ニホンナシ黒星病の発生生態と防除に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 梅本, 清作 ウメモト, セイサク

書誌事項

タイトル

ニホンナシ黒星病の発生生態と防除に関する研究

著者名

梅本, 清作

著者別名

ウメモト, セイサク

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第4191号

学位授与年月日

1992-12-25

注記・抄録

博士論文

205p.

Hokkaido University (北海道大学). 博士(農学)

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1 研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 2 研究史 / p2 (0008.jp2)
  5. 第2章 病徴および被害 / p7 (0013.jp2)
  6. 1 病徴 / p7 (0013.jp2)
  7. 2 被害 / p8 (0014.jp2)
  8. 3 経済的損失 / p9 (0015.jp2)
  9. 4 考察 / p9 (0015.jp2)
  10. 第3章 病原菌の所属 / p11 (0017.jp2)
  11. 1 病原菌の形態 / p11 (0017.jp2)
  12. 2 交互接種 / p12 (0018.jp2)
  13. 3 菌体内可溶性タンパク質のディスク電気泳動によるニホンナシ菌とセイヨウナシ菌の比較 / p15 (0021.jp2)
  14. 4 考察 / p17 (0023.jp2)
  15. 第4章 病原菌の培養的性質 / p20 (0026.jp2)
  16. 1 培養的諸性質 / p20 (0026.jp2)
  17. 2 培地上における完全世代の形成 / p22 (0028.jp2)
  18. 3 考察 / p28 (0034.jp2)
  19. 第5章 ナシ黒星病の発生生態 / p32 (0038.jp2)
  20. 第1節 分生子懸濁液の効率的濃縮法 / p32 (0038.jp2)
  21. 1 寒天液濃縮法 / p32 (0038.jp2)
  22. 2 考察 / p37 (0043.jp2)
  23. 第2節 分生子による伝染 / p39 (0045.jp2)
  24. 1 落葉病斑上に残存している分生子の越冬の可能性 / p39 (0045.jp2)
  25. 2 鱗片病斑上での越冬とその上における分生子形成 / p40 (0046.jp2)
  26. 3 鱗片および花(果)叢基部病斑上からの分生子の分散開始時期、分散量および分生子の経時的発芽率 / p50 (0056.jp2)
  27. 4 分生子の分散距離 / p52 (0058.jp2)
  28. 5 分生子の発芽と温度 / p54 (0060.jp2)
  29. 6 考察 / p54 (0060.jp2)
  30. 第3節 子のう胞子による伝染 / p58 (0064.jp2)
  31. 1 偽子のう殼および子のう胞子の形成と成熟経過 / p58 (0064.jp2)
  32. 2 落葉の時期別乾燥と偽子のう殼形成 / p59 (0065.jp2)
  33. 3 温度と放出される子のう胞子数 / p61 (0067.jp2)
  34. 4 子のう胞子の放出される高さ / p61 (0067.jp2)
  35. 5 圃場における地表面からの高さと採集子のう胞子数 / p65 (0071.jp2)
  36. 6 子のう胞子の分散開始時期と分散消長 / p65 (0071.jp2)
  37. 7 子のう胞子の分散距離 / p69 (0075.jp2)
  38. 8 子のう胞子の発芽と温度 / p70 (0076.jp2)
  39. 9 考察 / p73 (0079.jp2)
  40. 第4節 感染と発病 / p76 (0082.jp2)
  41. 1 分生子および子のう胞子の葉に対する病原性の比較 / p76 (0082.jp2)
  42. 2 分生子の葉への侵入経過 / p79 (0085.jp2)
  43. 3 葉の濡れ時間および温度と発病程度 / p80 (0086.jp2)
  44. 4 黒星病菌の鱗片への感染機構 / p82 (0088.jp2)
  45. 5 葉の品種間差異 / p93 (0099.jp2)
  46. 6 新梢の品種間差異 / p97 (0103.jp2)
  47. 7 主要品種果実の生育時期別感受性の推移 / p97 (0103.jp2)
  48. 8 幸水果実の生育時期別感受性および潜伏期間の推移 / p99 (0105.jp2)
  49. 9 主要第一次伝染源の種類と発病経過 / p104 (0110.jp2)
  50. 10 考察 / p106 (0112.jp2)
  51. 第6章 べンズイミダゾール系薬剤耐性ナシ黒星病菌の検定法とその応用 / p112 (0118.jp2)
  52. 1 発芽管隔膜法の確立 / p113 (0119.jp2)
  53. 2 発芽管隔膜法と菌叢生育法の検定感度の比較 / p118 (0124.jp2)
  54. 3 発芽管隔膜法における検定上の考慮点 / p119 (0125.jp2)
  55. 4 分離耐性菌接種による防除効果低下の証明 / p121 (0127.jp2)
  56. 5 千葉県内における耐性菌の発生分布 / p125 (0131.jp2)
  57. 6 考察 / p125 (0131.jp2)
  58. 第7章 ナシ黒星病の防除法 / p131 (0137.jp2)
  59. 第1節 薬剤防除法 / p131 (0137.jp2)
  60. 1 べンズイミダゾール系薬剤耐性菌の各種殺菌剤に対する感受性 / p132 (0138.jp2)
  61. 2 偽子のう殼形成阻止効果 / p134 (0140.jp2)
  62. 3 生育期防除 / p135 (0141.jp2)
  63. 4 秋季防除 / p136 (0142.jp2)
  64. 5 果実の防除 / p140 (0146.jp2)
  65. 6 べンズイミダゾール系薬剤の使用を中止した場合の防除効果 / p141 (0147.jp2)
  66. 7 考察 / p143 (0149.jp2)
  67. 第2節 耕種的防除 / p146 (0152.jp2)
  68. 1 基部発病花叢の切除時期と防除効果 / p147 (0153.jp2)
  69. 2 耕種的防除のモデル実験 / p148 (0154.jp2)
  70. 3 考察 / p151 (0157.jp2)
  71. 第8章 総合考察 / p154 (0160.jp2)
  72. 第9章 摘要 / p167 (0173.jp2)
  73. 引用文献 / p174 (0180.jp2)
  74. 図版 / p199 (0205.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092753
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092979
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000257067
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ