 (0138.jp2)
  33. 7.3 計算結果および検討 / p139 (0141.jp2)
  34. 7.4 本章における結論 / p147 (0149.jp2)
  35. 第8章 結論 / p149 (0151.jp2)
  36. 付録 / p155 (0157.jp2)
  37. 参考文献 / p162 (0164.jp2)
  38. 謝辞 / p169 (0171.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092743
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092969
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000257057
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ